« Ticket To Ride | トップページ | 「S」 5 »

2011年1月 5日 (水)

「S」 4

みなさん、新年あけましておめでとうございます。

僕にとって、2010年というのは、前半に長くて暗いトンネルからようやく抜け出すことができて、そこからは正しく「再生」の年でした。

そして、それから丸一年も経たないうちに、僕の最大の夢であり、真っ暗なトンネルからは対極の位置にあるはずの、「世界一周」というものに出発できるまでの状況にやってこられたというのは、本当に奇跡のような事だと思います。

ただ、これからの一年というのは、これまで以上に今までとはとんでもなく落差のある日々が待ち構えているはずなので、正直かなり不安はあるんですが、

それでもせっかくここまできたら、2011年は、僕の人生にとってその名のごとく「飛躍」の年になればいいなと強く願っています。

 

さて、いつになく真面目な新年の挨拶を終えたところで、時間も無いのでさっそくブログの続きを書き始めます。

今日は久しぶりの「S」シリーズです。

 

 

「S」3からの続き…

 

それは、ある日のS助さんからのメールから始まった。

 

「俺は昔から、いつか客にフォークソングを聞かせるようなバーをやりたいと思ってるんやけど、たかゆきくんはどう思いますか?」

 

…ん?

突然何だろう。

でも、そっか、S助さんにはそんな夢があったのか。

 

急な話で何を答えればいいのかよく分からなかったけど、とりあえず僕はその時に思ったことを正直に返信した。

 

「僕の仕事は、40代から60代ぐらいまでの方を対象にした仕事です。そしてずっと肌身で感じてきたことは、「やっぱりフォークソングっていうのはその年代の方には絶大な人気があるなあ」ということ。だからこそ、こんな変わった仕事でも10年近くそれだけで生活してこられたんだと思うんです。
そういうことから考えると、フォークソングバーというのは今はあまり聞き慣れませんが、需要自体はすごくあると思います。
僕が言うのも生意気かもしれませんが、とってもいいんじゃないでしょうか。」

 

「やっぱりそうやんね。俺は、熱い仲間が集まって、歌い手の歌をちゃんと聞いてもらえるようなバーをやりたいんです。せっかく歌ってもちゃんと聞いてもらわれへんのは辛いもんね。
もし実現したら、たかゆきくんそこで歌ってね!」

 

「はい!僕なんかでよかったら、もちろん喜んで!」

 

 

僕は思わず即答していた。

今まで何度かあったお店からのスカウトは頑なに断ってきた僕にとって、別に、S助さんのお店で歌えるということが嬉しかったわけではない。

むしろ、自分の歌そのものには全然自信の無い僕だから、もし本当にそれが実現してしまったら少しややこしいことになってしまうわけで、

それでも僕がS助さんのお願いに対して即答したのは、

S助さんが、自身の夢を実現させるための相棒に僕を選んでくれたということ。

その事実が、一瞬にして僕を高ぶらせ、興奮させたからである。

 

もちろん、それがあくまでもメールの中での雑談であることや、

たとえもし実現したとしても、それがいつの話になるかなんてことは分からないということぐらいは、僕もある程度承知していた。

それでも、妄想癖の激しい僕にとっては、そのメールの一文からだけでも十分に甘美な匂いを感じることができたのだ。

 

 

このメールをきっかけに、その日から完全に浮足立った僕は、しばらくの間自分にとって都合のいい妄想ばかりを始めるようになってしまった。

 

 

「S」5につづく…。

 

 

P.S.

今回かなり短いですが、「S」シリーズはどうしても書くのに時間がかかってしまうのと、今は少しでも更新グセをつけたいということもあって、これからもこんな風に小刻みに書いていくかもしれません。

そして、この「S」シリーズは、特に起承転結を考えて書いているわけではなくて、ただただ自分の中の記憶を順番に文章として記録しているだけという部分もありますので、これからもみなさんどうか軽い気持ちでお付き合いください。

 

人気ブログランキングへ
   ↑↑
1日1回応援クリックしてもらえると最高に嬉しいです。
目指せ、もう一度夢の10位以内へ!(現在12位)

|

« Ticket To Ride | トップページ | 「S」 5 »