« サンジュウニ | トップページ | Like a Rolling Stone »

2008年12月 3日 (水)

おつかれさまの国

あのね、突然ですけど、みなさんには大好きなアーティスト(歌手)っていますか?

いやね、前回に引き続き、今回も「見るまえに跳べ」の続きではないんですけどね、どうしても昨晩の出来事を今日中に書いておきたくて、今僕は舞い上がっとるわけですよ。

急いで書くので文章がひっちゃかめっちゃかになって読みにくいかもしれませんが、とにかく「ああ、たかゆきは今舞い上がっとるんだな」と優しい目で見ていただけたらありがたいです。

 

えっと、それで何の話でしたっけ…?

ああ、そうそう、好きなアーティスト。

ちなみに、みなさんには大好きなアーティストっていますか?(2回目)

あーそうですか、いたりいなかったりですか。
(↑鼻くそほじりながら)

僕にはいるんですよ。

17,8歳で長○剛から卒業して、それからは洋楽邦楽問わずいろんな音楽を聴くようになったんですけど、その中でも特にハマったのが

斉藤和義さん。

19歳ぐらいの時に彼の「砂漠に赤い花」という曲を初めて聴いて衝撃を受けて、それからというもの僕はずっと彼を敬愛してきたんです。

もちろんライブにも数え切れないくらい行きましたし、当時はそこまで有名ではなかったので楽譜などは販売されていなかったんですけど、自分で耳コピして自分専用の楽譜集を作ったりして夜な夜な彼の歌を歌っていました。

あれから十数年。

さすがに今は昔ほどの没頭ぶりではないんですが、それでもアルバムが発売される度にいつも購入して繰り返し聴いていますし、

「一番好きな邦楽アーティストは?」って聞かれたら今でも迷わず、「大事MANブラザーズ・バンド」って答えてます。

うん、それが大事。

って違うか。(こんな事してるから、いつも前に進まへん…。苦笑)

とにかく、

僕にとって斉藤和義さんはいまだに一番憧れのカリスマアーティストなんです。

 

 

って、ここまでは理解してもらえました?

で、昨晩の話なんです。

あ、ちなみにこれ先言っておきますけど、斉藤さんに会って僕の歌を聴いてもらったとかいうそういうすごい話じゃないですからね。

ただ、僕の中だけで意味深い出来事が起きたという話なだけですからね。

あしからず。

 

 

 

昨晩深夜1時すぎ。

最近は世間的に不景気なこともあり、昨日はとにかく人通りが少なく暇な1日だった。

普段なら2時くらいまで仕事を続けるのだが、今日は暇だしもうそろそろお開きにしようかと考えた僕は、最後に1曲だけ「上を向いて歩こう」を歌うことにした。

この曲を選んだのに特に深い意味は無い。

ただなんとなく今日最後のケジメの1曲かなと思っただけのこと。

すると、歌い始めてすぐ、2人組の男性が明らかに僕を見つめて近づいてきた。

2人共スーツ姿ではなくカジュアルな格好なので、サラリーマンではない印象である。

1人は40歳前後で、仮にAさんとする。

もう1人は見るからに若く、20代中盤のB君。

彼らABブラザーズは、僕の左側で立ち止まって本格的に歌を聴き始めた。

ただ、僕のギターケースには「リクエスト表」というのが立てかけてあるのだが、彼らはそれを開いて見ようとはしない。

ABブラザーズは、この「上を向いて歩こう」が好きなんだろうか。

 

 

普段僕は商売上の細かい理由で、こういう風に立ち止まった人に対しては、曲を中断してでも声をかける。

「何か好きな曲があったら言ってくださいね。」

と。

ただ、それはお金になりそうなお客さんだと僕が判断した時だけの話。

そして、この2人には僕は声をかけなかった。

つまり長年の経験による第六感から、彼らはあんまりお金を払ってくれそうもないと判断したわけである。
(↑ほんと、やらしい! けど、お仕事だから許してね♡)

 

 

そうこうするうちに、歌が終わりかけた頃、B君だけが足早にどこかに立ち去っていった。 

 

ああ、やっぱり俺が完全にノーリアクションやったし、歌に飽きて帰っちゃたんやな。

…あれ?

