2011年1月29日 (土)

祭りのあと

Pic00271s
(昔、長年歌っていた場所)

 

Img_7021s
(ここ数年歌っていた場所)

 

20歳から今まで14年間続けてきたこの弾き語りの仕事。

先のことはまだ何にも分からないが、とにかく昨晩無事にその幕を閉じた。

最後だから、有終の美というかなんというか、声がすごく出るんじゃないかと漠然と期待していたんだけど、昨晩は面白いほどに声が出なかった。

一番悪い時に近かったんじゃないかと思うほど。

なんでだろう。

去年の年末なんかはすごく出てたんだけどなあ。

でも、もしかしたら、僕はもう一生分の歌を歌い尽くしてしまって、体がこれ以上歌うことを拒否しているのかもしれない。

だって、この14年間で僕はそのぐらい膨大な量の歌を歌ってきたから。
(しかも同じジャンルばっかり、ほとんどが熱唱)

 

 

とにかく、

色々あったけど、長い間本当にお疲れさま。

 

君は頑張った。

 

それだけは、俺自身が一番よく知っている。

決して誰にも否定はさせない。

何より、自分のタイミングで、自分の意思で、この仕事を終えることができて良かったね。

さあ、自信を持って、次のステージへ歩き出そうか。

 

人気ブログランキングへ
   ↑↑
これまで通り応援クリックしてもらえると、
すごく出発への励みになります。

 

たかゆきTwitter →こちら

|

2010年12月 1日 (水)

太陽にほえ続けろ!

今日も、とても昔のお話。

 

ある晩、僕の前で、えらくニコニコしたスーツ姿のおじさんが立ち止った。

僕は、歌っていた歌を中断させて、すぐに営業モードに入る。

 

「えっと、何かお好きな歌があったら言ってくださいね。

もしよかったら、『リクエスト表』っていうのもありますんで。」

 

「あっ、そうやったな。

じゃあ、何聞かせてもらおうかな。」

 

おじさんは、ニコニコしたまま僕の横に座り、嬉しそうに「リクエスト表」を眺め、そして一つの曲を僕にリクエストした。

そして、

僕はその曲を歌い、おじさんは拍手し、お金をギターケースに入れてくれる。

ここまでは、僕の仕事のいつもの光景だ。

でも、ここからがいつもと少し違った。

 

おじさんが帰らないのである。

いまだに黙ってニコニコ僕を見つめたまま。

いや、もはや「ニヤニヤ」という表現の方が近いかもしれない。

 

ん?

なんだ、このおじさんは?

まだ、聞きたい曲があるんかな?

 

「えっと、もし他にもリクエストがあったら・・・」

 

「お前、ほんまに俺が分からんのか?」

 

…え!?

なに?

どういうこと?

もしかして、常連さん?

 

 

正直、ありがたいことに僕には昔から数え切れないほどの常連さんがいるので、こういうことが度々起こる。

向こうが何度も歌を聞いて自分は常連だと思ってくださっていても、僕がその人を全く覚えていないというパターン…。

 

そして、このおじさんも、失礼ながら例にもれず、

いくら思い出そうとしても、僕の記憶には残っていなかった。

 

しかし、このままじゃ、相手に不愉快な思いをさせてしまう。

よし、こういう時には、いつもの決まり文句だ。

僕はこういう場面ではいつも、とりあえずこのセリフで相手の反応をうかがい、そこからまた、なんとか話をそらしていくのだ。(笑)

 

「いや、えーっと、

お顔だけはなんとなく覚えているんですけど…。」

 

でも、このニコニコおじさんはなかなかの強者で、

なぜだかすぐに僕の嘘を見破った。

 

「そっか、お前、俺の顔ほんまに忘れてもうたんやな…。」

 

「え、いや、あの、そんなことはないいんですけど…。えっとー。」

 

そんな僕の反応に、

少し切ない顔をみせる、ニコニコおじさん…。
            ↑
(書き方がなんかややこしい!)

 

「まあでも、そうかもなあ。

あの頃とは、格好が全然ちゃうもんな。」

 

…ん?格好?

 

「俺や、俺。

2年前のお巡りさんや。」

 

 

…!!!!!!

 

忘れるわけがなかった。

僕はもう一度、ニコニコおじさんの顔をじっと見て、

そして、全てを思い出した。

 

 

 

さかのぼること2年ほど前。

僕がこの仕事を始めてまだそんなに経っていない頃。

一人のとても優しいお巡りさんがいた。

 

その人は、

なぜそこまで僕に気をかけてくれるのかは分からなかったけど、

パトロール中、とにかく、僕の前を通るたびに、

「大丈夫か?トラブル起きてないか?」

とか、

「どや、今日は儲かったか?」

とか、

「今日は寒いから、カゼひくなよ。」

などと声をかけてくれたのである。

 

僕は、今までの経験上、ストリートミュージシャンにとって、警察というのは天敵だという強い思い込みがあったので、

このお巡りさんだけが起こす独特な行動が、もちろん嬉しくもあったんだけど、同時に、すごく不思議な感じもしていた。

ハッキリ言ってしまうと、

他のお巡りさんとの兼ね合いもあって、僕は、彼にどう対応していいのかが分からなかったのである。

 

「なんか大きなトラブルが無い限りはな、俺はお前を絶対に止めたりせんからな。」

いつもそう言ってくれる彼は、

時にはなんと、僕がトイレに行っている間、弾き語り道具を見守ってさえいてくれるようなほんとに変わったお巡りさんで、

「たまにはお前の歌ゆっくりと聴きたいねんけどな、俺も仕事中やからな。」

などと笑っていることもあった。

 

 

ただ、このお巡りさんが僕の恩人であることに間違いはなく、

彼がいたからこそ、僕はこの場所でずっと歌っていってもいいんだという自信がついたんだし、

実際に、1年ほどで彼がいなくなってしまった後も、その後ずっと、この場所で警察との大きなもめごとは起きなかった。
(結局、「ノーレイン ノーレインボーな話」のあのおっさんが現れるまでずっと)

もしかしたら、彼が、他のお巡りさんに、伝達のようなものをしていてくれたのかもしれない。

 

 

 

そしてあれから2年。

今僕の目の前にいる、このスーツ姿のおじさんは、

当時は制服姿のイメージしかなかったので、初めこそ全く気付かなかったが、

確かに、あの時のお巡りさんなのだ!

 

「わー!わー!わー!お巡りさん!!

めっちゃお久しぶりです!!

あの頃は、ほんとにお世話になりました!!」

 

「ハハハ、やっと思い出してくれたか。

俺もあれから頑張って刑事になることができてなあ。

今日は休みで、○○に飲みに来たんや。

そんで、ここに来たら、まだお前が歌ってたから嬉しなってなあ。

あの頃は俺も、いつかお前の歌をお金払ってゆっくり聞きたいもんやと思ってたから、

今日はやっと夢が実現したわ。」

 

そう言って、

ニコニコ刑事は、大きな声で笑ったのである。

 

 

ね?

世の中捨てたもんじゃないでしょ。

 

 

 

 

そしてね、実は今回の話こそが、

4年前に「太陽にほえろ!」っていう記事で書いた、残りのもう1組のお巡りさんの話だったんです。

 

よっしゃ、

これでまたこのブログの義務をひとつ果たして、

なおかつ思い出もひとつ消化できた!

うれしー!

ニコニコ!

 

 

P.S.