けど、2人って知り合いじゃなかったの? 

 

そう不思議に思いながらも歌を歌い終えた僕に、その場に残ったAさんが話しかけてきた。

 

「あのー、ちょっといいですか。」

 

「はあ、なんでしょう。」 
(↑完全に商売モードではないぶっきらぼうな口調。笑)

 

「えっとね、つかぬことをお聞きしますが、もしこちらがここには無いような楽譜を用意したら、その曲を演奏してもらうことって可能なんでしょうか?」

 

「…は??」

 

「えっとですね、こちらが譜面を用意して、その曲を演奏してもらうことはできるでしょうか?」

 

「…えっと、申し訳ないですが、言っておられる事の趣旨がよくつかめないんですけども。」 

 

 

ほんとに意味がよく分からなかった。

この人は突然僕に一体何を求めてるんだろう。

ただ、なんとなく勝手にイメージしたのは、

この人にはオリジナル曲があって、それを俺に歌ってほしいのかな

ということくらい…。

けどそれは、今からここでってこと?

それとも別の日にどこか別の場所で改めてってこと?

うーん、分からん…。 

 

 

「えー、ぶっちゃけて言ってしまいますと、斉藤和義ってご存知ですか?」

 

突然の予期せぬ名前の登場に僕はちょっとドキっとした。

 

「…あー、はい、まあ。」

 

「あっ、ご存知ですか。

えっと実は私、ビクターエンターテイメントの者でして…。」

 

「え!?」

 

ビクターといえば現在の斉藤和義の所属会社である。

なんでビクターの人がこんなところに!?

 

「でですね、明日斉藤和義のニューシングルが発売されるんですけども…、」

 

「知ってますよ。『おつかれさまの国』でしょ。

この間、HEY!HEY!HEY!で歌ってましたよね。」

 

「ワー!よくご存知で!!」

 

「知ってるもなにも、僕、昔から斉藤さんの大ファンなんですよ。」

 

一気にテンションの上がった僕は、(予期せぬリクエストに対応するために一応いつも持ってきている)その19歳の時に作った自作の楽譜集を取り出してAさんに見せた。

 

「うわー、すごい!!ほんとにお好きなんですね!ありがとうございます。

で、その『おつかれさまの国』をお兄さんにこれから時々ここで歌ってもらえないかと思いまして…。

今、『上を向いて歩こう』を歌ってらっしゃったみたいな感じで。」

 

「は??」 

 

 

 

なんでも、Aさんによると、ビクターの大阪支社が僕が歌ってる場所のすぐ近くにあって、そこは13階なので上から僕の歌ってる姿がいつも見えているらしく、実際にここで歌を聴いたことも何度かあって、ビクターの方々は僕の存在を以前から知ってくれていたみたいなのである。

そして、Aさんは常々「おつかれさまの国」のような、世のサラリーマンに向けたような曲を、実際にサラリーマンに向けて僕が歌ってくれないかなと思っていたらしい。

ただ、僕は先週はほとんど仕事を休んでいて、Aさんは会社の窓から「最近彼歌いに来てないなあ…。」と心配していくれていたらしく、昨晩はAさんの上司がたまたま僕の前を通って、

「A、今日は彼歌ってるぞ。お願いするなら今日しかないぞ。」

とAさんにすぐに電話連絡したらしいのだ。

そしてその電話連絡を受けて、Aさんが部下のB君を引き連れて急いでここまでやってきたというわけなのである。 

 

「今、部下に『おつかれさまの国』の音源と簡単なコード譜を会社まで取りに戻らせましたから、よかったらそれを見て検討してみてくださいませんか。」 

 

ああ、なるほど、さっきB君は会社に戻っていったわけやね。

ただ、

これで大体話の大筋は分かったし、実際、斉藤さんに関するそんなお願いを直々にされるなんてビックリするぐらい光栄で嬉しいんだけど、

ひとつだけ疑問なのが、

そんなことをして、ビクター側(斉藤さん側)には何のメリットがあるのだろうかということ。

まさか、これで宣伝効果につながるとでも思っているんだろうか。

それなら、そんな考えはとんでもない!

僕は普段仕事としてお金儲けのためにおじさん達にフォークソングばっかりを歌ってるわけで、そんな僕が時折「おつかれさまの国」を歌ったところで、知らない曲に対しておじさん達は聴いてくれはしたとしても、それが「その曲はなんだ?」と購入意欲までにつながるとはどうしても考えられない。 

 

と、

そのようなことを僕はAさんに伝えた。

 

 

「いや、宣伝効果とかメリットとかは全然関係ないんです。

ただ僕は、お兄さんにたまにでいいから、ここに通るような人達に対して『おつかれさまの国』みたいな曲を歌ってもらえたら、それはすごく素敵で嬉しいことだなあと思っただけなんです。

けどお兄さんがこれを仕事としてやられてるのなら、こちらもお願いしている身分なので謝礼をいくらかださせていただきますし…。」

 

「いやいや!謝礼だなんてとんでもない!!

ただ、ほんとに僕なんかでいいのかなあと思って…。」

 

「是非!!」

 

 

そうこうするうちに、B君も会社から戻ってきて、僕にプロモーション用のCDとコード譜を渡してくれた。 

 

Photo_2

 

そして、僕はこの歌のサビだけはなんとなく知っていたので、コード譜を見ながらサラッと歌ってみると、僕が斉藤和義の大ファンだとはまだ知らないB君は腰を抜かすほどビックリしていた。(笑) 

 

 

しかしまあ、利益などは関係なしに、ただの街のストリートミュージシャンにこんなお願いを出来るAさんっていうのは、ほんとプロモーターの鏡みたいな人である。

よっぽど自分の担当するアーティストに愛情を持っているんだろうなあ。

 

 

 

この後、僕たち3人はいろいろと斉藤和義談義に花を咲かせた。

(その中で、最近僕が買った斉藤和義さんと伊坂幸太郎さんの対談集があるんだけど、その本の出版にAさんが深く関わってるという事を聞いて、なんだか少し不思議な縁を感じた。)

20分ほど話を続けて、では2人がそろそろ会社に戻るという時、僕は

「ほんとこんな遅い時間までお2人共お仕事

おつかれさまでした。」 

と言った。

すると2人は、ニヤリと笑い、

「こちらこそお仕事の邪魔をしてしまってすみませんでした。

おつかれさまです。」

と返した。

 

 

ほんと、この国は「おつかれさま」という魔法の言葉がある素敵な国だ。 

 

 

 

 

と、いうわけで、

僕は何故だか突然、本日12月3日発売の斉藤和義NEW SINGLE「おつかれさまの国」のビクター・SPEEDSTAR公認宣教師に任命されてしまいました。

今後曲をちゃんと覚えて、暇な時などにちょくちょく仕事場で歌って、おじさんやホステスさん達を癒していけたらなと思っています。

今回の話はすごく急いで書いたので、みなさんにちゃんと伝わってるかどうか心配ですが、とにかく僕は今相当興奮してるんです。

だって、あの憧れの斉藤和義さんのプロモーターの方から直々にあんなお願いされたんですよ?

長年仕事を頑張っていると、こんなご褒美があるもんなんですね。

僕の人生の中のかなりの自慢話になりそうです。

Aさんは、「きっと、斉藤本人も喜びます。」と言ってました。

ほんまかいな…。

とにかく、この際、せっかくなんで、みなさんもこの「おつかれさまの国」を聴いてみてください。

 

 

それが大事 Music それが大事

アーティスト:大事MANブラザーズバンド
販売元:ファンハウス
発売日:1991/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

あ、間違えた!(笑)

こっちです。 

 

おつかれさまの国(初回限定盤) Music おつかれさまの国(初回限定盤)

アーティスト:斉藤和義
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2008/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

特に、日頃頑張ってる方、疲れている方などが聴くと、すごく癒される曲だと思いますよ。

たくさんの方に聴いてもらえると、もちろん斉藤さん本人も喜ぶでしょうし、こうなった以上、僕もなんだか嬉しいです。

とにかく、

みなさん、今回はこんなに大急ぎで書いた粗くて読みにくい文章を最後まで読んでくださって、ほんとに

 

 

おつかれさまでした!

(しつこい?) 