えっと、2週間ほど前に、ここで、このブログを紹介してくれた方々にお礼を言わせてもらいましたが、

なんと、あれからもまた、何名かの方々が、ご自身のサイトでこのブログを紹介してくださったようです。

もう、そのご厚意にも、その内容にも、

僕、幸せすぎて泣けてきちゃいます。

 

ブログでは、

「追憶の花の上で」のKeyさん、

「eeeballoon的日記」のちゃまんさ★さん、

「★まじきん日記へめんそ~れ★」のまじきんさん、

「力を抜いて (ギター修行日記・育休編)」のtakuyaさん、

「子育て観察と晩御飯と日々の生活」のakira-turibakaさん。

写真家の天野裕氏さん→こちら

 

ミクシィ他では、

サン・ミケーレ宮さん。(数年前にも1度紹介してくださってるので、なんと2回目!)

みわいど。さん。(みわいど。さんも、ツイッターに続き、サイト内でも紹介してくださりました。)

 

他にも、まだ口コミなどで紹介してくださったという方々。

 

もう、みんな優しすぎます!

ほんと、世の中捨てたもんじゃない!

うれしー!

ニコニコ!

 

人気ブログランキングへ
   ↑↑
なんか、
こちらも最近嘘みたいに10位以内をキープできています。
ひゃー!ほんと、みなさんのおかげ!!
引き続き1日1回応援クリックしてもらえると、最高に嬉しいです!
目指せ、このまま10位以内キープ!(現在、奇跡の9位!)

|

2010年11月22日 (月)

TV

そういえば、少しばかり前の話なんだけど、

僕が仕事をしていたら、テレビ局の取材クルーが僕に話しかけてきた。

 

「えっと、わたしたちは、『秘密のケンミンSHOW』というテレビ番組のものなんですが、

実は今、

「大阪府民は、飲み屋では必ずやしきたかじんの『東京』を歌う」

というケンミン性を取材していまして、

先ほどお兄さんのリクエスト表を見せてもらったら、『東京』もレパートリーにあったので、

よかったらこれから、お兄さんが『東京』を歌ってる姿を撮らせていただけないかと思いまして。」

 

 

なるほど、それでさっきから彼らが何度か目の前を通った時に、その中の一人が僕のリクエスト表を熱心に見てたわけか…。

そして、彼らの言い分もよく理解できる。

だって、もし僕が逆の立場だったら、そんなテーマの取材の際に、飲み屋街のストリートミュージシャンまでもが「東京」を歌っている画を撮れたら、大収穫じゃないか。

 

 

でも、僕は絶対にイヤだ。

だって、何度も言ってるように、僕は何もストリートミュージシャンとして有名になりたくてこの仕事をしているわけではなくて、ただ単に「お金」を目的に弾き語りをしているだけだから、テレビに少し映ったところで、僕には何のメリットも無いのだ。

しかも、「秘密のケンミンSHOW」っていう番組内容を考えてみると、きっと僕は、スタジオ内でも、

「ほら、大阪ではストリートミュージシャンの兄ちゃんまで『東京』を歌ってらぁ!ワハハハハ!!」

みたいな、ストリートミュージシャンなら僕以外でも誰でもいい、おちょくり目線でのVTRの使い方をされるに決まっている。
   ↑
(被害妄想。笑)

僕だってこの仕事には強いプライドがあるから、

そんな、こっちが必死に歌っているのを、みんなに笑われるようなピエロにはなりたくない。

 

 

というわけで、

僕は丁重にその依頼をお断りしたんだけど、

敵もなかなかしぶとかった。

 

「なんでダメなんでしょうか?」

「いや、僕にも色々事情がありまして…。」

「お顔が映るのが都合悪いんでしょうか?それなら、後ろから撮るなどして工夫させてもらいますし。」

「いや、そんなんじゃないんですけど、ここで撮られるのはちょっと…。」

「もし場所が分かっちゃうのが嫌だとおっしゃるなら、それも工夫させてもらいますし。」

「…えっと、他のストリートミュージシャンじゃダメなんですか?探せば、どこかにいると思いますよ。」

「いや、どうしてもお兄さんがいいんです。」

 

多分、彼らからしたら、有名になりたい・目立ちたいはずのストリートミュージシャンなのに、テレビに映りたくないっていうのがどうしても信じられないんだろう。

しかも、彼らのそういう画が撮りたいっていう気持ちも分かるだけに、僕が少し遠まわし的に断ってしまったことで、余計に説得に時間が掛かってしまった。

 

そしてこの後、結局この時は彼らも根負けしてようやく立ち去っていったんだけど、

なんと彼らは、その後20分置きぐらいに、3回も4回も僕を説得し直しに来たのである。

「どうしても、ダメですか?」って。

きっと、他に「東京」を歌うようなストリートミュージシャンが近くでは見つからなかったんだろうけど、

ここまでされると、なんかちょっと、僕が悪いことをしてるような気分になった…。(苦笑)

 

 

 

そして、

それから1週間後のこと。

 

その日、僕は、東京から遊びに来ていた友達と2人で、心斎橋の商店街を自転車で走っていた。
(良い子のみんな。商店街では、自転車は押して歩こうね☆)

すると、道の前方に、テレビカメラ一台とそのスタッフが…。

良く見ると、

なんと奇跡的に、この前と全く同じ取材クルーではないか!

 

僕がビックリして自転車を止めると、あちらも僕に気付いた。

 

「わお!この前のお兄さん!こんなところで何をされてるんですか!」

「いや、ちょっと友達と自転車でブラブラしててね。っていうか、こんなとこでまた会うなんてビックリですね!そんで、この間はなんかすみませんでした…。」

「いえいえ、こちらこそ、お忙しい中しつこくお願いしてしまって、申し訳ありませんでした。」

「いや、とんでもないです。ところで、これってまた『ケンミンSHOW』かなんかの取材ですか?」

「そうなんですよ。今日は大阪府民の『トイレットペーパー』に関するインタビューをしてましてね。」

「へえー。そうなんやー。大変ですね。」

「…というか、やっぱり今日もお兄さんにインタビューなんかしちゃダメですよね?」

「え?いや、全然オッケーっすよ!むしろ、こっちからお願いしたいぐらいの勢いです。」

「え!?ほんとにいいんですか?」

 

 

…みなさんの、

「一体、どっちやねん!お前は!」

という心のツッコミはよく分かります。(笑)

 

でも、これだけは言わせてもらうと、

何を隠そう僕は、テレビ大好きミーハー野郎なんです!!

てへ。

 

幼い時から僕は、ずっとテレビばっかりを見て育ちましたし、

実は、短い大学生活でもマスコミ学科を専攻していたほどです。

だから、

この前だって、あくまでも仕事をしている僕を撮られるのがどうしても嫌だっただけで、

今日みたいなプライベートなら、何の問題もナッシングで、

逆に嬉しいくらいなわけです。

 

しかも、友達と全国放送のテレビに映るなんて、超楽しそう☆

なあ、けんしろう(友達の名前)!

大阪に遊びに来た記念になるよな!

 

 

 

で、

撮影は始まった。

心斎橋の商店街の隅で、カメラの前で満面の笑顔で並ぶ僕とけんしろう。

そして、僕ら2人にマイクを向ける、顔の映らないインタビュアー兼スタッフ。

 

「では、始めますね。」

「はい!!」

 

まず、マイクは僕の方に向けられた。

 

「すみません。あなたは、普段トイレットペーパーは何を使っていますか?」

「え?何をって、シングルかダブルかってことですか?」

「そうです。」

「あ、それなら、ダブルですね。」

 

スタッフの顔が少しこわばる。

 

…あ、俺、答え、間違えたかも。

だって、「ケンミンSHOW」で大阪府民へのインタビューってことは、

きっと、「大阪人はケチやから、みんなトイレットペーパーはシングルを使っている」的な趣旨なんだろうから…。

(注;何も僕が「シングル=ケチ」だと思ってるわけじゃないですよ。あくまでもテレビ的な捉え方としてです。)

ああ、このままじゃ絶対にオンエアーに採用されへん…。

嘘でも、すぐに機転きかせて、「シングル」って答えればよかった…。

しかも、ずっと前に、きっこさんのブログで「時代はシングル」って日記読んでたのに…。

なんであれから素直に「シングル」使ってないねん、俺!