 

 

ブログランキング ←ランキングに参加しています。
             応援クリックしてもらえるとすごく嬉しいです

|

« サンジュウニ | トップページ | Like a Rolling Stone »

コメント

う~ん、ステキな話、ありがとうございました。

せっちゃんファンには堪らない、そして そうでない人たちにも 心温まる話ですね。☆
そんなステキな曲に出会えて、幸せですワ。happy02

たかゆきさん。
どうぞ、色々なものを抱えている人たちのために、夜空の下で歌ってあげて下さい。karaoke
そして、聴いた方々が、少しでも笑顔になれるとイイですね。

たかゆきさんも、風邪には注意して歌い続けて下さいネ。
影ながら 応援してます。rock

投稿: エルモ | 2008年12月 3日 (水) 21時19分

すご~いhappy02
この曲夏にCM流れてる時から好きだったんですよ~。
斉藤和義に興味を持つきっかけをくれた曲です。
プロモーターの方から歌ってほしいって言われるぐらいだから、よっぽどたかゆきさんの歌声がこの曲のイメージにぴったりだったんでしょうね~。
聴いてみたいです。

短いCMでもあんなにインパクトあったから、きっと街でも人々の足を止める癒し曲として活躍してくれる曲になりそうですね。
貴重な体験過ぎてびっくりflairしました。

投稿: 遥か♪ | 2008年12月 3日 (水) 22時33分

僕も実は斉藤さんのファンなのです。
ギターの弦を斉藤さんと同じにするという所業を平気でします。
そして、その斉藤×伊坂対談の本も先日立ち読みしました。
立ち読みするぐらいのファンかも知れません。
そして同じく大事MANブラザーズバンドのvo.のアゴの狭さが、高校の時分から気になってました。

COUNTDOWN JAPANにも斉藤さんが出るから参加します。
そして、勢い余って29日のチケットを買ってしまいました。
斉藤さんは30日に出演です。
ありがとう大丈夫ですおつかれさまです。

投稿: 藤井 | 2008年12月 3日 (水) 22時37分

うわぁーい!♪\(>∀<)/♪
たかゆきさん、すごいすごい!!
読んでる私も思わず興奮しちゃいました(≧▽≦)

たかゆきさんに、斎藤和義さんの曲を教えて貰って以来、すっかりファンになってしまった私としましては、自分のことのように嬉しくなりましたよ♪

ああ〜。大阪の人は、たかゆきさんの歌が聴けていいなぁ。
私も一度でいいから聴いてみたいです。

これからますます寒くなるけど、
風邪ひかないように…
たかゆきさんの歌で、道ゆく方々の心を暖めてあげてくださいね(^_-)-☆

投稿: 碧-ao- | 2008年12月 4日 (木) 17時14分

ホントにいい話ですねhappy01

いつどこでどんな人が聴いていてくれるか分からないもんですねscissors

斉藤和義さんがふらっと聴きに来てくれたって話が聴けたら嬉しいなぁ☆

投稿: 真緒 | 2008年12月 8日 (月) 14時55分

なんて素敵なんでしょう・:*:・(*´ー`)
ドキドキしちゃいました♪
Aサンとやら、憎いね。(ノ∀`)目の付け所がいい♪

たかゆきサンの『おつかれさまの国』聴いてみたいな(*´艸`*)♪

毎晩、寒い中おつかれさまです。

ちなみに、タレ目に悪い人はいません!!!
私もタレ目ですから(`∀´)bビシッ!

投稿: ゆーみん  | 2008年12月 9日 (火) 16時00分

コメントのお返事ありがとうございました(*^^*)
こちらこそ、是非仲良くしてください♪♪

日記読んでて鳥肌たっちゃいました!
うちもたかゆきさんのように歌を唄うことに憧れてるんで、そうゆう素敵な縁のあったお話を聞くと一層新しいが強くなります!

本当に素敵なご縁があってよかったですね(*^^*)
全然関係ないうちまで幸せな気分になっちゃいました(笑)
いつかたかゆきさんの歌が聴きたいです(^^)♪

投稿: あーちゃん | 2008年12月11日 (木) 00時24分

あ、間違えました(T^T)

× 新しいが強くなります!
〇 憧れが強くなります!