アホ、アホ、俺のアホー!

あー、テレビ出たいーー!!

 

 

しかし、僕の横では、

次に同じ質問を受けたけんしろうも、笑顔で元気よく、

「僕もダブルです!」

と答えている。

(↑そもそも、東京人)

 

終わった…。(笑)

 

 

この後、

スタッフから、究極の苦笑いで

「ご協力ありがとうございました…」

と言われて、その場を去った僕達は、

2人の心を代弁するかのごとく突然降り出した大雨の中、

傘も差さずに自転車で心斎橋の街をさまよい続けたのであった…。(涙)

 

完。

 

 

いやー、

テレビに出るのって、難しいね☆

 

人気ブログランキングへ
   ↑↑
おそらく、残り1か月半ほど。
これからも、
1日1回応援クリックしてもらえると、最高に嬉しいです!
目指せ、10位!(現在12位)

|

2010年10月16日 (土)

昨晩の仕事中、久しぶりに通行人から

「この乞食が!」

と罵られた。

 

あほか、なめんな!

俺はただの乞食じゃない。

プロの乞食じゃ!

 

人気ブログランキングへ

|

2010年8月 4日 (水)

僕が今歌ってる場所の近くには、外国の方達がよく集まるようなバーがあるんだけど、

おととい(月曜)の仕事中、一人の大分酔っぱらった西洋人の男性(30代後半・ハゲ頭)がフラフラとそこからやって来て、僕の横にデンっと腰かけた。

ただ、その時はちょうど他のお客さんに対して歌を歌っている最中だったし、正直酔っぱらってる外国人と絡んでもロクなことがないことは今までの経験上分かってるので、僕は意識的にほぼ彼を無視するような形をとった。

そして、一曲歌い終わって先ほどのお客さんが立ち去ると、案の定彼は真っ赤な顔で、僕にロレツの回らない英語で話しかけてきた。

それでも僕は、無表情のまま、ほぼ彼の会話をスルー。

だって、もちろん少しは悪いなとは思うけど、僕はほとんど日本語の歌ばっかり歌ってるわけだし(しかも古い曲)、こちらも商売としてやっているので、そんな泥酔の外国人さんの相手をしているような余裕はない。

こういう時は、無視が一番。

酔っ払いっていうのは、相手にされないのが一番辛いから、無視を続けていると、大抵はすぐに飽きて帰ってしまうのだ。

 

でも、このMr.ボールド(僕が勝手につけた名前)、なかなかしぶとい。

僕がわざと次の歌も歌わずに、無視したままゆっくりチューニングやエフェクターの調整などをいじって時間を稼いでも、チラッと見ると、まだずっと横でグデングデンのままよだれを垂らして座っているのである。

 

うーん、どーしよー。

商売上、このまま何も歌を歌わんわけにもいかんしなあ…。

よし、じゃあアレでも歌うか。

こういう歌なら、さすがに外国人のボールドは退屈せざるを得んやろう。

フフフ。

必殺、日本のこてこてフォークソング攻撃じゃー!

 

というわけで僕は、同時に他のお客さんを呼び込む意味も込めて、この歌を演奏した。

(注;携帯からは見れません)

「22才の別れ」 風

 

 

…ただ、結果は予想外だった。

なんだかボールド、どうしたことか、この歌をえらく気に入ったみたいで、歌の途中に、

「グレート!」

とか、

「ブラボー!」

など、大きな奇声を上げ始めたのである。(苦笑)

 

あちゃー、作戦失敗や。

ますます、めんどくさいことになってもうた…。

 

そう思って苦笑する僕を尻目に、さらにボールドは1ドル札を無造作にギターケースに投げ入れた。

 

はぁ…、しかも1ドル札…。

やっぱり、めんどくさい…。

 

 

なんだか、こう書くと、みなさんには、

「1ドルとはいえ、せっかくお金を頂いたのに、めんどくさいは何事だ!生意気だ!」

なんて思われるかもしれないけど、

いくら軽蔑されようとも僕は本当の事を書くしかない。

これが僕の仕事なのである。

昔から言ってきたことだが、僕は何も誰かを喜ばそうとか、自分を表現したいとかで外で歌っているわけではなく、目的はほぼ「お金」だ。

そのお金で生活をしていかなければいけないのである。

そんな中やはり、限られた時間の中で、一曲につき100円なんてお金をいくら積み重ねていっても、生活なんてとても出来ない。

やっぱり、常に一曲につき1000円なり500円なりのお金を頂くことを目指して歌わなければいけないのである。

そういった現状の中、目の前を通り過ぎる間に投げ入れられる小銭ならまだしも、横にガッツリ座った泥酔外国人が投げ入れる1ドル札などで、やっぱり僕には喜びなどは感じることができない。

しかも、1ドル札っていうのは、両替するには小さすぎるし、かといっていつかのために置いておくほどのものでもなく、日本に住む限りはすごく扱いにくいお金で、そういった意味でも、僕には少しめんどくさいのだ。

 

< さあ、僕があまりにも正直にぶっちゃけすぎて、みなさんが完全にドン引きしているのが手に取るように分かりますが(苦笑)、

ここで誤解してほしくないのは、これはあくまでも僕の仕事としての面からだけ見た物凄く自分勝手なエゴの話であって、

ちゃんとした客観的な目で見れば、彼は別に、僕にとやかく言われるような悪いことをしているわけじゃなくて、むしろストリートミュージシャンにお金を入れてあげる優しい人なんだ

っていうことぐらいは僕だってちゃんと分かってるんだよっていうことです。

そしてもちろん、自分の歌がそれほどの価値があるものだとも思っていませんよ。

特に今の僕の歌は。

それでも、よりたくさんのお金を目指さなければいけないっていう、

あくまでもこれは、商売人としてのぶっちゃけトークです。

誤解しないでくださいね。

これからも正直な気持ちを書けるブログでいたいので、抗議メールとか送ってこないでね。(笑) >

 

 

さて、そんなこんなで、「22才の別れ」を歌い終えたんだけど、

やっぱり、1ドルとはいえ、お金を入れてもらったことに変わりはないので、一応僕は無表情のままボールドにも頭を下げておいた。

すると彼は、未だ興奮気味によだれを垂らして、「グレート」だの「ワンダフル」だの、僕を称賛しつづけている。

何なんだ、この酔っ払い外国人は。

何をそんなに、言葉も分からない日本のフォークソングに感動することがあるんだ。

どうせ、酔っぱらい過ぎて、訳が分からなくなってるだけだろ?

しかも、もしもほんとにそんなに良かったんなら、もっとお金をおくれ!

称賛するなら、金をくれ!(笑)

 

そして、このMr. ボールド、これから一体どう対処すればいいのか。

なんか、こんな酔っ払いの外国人が横に座って大きな奇声を上げていると、他のお客さんが寄り付いてくれそうもないし、

かといって、そんな彼に、数少ない英語の曲のレパートリーを無理して歌う気にもなれない。

うーん。

やっぱり、めんどくさい…。

 

と、

ちょうどその時、例のバーから、お連れの方だと思われる外国人女性が、ボールドを連れ戻しにやって来た。

「もう、あんた、こんな所で何やってんの!」

みたいな感じで。

こりゃ、ラッキーだ。

ようやく、この「めんどくさい地獄」から解放される。

そして、ボールドは嫌々ながらも、女性に引っ張られてフラフラと立ち上がったんだけど、

最後に、どうしても僕に握手を求めてくる。

まあ、これで帰ってくれるなら、最後ぐらいいいかってことで、僕も手を出してガッチリと握手に応じた。

「グッドラック!」

真っ赤っかながら、あまりにも満面の笑顔でボールドは言うので、僕もつられて、

「ユー トゥー!」

と笑顔で返してしまった。

ともかく、こうして、千鳥足のボールドは元いたバーにフラフラと連れ戻されていき、僕は無事に仕事を再開できたのである。

 

…あー、めんどくさかった。(心からの4回目)

       ↑
今日はほんとブッチャけすぎ!

 

 

 

 

 

と、まあ、おとといの僕の仕事場では、そんな一コマがあったんですけど、

実は、話はこれだけでは終わりませんでした…。

 

 

それは、僕が仕事を終えて家に帰ってきてからのお話。

 

まず、いつものように自転車(ベンツ君)にくくり付けた荷物を全部家の中に運び終えると、僕は居間に入り、ソファーにドカっと腰を下ろしました。

「あー、今日も疲れた…。」

そして、部屋着に着替えるために、ジーパンのポケットから携帯やら何やらを取りだしている時に、ふと思い出したんです。

そーいえば、あの時の1ドル札って、ボールドが帰ってすぐに、ジーパンの後ろポケットに突っ込んだよなあ、って。

そして、案の定、後ろポケットに適当に突っ込まれていたそのお札を広げた時、

僕は腰が抜けそうになりました。

 

 

Img_3610s_2

 

 

Img_3611s

 

 

え、え・・・!?(汗)

  

ひゃ、ひゃ、100ドル札やん!!!!!!!!!!

 

 

わーわーわーーーー!!!

嘘やろーーーーー!!!

きゃーーー!!!

全然気付いてなかったーーーー!!!!

どーしよーーー!!!!

 

だって、

だってさ、普通、外国人(アメリカ人)がドルを投げ入れたら、それは1ドル札だっていう先入観があるじゃん?

何の疑いもなくさ。

実際、今までだって何度も1ドル札を入れられたことがあるわけだしさ。

しかも、アメリカドル札って、全部大きさが同じだしさ。

肖像画も、よく見たら違うけど、パッと見はほとんど同じ人だしさ。(?)

 

Img_3613s

 

そりゃ、まさか100ドルだなんて思いもせずに、適当にポッケに突っ込むじゃん。

相手にだって、めんどくさそうに適当にあしらっちゃうじゃん?

…ダメ?

…怒る?

 

うわーー!!!ごめーーん!!!!

時間よ、戻れーーーー!!!!!

 

っていうか、

あのMr.ボールド様は、いくら泥酔していたとはいえ、ほんとに感動してくださっていたんですね!!

だから、あんなに興奮されていたんですね!!

あー、今なら何でも歌わせて頂くのに!!!(←最低!)

 

っていうか、

ボールド(ハゲ)なんて失礼なアダ名を付けてしまったこともすみません!!

あなたは、今思い返してみると、確か、ボーボーでした。

ええ、それはもう、ボーボーでした。

 

というわけで、Mr.ボーボー大天使様、

大変ベタですが、今から僕の現在の感謝の気持ちをこの100ドル札で表したいと思います。

ワン、

ツー、

スリッ。

 

 

 

 

 

 

 

Img_3619s

  

人気ブログランキングへ
  ↑↑
ブログランキングに参加しています。
応援クリックしてもらえるとすごく嬉しいです。

|

2008年12月 3日 (水)

おつかれさまの国

あのね、突然ですけど、みなさんには大好きなアーティスト(歌手)っていますか?

いやね、前回に引き続き、今回も「見るまえに跳べ」の続きではないんですけどね、どうしても昨晩の出来事を今日中に書いておきたくて、今僕は舞い上がっとるわけですよ。

急いで書くので文章がひっちゃかめっちゃかになって読みにくいかもしれませんが、とにかく「ああ、たかゆきは今舞い上がっとるんだな」と優しい目で見ていただけたらありがたいです。

 

えっと、それで何の話でしたっけ…?

ああ、そうそう、好きなアーティスト。

ちなみに、みなさんには大好きなアーティストっていますか?(2回目)

あーそうですか、いたりいなかったりですか。
(↑鼻くそほじりながら)

僕にはいるんですよ。

17,8歳で長○剛から卒業して、それからは洋楽邦楽問わずいろんな音楽を聴くようになったんですけど、その中でも特にハマったのが

斉藤和義さん。

19歳ぐらいの時に彼の「砂漠に赤い花」という曲を初めて聴いて衝撃を受けて、それからというもの僕はずっと彼を敬愛してきたんです。

もちろんライブにも数え切れないくらい行きましたし、当時はそこまで有名ではなかったので楽譜などは販売されていなかったんですけど、自分で耳コピして自分専用の楽譜集を作ったりして夜な夜な彼の歌を歌っていました。

あれから十数年。

さすがに今は昔ほどの没頭ぶりではないんですが、それでもアルバムが発売される度にいつも購入して繰り返し聴いていますし、

「一番好きな邦楽アーティストは?」って聞かれたら今でも迷わず、「大事MANブラザーズ・バンド」って答えてます。

うん、それが大事。

って違うか。(こんな事してるから、いつも前に進まへん…。苦笑)

とにかく、

僕にとって斉藤和義さんはいまだに一番憧れのカリスマアーティストなんです。

 

 

って、ここまでは理解してもらえました?

で、昨晩の話なんです。

あ、ちなみにこれ先言っておきますけど、斉藤さんに会って僕の歌を聴いてもらったとかいうそういうすごい話じゃないですからね。

ただ、僕の中だけで意味深い出来事が起きたという話なだけですからね。

あしからず。

 

 

 

昨晩深夜1時すぎ。

最近は世間的に不景気なこともあり、昨日はとにかく人通りが少なく暇な1日だった。

普段なら2時くらいまで仕事を続けるのだが、今日は暇だしもうそろそろお開きにしようかと考えた僕は、最後に1曲だけ「上を向いて歩こう」を歌うことにした。

この曲を選んだのに特に深い意味は無い。

ただなんとなく今日最後のケジメの1曲かなと思っただけのこと。

すると、歌い始めてすぐ、2人組の男性が明らかに僕を見つめて近づいてきた。

2人共スーツ姿ではなくカジュアルな格好なので、サラリーマンではない印象である。

1人は40歳前後で、仮にAさんとする。

もう1人は見るからに若く、20代中盤のB君。

彼らABブラザーズは、僕の左側で立ち止まって本格的に歌を聴き始めた。

ただ、僕のギターケースには「リクエスト表」というのが立てかけてあるのだが、彼らはそれを開いて見ようとはしない。

ABブラザーズは、この「上を向いて歩こう」が好きなんだろうか。

 

 

普段僕は商売上の細かい理由で、こういう風に立ち止まった人に対しては、曲を中断してでも声をかける。

「何か好きな曲があったら言ってくださいね。」

と。

ただ、それはお金になりそうなお客さんだと僕が判断した時だけの話。

そして、この2人には僕は声をかけなかった。

つまり長年の経験による第六感から、彼らはあんまりお金を払ってくれそうもないと判断したわけである。
(↑ほんと、やらしい! けど、お仕事だから許してね♡)

 

 

そうこうするうちに、歌が終わりかけた頃、B君だけが足早にどこかに立ち去っていった。 

 

ああ、やっぱり俺が完全にノーリアクションやったし、歌に飽きて帰っちゃたんやな。

…あれ?

けど、2人って知り合いじゃなかったの? 