どんな間違いやねん、って感じですね。。。(^o^;
恥ずかしい。。。

投稿: あーちゃん | 2008年12月11日 (木) 00時27分

遅ればせながら・・・
o(*^▽^*)oお誕生日おめでとうございます♪

2回目のコメントですが、お久しぶりです。
日記が更新されてて嬉しかったです☆

斉藤和義さん、大好きだもんで、
びっくりしました~
ますますたかゆきさんの歌声を聴いてみたくなりました♪♪

32歳の年、さらに素敵なことが
起こりますように・・・゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

投稿: リンダ | 2008年12月14日 (日) 15時06分

うーん。そりゃなかなか素晴らしい話ですね。
そして、見に来てみたら二つも話が更新されていたいうのは初めてで、、

個人的にはそれも嬉しいです。
お誕生日&色々おめでとう。
良い年末を(^^)

投稿: サンミケーレ宮 | 2008年12月16日 (火) 02時36分

遅くなりましたが
あけましておめでとうございます。

斎藤和義さんは
ポンキッキーズで歌を聴いて以来、大好きな歌手です。

晴れた日は出かけよう~
どこか遠くへ~♪
あ、ごめん、これ和田アキ子の歌だった。
インディアン嘘つかない~
よい子になれる~♪
あ、ごめん、これも明らかに違った。
歩いて帰ろうだよね。
うん、あれイイ歌だった(あっさり)

おつかれさまの国は
ラジオでたまたま聴いたんだけど
本当にいい歌で
「悪いことばかりじゃないことも人生で」って所で泣きそうになりました。

おにいの歌声で何人ものサラリーマンの方達が癒やされていることでしょうね。

あ、そういえば
前回のコメントの件ですが
ネットでは言えないことって
何か怪しい関係みたいね(/ω\)ハズカシーィ

なにかい?
大阪の某店で
食べかけのぐっちゃぐっちゃな
カレーうどんをおにいに
渡したこととかかい?
うん、確かにあれはネットでは言えない
ことだよね。

ぐちゃぐちゃのカレーうどんを
平気で渡す奴ですが
本年もどうぞよろしく
お願い致しますcoldsweats01

投稿: 小町 | 2009年1月11日 (日) 23時14分

元気かな〜?冬眠中?^^;
お目覚めを楽しみに待っております(^_-)-☆

投稿: 碧-ao- | 2009年2月 4日 (水) 17時39分

御無沙汰しておりました。
凄いですね!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
斉藤和義さんのアルバム
『FIRE DOG』は僕のお気に入り
アルバムTOP10にいまだに
ランクインしています。(何それ)
公認宣教師、頑張って下さい!

投稿: 良い木 | 2009年2月28日 (土) 23時42分

路上で引っ掛かりました。
とても楽しく読ませて頂きました。
僕もかれこれウン十年流れ者?やってます。
9月頃には関西方面のツアーも計画していますので、必ず探し出してお邪魔しに行きます(笑)
では頑張って下さい。

投稿: 大江健人 | 2009年3月11日 (水) 03時32分

いつも拝見していたのに、
なかなか、コメントをかけずにいたものです。
いつも、楽しませてくださって、ありがとうございます。

なんというか、こういうすてきなこと、すべて、私は、たかゆきさんが呼んでいるのだと思うのです。偶然じゃなく、必然なんじゃないかなって。きっと、お人柄ですよね。誠実な。

更新がある時も、嬉しいですし、
更新がない時も、「便りがないのは、よい便り」と思うようにしています。
だから、思いの向くほうへ、マイペースで書いていってくださいね。

また、わすれたころに、コメントさせていただくかもしれません。
読んでくださってありがとうございました。

投稿: のんのん | 2009年3月30日 (月) 08時55分

どうも!兄さんお久しぶりです!

かえるです。。。

記事のUPした日とだいぶ差がありますが、
コメントさせてください!!