 

そう不思議に思いながらも歌を歌い終えた僕に、その場に残ったAさんが話しかけてきた。

 

「あのー、ちょっといいですか。」

 

「はあ、なんでしょう。」 
(↑完全に商売モードではないぶっきらぼうな口調。笑)

 

「えっとね、つかぬことをお聞きしますが、もしこちらがここには無いような楽譜を用意したら、その曲を演奏してもらうことって可能なんでしょうか?」

 

「…は??」

 

「えっとですね、こちらが譜面を用意して、その曲を演奏してもらうことはできるでしょうか?」

 

「…えっと、申し訳ないですが、言っておられる事の趣旨がよくつかめないんですけども。」 

 

 

ほんとに意味がよく分からなかった。

この人は突然僕に一体何を求めてるんだろう。

ただ、なんとなく勝手にイメージしたのは、

この人にはオリジナル曲があって、それを俺に歌ってほしいのかな

ということくらい…。

けどそれは、今からここでってこと?

それとも別の日にどこか別の場所で改めてってこと?

うーん、分からん…。 

 

 

「えー、ぶっちゃけて言ってしまいますと、斉藤和義ってご存知ですか?」

 

突然の予期せぬ名前の登場に僕はちょっとドキっとした。

 

「…あー、はい、まあ。」

 

「あっ、ご存知ですか。

えっと実は私、ビクターエンターテイメントの者でして…。」

 

「え!?」

 

ビクターといえば現在の斉藤和義の所属会社である。

なんでビクターの人がこんなところに!?

 

「でですね、明日斉藤和義のニューシングルが発売されるんですけども…、」

 

「知ってますよ。『おつかれさまの国』でしょ。

この間、HEY!HEY!HEY!で歌ってましたよね。」

 

「ワー!よくご存知で!!」

 

「知ってるもなにも、僕、昔から斉藤さんの大ファンなんですよ。」

 

一気にテンションの上がった僕は、(予期せぬリクエストに対応するために一応いつも持ってきている)その19歳の時に作った自作の楽譜集を取り出してAさんに見せた。

 

「うわー、すごい!!ほんとにお好きなんですね!ありがとうございます。

で、その『おつかれさまの国』をお兄さんにこれから時々ここで歌ってもらえないかと思いまして…。

今、『上を向いて歩こう』を歌ってらっしゃったみたいな感じで。」

 

「は??」 

 

 

 

なんでも、Aさんによると、ビクターの大阪支社が僕が歌ってる場所のすぐ近くにあって、そこは13階なので上から僕の歌ってる姿がいつも見えているらしく、実際にここで歌を聴いたことも何度かあって、ビクターの方々は僕の存在を以前から知ってくれていたみたいなのである。

そして、Aさんは常々「おつかれさまの国」のような、世のサラリーマンに向けたような曲を、実際にサラリーマンに向けて僕が歌ってくれないかなと思っていたらしい。

ただ、僕は先週はほとんど仕事を休んでいて、Aさんは会社の窓から「最近彼歌いに来てないなあ…。」と心配していくれていたらしく、昨晩はAさんの上司がたまたま僕の前を通って、

「A、今日は彼歌ってるぞ。お願いするなら今日しかないぞ。」

とAさんにすぐに電話連絡したらしいのだ。

そしてその電話連絡を受けて、Aさんが部下のB君を引き連れて急いでここまでやってきたというわけなのである。 

 

「今、部下に『おつかれさまの国』の音源と簡単なコード譜を会社まで取りに戻らせましたから、よかったらそれを見て検討してみてくださいませんか。」 

 

ああ、なるほど、さっきB君は会社に戻っていったわけやね。

ただ、

これで大体話の大筋は分かったし、実際、斉藤さんに関するそんなお願いを直々にされるなんてビックリするぐらい光栄で嬉しいんだけど、

ひとつだけ疑問なのが、

そんなことをして、ビクター側(斉藤さん側)には何のメリットがあるのだろうかということ。

まさか、これで宣伝効果につながるとでも思っているんだろうか。

それなら、そんな考えはとんでもない!

僕は普段仕事としてお金儲けのためにおじさん達にフォークソングばっかりを歌ってるわけで、そんな僕が時折「おつかれさまの国」を歌ったところで、知らない曲に対しておじさん達は聴いてくれはしたとしても、それが「その曲はなんだ?」と購入意欲までにつながるとはどうしても考えられない。 

 

と、

そのようなことを僕はAさんに伝えた。

 

 

「いや、宣伝効果とかメリットとかは全然関係ないんです。

ただ僕は、お兄さんにたまにでいいから、ここに通るような人達に対して『おつかれさまの国』みたいな曲を歌ってもらえたら、それはすごく素敵で嬉しいことだなあと思っただけなんです。

けどお兄さんがこれを仕事としてやられてるのなら、こちらもお願いしている身分なので謝礼をいくらかださせていただきますし…。」

 

「いやいや!謝礼だなんてとんでもない!!

ただ、ほんとに僕なんかでいいのかなあと思って…。」

 

「是非!!」

 

 

そうこうするうちに、B君も会社から戻ってきて、僕にプロモーション用のCDとコード譜を渡してくれた。 

 

Photo_2

 

そして、僕はこの歌のサビだけはなんとなく知っていたので、コード譜を見ながらサラッと歌ってみると、僕が斉藤和義の大ファンだとはまだ知らないB君は腰を抜かすほどビックリしていた。(笑) 

 

 

しかしまあ、利益などは関係なしに、ただの街のストリートミュージシャンにこんなお願いを出来るAさんっていうのは、ほんとプロモーターの鏡みたいな人である。

よっぽど自分の担当するアーティストに愛情を持っているんだろうなあ。

 

 

 

この後、僕たち3人はいろいろと斉藤和義談義に花を咲かせた。

(その中で、最近僕が買った斉藤和義さんと伊坂幸太郎さんの対談集があるんだけど、その本の出版にAさんが深く関わってるという事を聞いて、なんだか少し不思議な縁を感じた。)

20分ほど話を続けて、では2人がそろそろ会社に戻るという時、僕は

「ほんとこんな遅い時間までお2人共お仕事

おつかれさまでした。」 

と言った。

すると2人は、ニヤリと笑い、

「こちらこそお仕事の邪魔をしてしまってすみませんでした。

おつかれさまです。」

と返した。

 

 

ほんと、この国は「おつかれさま」という魔法の言葉がある素敵な国だ。 

 

 

 

 

と、いうわけで、

僕は何故だか突然、本日12月3日発売の斉藤和義NEW SINGLE「おつかれさまの国」のビクター・SPEEDSTAR公認宣教師に任命されてしまいました。

今後曲をちゃんと覚えて、暇な時などにちょくちょく仕事場で歌って、おじさんやホステスさん達を癒していけたらなと思っています。

今回の話はすごく急いで書いたので、みなさんにちゃんと伝わってるかどうか心配ですが、とにかく僕は今相当興奮してるんです。

だって、あの憧れの斉藤和義さんのプロモーターの方から直々にあんなお願いされたんですよ?

長年仕事を頑張っていると、こんなご褒美があるもんなんですね。

僕の人生の中のかなりの自慢話になりそうです。

Aさんは、「きっと、斉藤本人も喜びます。」と言ってました。

ほんまかいな…。

とにかく、この際、せっかくなんで、みなさんもこの「おつかれさまの国」を聴いてみてください。

 

 

それが大事 Music それが大事

アーティスト:大事MANブラザーズバンド
販売元:ファンハウス
発売日:1991/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

あ、間違えた!(笑)

こっちです。 

 

おつかれさまの国(初回限定盤) Music おつかれさまの国(初回限定盤)

アーティスト:斉藤和義
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2008/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

特に、日頃頑張ってる方、疲れている方などが聴くと、すごく癒される曲だと思いますよ。

たくさんの方に聴いてもらえると、もちろん斉藤さん本人も喜ぶでしょうし、こうなった以上、僕もなんだか嬉しいです。

とにかく、

みなさん、今回はこんなに大急ぎで書いた粗くて読みにくい文章を最後まで読んでくださって、ほんとに

 

 

おつかれさまでした!

(しつこい?) 

 

 

ブログランキング ←ランキングに参加しています。
             応援クリックしてもらえるとすごく嬉しいです

| | コメント (31) | トラックバック (1)

2007年12月27日 (木)

優しさ

はい!まずは前回の記事の答え合わせから。

あれは、各段落の一番左の一文字を縦に読んでいくと、

「メリークリスマス!
みなさん、今年も一年いろいろとありがとうございました!
これからも仲良くしてくださいね。
あー疲れた(笑)」

っていう文章になるんです。

えっとね、ほんとはこんな風に自分で詳しく説明するのはすごく恥ずかしいんですけどね(笑)、僕の知り合いの中に何人か、

「なんや、『メリークリスマス!』だけやと思ってた。へー、まだ続きがあってんな。」

なんてのんきな事を言ってくる友達がいたもんで、もしかしたら、みなさんにもあんまり伝わってなかったんかなあと心配になっちゃったんです。

だって、せっかくのクリスマス・イブにあれだけ頑張って書いたのにー!(涙)

これを機に、もしみなさんの中でも、よく趣旨を分かってなかった方や、まだ前回の記事を読んでないという方がいらしゃったら、是非、

いますぐ、GO!!!

さて、話は変わって、今日はちょっと、昨晩の話をさせてください。

僕がいつも歌っている飲み屋街の片隅に、手押し屋台の「石焼きいも」屋さんがいる。

背の小さいおばあちゃんと、これまた背の小さいおじさんが2人で商売している。

目の前を通るサラリーマン達に、このおばあちゃんがいつも

「焼きいも買うて~。」

と大きな甘えた声を張り上げている。

何とも大阪ならではの焼きいも屋さんだ。

ただ、明らかにそんなに売れている気配はないし、2人の姿を見てもそのつつましい生活ぶりは見て取れる感じはある。

さて、この焼きいも屋さん、僕よりも店を閉める時間が少しだけ早いみたいで、昔からよく手押し屋台を押して帰る途中に僕の前を通る。

そして、僕の前にお客さんが居ない時は、2人とも決まって満面の笑顔で僕とお喋りしていく。

内容はたわいもないことだ。

今日は人通りが多かっただとか、少なかっただとか、寒くなってきたから風邪を引かないようにだとか、まあそんな感じだ。

ただ、昔から、僕がどうしていいか分からないことが1つだけある。

それは、

僕の前にお客さんがいて僕が歌ってる時に、たまに、おばあちゃんの方が、何も言わずに千円札を僕のギターケースに入れてくれる事。

これは、歌を聴いてくれたお客さんからなら、僕はそれを目的にこの仕事をしているわけだからすごく嬉しい。

けど、おばあちゃんは、同業者というか、仲間というか、いわば同じ側の人間。

正直、何だか複雑な気持ちになってしまうのだ。

おばあちゃんにとっては、多分、「いつも頑張ってるね」という類いの気持ちの表れなんだろうけど、それはこちらからしても同じ事。

そんなに山ほど儲かるわけじゃないだろうに、あんな年齢で寒い中大きな声を何時間も出し続けて、ようやく稼いだお金を、いくら千円とはいえ何も僕にくれなくてもいいのに。

まだ、僕の「歌」に対してお金を入れてくれるなら、少しは納得できるんだけど、おばあちゃん、いつもお金を入れた後は、僕が他のお客さんに対して歌ってる間に、そのまま帰ってしまうだもん…。

だから、僕はいつもどうしたらいいか分からなくて、その度に目でお礼するぐらいしかできずにいる。

そして、昨晩。

昨日はどうやら僕の方が終わるのが早かったらしく、僕が後片付けをしている最中におばあちゃん達が通った。

そして、ひとしきり3人で会話をした後、珍しくおじさんの方は手押し屋台を押して先に帰っていった。

残った僕ら2人はしばらくまだ会話を続けていたんだけど、その途中、おばあちゃんが突然、

「あ、そうや。」

と言って、ポケットから今日稼いだんであろうの千円札を取り出し、僕に手渡してきた。


「い、いや、今日は僕、もう歌ってるわけでもないし、いつも貰いすぎてるから、もう大丈夫ですって。ほんまに。」

「分かったから。そんなこと言わんと、早くしまい。」

「もー…。
だって、いつも僕、どうやって恩返ししたらいいか分かりませんもん。」

僕がそう言った途端、今まで笑顔だったおばあちゃんの表情が急に険しくなった。

「恩返しとかな、そんな事考えたらあかん!
わたしはそんな気持ちでいつもあげてるわけやないんやで。
あんたのことは昔からよう知ってるし…。
とにかく、恩返しとかそういうことはあんたはなんも考えんでええの!
わかった?」

「は、はい…。
ほんと、いつもありがとうございます。」

すると、おばあちゃんはいつもの優しい笑顔に戻り、

「今日はもう無いけどな、明日は焼きたてのおいもさん持ってきたるからな。
ほんなら、風邪引かんようにはよ帰りや。」

と言い残して、手を小さく振って帰っていった。

僕はなんだか昔の事を思い出した。

それは、5,6年前の夏の事。

当時、日本一周一人旅中で、北海道の札幌に滞在していた僕は、ススキノで弾き語りをしている時に知り合った、キノシタさんという高級海鮮料理店の店長さんとそこの店員さん達に、これでもかというぐらいに親切にしてもらったことがある。

暇さえあればキノシタさんは自分のお店や他のお店で僕にご飯をご馳走してくださり、時々歌ってる所までわざわざ差し入れの手作りおにぎりまで持ってきてくれたり、たまにはゆっくり寝れるようにとカプセルホテルのタダ券をくれたり、僕の車が駐禁でレッカー移動された時なんかは、お店の方全員でいろいろ力になってくれたりと、とにかく何から何までお世話になりまくったのだ。

僕はある時聞いた。

「何で、そんなに僕に優しくしてくれるんですか?」

と。

すると、キノシタさんは答えた。

「あのな、たかゆき。

最近ようやく分かってきたんだけど、

昔若い頃な、俺もある人にものすごく親切にしてもらったことがあるんだよ。

その時に俺も聞いたんだ。今のお前みたいに。

『なんで、そんなに優しくしてくれるのか?』って。

そしたらな、その人なんて答えたと思う?

『俺がいくらお前に優しくしたからって、お前は俺にそのお礼なんてしなくていいんだ。

その代わり、お前がいつか大人になった時に、自分より若いやつにその分精一杯優しくしてやれ。』

だってさ。

分かるか?たかゆき。

お前も、俺がしてやったことを、俺に恩返しするんじゃなくて、いつかお前が逆の立場になった時、その相手に精一杯のことをしてやればいいんだ。

そうやって、優しさっていうものは、巡っていくんだよ。」

この言葉は、あの時、僕の心の奥に深く深く刻みついた。

そうだった。

よし、

明日は、ただ笑顔で「ありがとう」って言って、美味しくおいもさんを頂こう。

ブログランキング ←いつも応援クリックありがとうございます。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

僕はここにいる

いやあー、しんどかった…。

実は僕、この1週間くらいずっと、原因不明の「高熱と強烈なのどの痛み」にうなされてたんです。

けど別に、夏風邪をひいたわけでも扁桃腺が腫れていたわけでもないらしく、お医者さんも原因が分からないと困っていました。

さらに、現在彼女もおらずめっきり友達も減った感じの僕なんかは、もちろん誰にも看病などはしてもらえず、原因明確の「寂しさ」にもうなされ続け、もうヘロヘロ感でいっぱいでした…。

しかしまあ、おかげさまで(何の?)、今はやっと熱も完全に下がり、のどの痛みも大分マシになってきたのでようやく一安心です。

ありがとうございました。(誰に?)

そんなわけで、昨日まで仕事も全然出来てなかった僕は、お盆休みもはさんでたんで、かれこれ2週間ぐらい連続で仕事を休んでたことになっちゃってたんです…。

・・・・・・・・・・・・・・。

ん?

こんな風に好きな時に好きなだけ休むことができる僕の身分が、正直ちょっとうらやましいんでしょ…?

もしくは、このニート野郎!とか思ってるんでしょ?(笑)

・・・・・・・・・・・・・・。

いやいや、けど実際僕にとっては全くうらやましいことなんかじゃないんです!

だって、僕の仕事の場合、休めば休むだけそれに比例してただただ収入が減っていくだけなんですから…。

もちろん、何の保障があるわけでもないし…。

ああ、お金が…。(涙)

しかしまあ、「美輪さん壁紙」で幸せになれるだなんてやっぱり全くのガセネタですなあ。

だって、さっそくこんな結果ですよ…。

ああ、なんやかんやで結構期待してたのになあ…。

1週間、パソコン開くたびに顔を合わす拷問にも何とか耐え切ったのになあ…。

あ、もしかして、1週間限定っていう期間が短すぎたんかな?

けど、あれ以上(1週間)あの拷問続けたら、そりゃ他の事やったらどんな些細な事でも幸せに感じれるわっちゅう話やしなあ…。(苦笑)

ああ、もうええ、もうええわ。

この話はおわり。

とにかく、みなさんものどの痛みと黄色いおっさんの扱いにはくれぐれも気をつけてね。(笑)

と、言いながらも、昨晩はさすがに金曜日ということで、病み上がりの身体をおしてものすごい久しぶりに仕事に向かったんですけど、そんな僕にさっそくご褒美ともいえる嬉しい出来事が起きたんです!

多分ね、みなさんにとっては僕が興奮するほどのそんなに大した事ではないと思うんですけど、僕にとってはすごく意味のある大きな出来事だったんで、将来の自分の為に忘れてしまわないようにも今のうちにここに書き記しておきたいと思います。

えっと、夜11時すぎ、僕と同じ歳ぐらいの一人の女性が、歌ってる僕に話しかけてきました。

「あのー、すみません、もしかして3年くらい前もここで歌ってらっしゃいませんでした?」

「え?
あ、はい、もう長い間何年もここで歌ってるんで、多分僕だとは思いますけど。」

「うわー!やっぱり!
まだ歌ってはったんやー!!」

その女性はそう言って、ほんとに嬉しそうにピョンピョン飛び跳ね、目にうっすら涙までためている。

ん!?

んんん…?

一体、何のこっちゃ…?

「あー、えっと…、正直何が何だかよく分からないんですけど、僕、3年前に何かしましたか?」

「いや、違うんです!
3年前ね、私酔っ払って友達と2人でここであなたの歌を聴いてたんです。」

「はあ。」

「確か、私が『いちご白書をもう一度』か何かをリクエストして。」

あ、完全に俺や…。

だって、このご時世にそんな古い歌を道ばたで歌ってる奴なんてほとんどおらんもん…。(苦笑)

「ハハ、それ完全に僕ですね…。」

「それでね、その歌を聴いてる途中にね、あなたの馴染みのお客さんみたいな男性が2人
『おお、兄ちゃん、今日は若いお姉ちゃんに囲まれて、えらいモテモテやないか。』
とか言って、その輪に入ってきたんです。」

「はあ。」

「初めのうちはね、せっかくお兄さんの歌をゆっくり聴いているのに邪魔だなあなんて思ってたんですけど、私達も結構酔っ払ってたんで、いつの間にかその人達と意気投合してしまって、それから一緒に曲をリクエストしたりして、結局何曲もみんなで歌を聴かせてもらったんです。
覚えてらっしゃらないですか?」

うーん、そういう事は確かにたまにあるが、今まで、のべ何百人、何千人、いや、へたしたら何万人の方に歌を聴いてもらってきたので、よっぽど印象深い何かがないと、そんな3年前のお客さんのことまでは正直覚え切れていない。

「えっと、申し訳ないですけど、僕も毎日のことなんで、正直ちょっと覚えてないですねえ…。」

「そっか…。
けど、ここからがすごいんですけどね、お兄さんの歌を聴き終わった後、せっかく意気投合したのにもったいないということになってね、その男性のうちの一人とね、ここでなぜか私メールアドレスを交換したんです。
酔っ払ってたからね…。」

くそぅ!酔っ払ってたのなら、なぜそこでとメール交換しない!(笑)

お客さん同士で勝手に盛り上がりやがって…。(涙)

まあけど、実際こういうことも、ごく稀ではあるがあることにはあって、男女問わず初対面のお客さん同士が連絡先を交換し合っている姿を何度か見かけたことはある。

多分その中の一組なんだろう。

ああ、なんとな~くやけど、うっすら思い出してきた気もするなあ…。

「それでね、」

「はいはい。」

「実は私、去年その男性と結婚して、来年子供も生まれるんです。」

「え?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

時が止まるっていうのは、ほんとにこういう時の事を言うんだろう。

僕はびっくりしすぎて一瞬言葉を失ってしまい、同時に鳥肌が全身を駆け巡るのを感じた。

しばらくすると、僕は得体の知れない何かあったかーいものに包まれた気分にもなっていった。

ああ、こんなことってあるんやなあ…。

女性はただニコニコ笑っている。

なんでも、あの日から、メール交換→食事→交際へと次々と発展し、順調にお付き合いを続けた後、去年、男性が東京へ転勤することになり、それを機に女性が東京について行く事を決意し「結婚」ということになったらしい。

昨晩はたまたま用事があり、奥さん一人で大阪に戻ってきていたらしく、せっかくなんであの歌のお兄さんがまだあそこで歌ってるのなら、会って結婚の報告とその時のお礼がしたいと思い、わざわざここを訪ねてくれたらしい。

うん、

今僕はずいぶん幸せ者や。

みなさんがこれを読んでどう感じたかは分かりませんが、この昨日の夜の出来事は僕にとってはすごくすごく大きな出来事だったんです。

だって、どんな間接的な理由であれ、僕が3年前のあの日、あそこで歌を歌ってなかったら2人は出会ってなかったんですよ。

彼女やその男性が僕の知り合いだったならまだしも、2人は見ず知らずのただのいちお客さん

そんな2人が、僕の歌をきっかけにして、新しい家族になり、新しい人生をスタートさせる…。

さらに、お子さんまで生まれるだなんて…。

それは、ひとつの命の誕生の陰に、僕の存在があったってことですもんね。

もちろんそんな大げさなものではなくても、僕にとっては、最近すっかり見失いかけてた自分の仕事に対するやりがいや意味を改めて少し再発見させてもらえた出来事でした。

あー、昨日は嬉しかったなあ。

無理して仕事行って良かった!

あ、それから、やっぱり美輪さんっておるね!

(あ~あ、この人、「神様はやっぱりいる」みたいな言い方してもうてるよ…。笑)

うん、神様もいる!

僕もいる!

みんなもいる!

あの新しい家族もおる!

みんなみんなおる!

それだけ!!

どんだけ!!

ブログランキング ←クリック、ご協力お願いしますm(__)m

| | コメント (48) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

時代

少し迷いましたが、どうしても今日書きたいので、書かせてもらいます。

ある常連の、クラブのママさんがいた。

彼女は年齢はおそらく50歳すぎ、ひょろりとした体形で、顔立ちは面長。

きっと若い頃は美人でモテたんだろうなと思われる面影が残っているのだが、今の彼女は僕から見ると、なんだか憂いというか哀しみのようなものがにじんでるような気がいつもしていた。

まあ、長い人生、ここにたどり着くまでに、いろんな事を経験されてきたんだろう。

僕は、勝手にそう解釈していた。

このママとは、もう4、5年のお付き合いになるだろうか。

ママはほんとうに僕の事を気に入ってくれていて、仕事帰りに頻繁に僕の歌を聴きに来てくださった。

大抵は一人で来られるんだが、たまにある特定のサラリーマンの男性と一緒に来られることもあった。

おそらく男性はお店のお客さんだろうが、2人がそれ以上の関係であることは、明らかに見て取れた。

ただ同時に、その男性にちゃんと家庭があることも容易に想像できた。

ママは決まって、長渕剛の「巡恋歌」と中島みゆきの「時代」をリクエストした。

「巡恋歌」が始まると、いつも僕の目の前の定位置で腰をかがめ、食い入るように僕の目を見つめたまま、歌詞をひとつずつ確かめるかのように、歌に合わせてゆっくりと体でリズムをとる。

男性が同伴の時は、「いつまでたっても恋の矢は、あなたの胸にはささらない」という歌詞のところで、その男性を指さし、よくおどけてみせた。

「わたし、みゆきが好きや。」というママは、「時代」を歌っている時には、目に涙を浮かべていることもあった。

「わたしな、あなたの歌が、ほんまに好きやねん。
あなたの歌を聴くと、癒されるねん。
つらい時でも、励まされるねん。」

いつも、そう言ってくださった。

そんなママが、2年ほど前、僕にこんな事を言ったことがある。

「わたしな、末期のガンやねん。
だから、もうすぐ死ぬねん。」

あまりにもさらりと真顔でそんな事を言うので、僕は

「もう、悪い冗談やめてくださいよ。
今、ちゃんとお元気じゃないですか。」

と返すしかなかった。

「ううん、冗談じゃないねん。
明日から入院や。
もう、長くないわ。」

ママは、じっと遠くを見つめていた。

その日以来、ほんとにパッタリとママの姿を見ることがなくなった。

心配したが、僕にはどうすることもできないことだ。

それから半年ほど経ち、正直あまりその事についても考えることがなくなってきていたある夜、突然ママが僕の前にふたたび姿を現す。

よかった、退院しはったんや。

どうやら、仕事にも復帰されたようで、その日からまたママをよくお見受けするようになった。

ただ、以前のママと決定的に違う点が2つだけあった。

それは、見た目がびっくりするほど痩せ細って、ガリガリになっていたことと、もう1つ、以前のように僕の歌を聴いていくことが全く無くなったことだ。

会話すら一言も交わさない。

ただ、目で挨拶するだけ。

顔がすごいやつれた様子で、フラフラとあるく彼女。

理由は無いがなんとなく、僕からも声をかけることはしなかった。

そんな日々がしばらく続いたが、僕は前にも言ったように、去年の9月頃から場所を変えて歌うようになったのである。

だから、必然的にそれからママに会うことは一切無くなった。

しかし、これはまだ言っていなかったが、実は、僕はこのブログを始めた今年の7月の初めあたりから、また以前の長年やっていた場所に戻って歌っている。

そのいきさつなどはまた今度説明するが、とにかくだからここ半年はまたママに会う機会がもどってきたのだ。

月日が経ち、最近のママは、もう見た目にも元気を取り戻し、また以前のように僕の歌を聴いてくださる。

あの男性を連れてくるところも、いつもの定位置で腰をかがめるところも、昔と何ら変わりない。

僕はホッとしていた。

そして昨晩。

12月28日。

昨日は、あの男性ひとりでやって来た。

そして、僕に告げた。

「ママが死んだよ。」

あまりにも突然のことで、しばらく言葉が出なかった。

そして、頭の中がぐるぐると音をたてて回る。

けど、僕にはどう曲げる事も出来ない、現実、だった。

「自然死」だったらしい。

その自然死が、前に言ってたガンによるものなのかどうかは、僕には分からない。

ただ、ひとつ確かなことは、ママはもうこの世にはいない、ということ。

そして、もうひとつ、初めて知った事がある。

それは、ママがずっと「独り身だった」ということ。

「巡恋歌を歌ってもらえないか。」

そう男性に言われて、僕はただ黙ってうなずいた。

ハーモニカを用意する。

ママに捧げる、最後の「巡恋歌」だ。

そう思って、僕はイントロのハーモニカを吹き始めた。

すぐに、自然と涙があふれ出す。

歌が始まると、今日が年末だからか、僕が泣いて歌っているからか、すぐに人が何人か集まってきた。

けど、今日のこの歌は、僕はママのためだけに歌いたかった。

だから僕は目を閉じる。

歌いながら、いつものように僕の目の前に腰をかがめるママを「イメージ」する。

ママは確かにそこにはっきりと存在する。

いつものように僕の目をまっすぐに見つめ、体でリズムをとっている。

やっぱり涙が止まらない。

最後のエンディング部分、僕はその彼女を見つめたまま、ほんとに精一杯ハーモニカを吹いた。

さようなら。ママ。

歌が終わって、ふと我にかえって目を開けると、いつの間にか僕の周りには人だかりが出来ていた。

そして、一斉に拍手が起きる。

男性に目をやると、彼も目に大粒の涙を浮かべ、僕に深々と一礼をして、無言のまま立ち去っていった。

僕はこの後、目の前のたくさんの人達に対して、すぐには「営業」する気にはなれなかったので、もう一曲だけ、「時代」をママに捧げた。

もう目はつむらなかった。

出会いがあるから別れがある。

出会いがなければ別れもない。

けど、それでもやっぱり、僕は出会う事を選びたい。

ただの街のストリートミュージシャンと、それを聴く仕事帰りのクラブのママ。

ただそれだけの関係。

けど、この広い世界の中で、僕とママが出会ったのは、まぎれもない真実。

その事実は、何があっても変わらない。

ママ、2007年を迎える事は出来なかったけど、これからはもう、ゆっくりできるからね。

どうか、どうか、安らかに眠ってください。

「時代」           
                  作詞:中島みゆき

まわるまわるよ 時代はまわる

喜び悲しみくり返し

今日は別れた恋人たちも

生まれ変わって めぐりあうよ

めぐるめぐるよ 時代はめぐる

別れと出会いをくり返し

今日は倒れた旅人たちも

生まれ変わって 歩き出すよ

|

2006年8月11日 (金)

ご利益

以前にこんなお客(?)がいた。

30代後半ぐらいの女性だった。

僕のギターケースに小銭をチャリンと投げ入れ、パンパンと両手を合わせ、深々と頭を下げたのだ。

そして、歌も聴かずにすぐに立ち去っていった…。

って、わしゃお地蔵さんかい!

っていうベタでしょっーーもないツッコミもいれたくなるくらい、僕のことをお地蔵さんあつかいしやがったのだ。

失礼やなー。

何?罰ゲーム?

しかし、これにはまだ続きがあった。

1週間後。

同じ女性がまた僕の所にやってきた。

おいおい、また来たで、と思っていると、

「ありがとうございました!ほんとに願いが叶いました!」

と言って、今度は5千円札をギターケースに入れて去っていったのだ。

ん?願いが叶ったって、前拝んでった時の分?

・・・・・・・・・・・。

すげーな、…。

確かに、昔から似ている有名人はイエスキリ○トってよく言われてたけども…。
(キリ○ト教信者の方、すいません。)

僕にそんなパワーがあっただなんて。
ほんまにお地蔵さんやん。

しかし、5千円分もの願いってどんな願いやったんやろう、僕もできるもんなら拝んでみたいなあ。

みなさんも、もしどうしても叶えたい夢があったら、たかゆき地蔵まで足をはこんで拝んでみれば?
夢が叶っちゃうかもね☆

(って、ほんまに来たら次は全身全霊をかけて無視するけど…。)

Photo_5

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