斉藤和義さんは「歩いて帰ろう」くらいしか知らなかったんですが、

何故か最近その曲を無性に聴きたくなって、
CDを借りました。。。

すると何で僕はこんな良い歌手のことを知ろうとしなかったのかと後悔してしまいました。。。


なかでも良かったのは「彼女」という曲でした。


何ですかあの名曲は!!

ps.新しいブログを作りました。(*´Д`*)

投稿: かえる | 2009年4月19日 (日) 01時04分

エルモさん


はじめまして、エルモさん!!
天文学的にお返事が遅くなってしまって申し訳ないです。

こちらこそ、読んでくださってありがとうございました。

ほんと、僕もこんな素敵な曲にあんな形で出会えたことがすごく幸せです。

はい、ボチボチ頑張っていきますので、またお暇なときにでもここに遊びにきてやってください。

エルモさん、優しいコメントどうもありがとうございました。

投稿: たかゆき | 2009年7月 9日 (木) 22時10分

遥か♪さん


遥か♪さん、とんでもなくお返事が遅くなってしまってどうもすみませんでした。

ね、すごいでしょ!
僕自身もこの時は貴重な体験すぎてビックリしました。

けど、僕の声がイメージにピッタリだったのかどうかについては正直自信が持てません。
だって僕、斉藤さんとは似ても似つかぬ声ですから(笑)

遥か♪さん、いつもありがとうございます。

投稿: たかゆき | 2009年7月 9日 (木) 22時19分

藤井さん


藤井さん、せっかくコメントくれたのに、めちゃくちゃ返事がおそくなっちゃってほんとすみません。

フージーが斉藤さんファンなのは昔からもちろん知ってますよ。
大事MANのvoのアゴの狭さも、あなたがなかなかギターを買うことに本腰を入れないことも全部ちゃんと知ってますよ。

斉藤さんの出てなかったCOUNTDOWN JAPANおつかれさまでした。
ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー。

投稿: たかゆき | 2009年7月 9日 (木) 23時09分

碧-ao-さん


お久しぶりです、碧-ao-さん!
ご無沙汰しちゃってすみませんでした。

ね、ね、すごいでしょ!
碧-ao-さんに斉藤さんを教えた僕も鼻高々です。

碧-ao-さん、あれからまたブログやめちゃったんですね。
今は元気にされてますか?
また新しくブログ始めたら教えてくださいね。
いつもどおりコッソリ遊びにいきますから(笑)

投稿: たかゆき | 2009年7月 9日 (木) 23時16分

真緒さん


真緒さん、こんなにもお返事が遅くなってしまってどうも申し訳ないです。

そう、ほんと僕の仕事って、どこで誰が聴いてくれてるか分からないんです。
だから、常に力が抜けないですよね。

うわー、斉藤さん本人がだなんて、想像するだけで鼻血が出そうです!

投稿: たかゆき | 2009年7月 9日 (木) 23時24分

ゆーみんさん


ゆーみんさん、めちゃくちゃお返事が遅くなってしまってほんとすいませんでした。

わーい、わーい!
ゆーみんさんをドキドキさせたー!

そしてタレ目同盟メンバーget(`∀´)bビシッ!(笑)

投稿: たかゆき | 2009年7月 9日 (木) 23時40分

あーちゃんさん


あーちゃんさん、ものすごくお返事が遅くなってしまってほんとに申し訳ないです。

鳥肌までたててくれたなんて、すごく嬉しいです。
そっかあ、あーちゃんさんは歌の道を目指されてるんですね。
憧れを強く持ち続けるのはすごく良いことだと僕も思いますよ。

ほんと、素敵な縁でした。
全然関係ないだなんてとんでもない。
僕が幸せなときに幸せを感じてくれるなんて、それこそすごく幸せです。

あと、そんな間違いはよくありますよ。(笑)
それより、うちのココログちゃん、一度書いたコメントを訂正できなくてすみませんね。
あとで叱っておきます。

投稿: たかゆき | 2009年7月10日 (金) 02時57分

リンダさん


リンダさん、せっかく誕生日までお祝いしてくれてたのに、いつのまにかもう夏になっちゃいました。
猛烈にすみません。

ブログが更新されてるだけで喜んでくれるなんて、リンダさんって天使?(笑)

32歳も残りわずかになってしまいましたが、なんとか素敵なことが起こるように頑張ります。
ありがとうございます。

投稿: たかゆき | 2009年7月10日 (金) 03時05分

サンミケーレ宮さん


サンミケーレ宮さん、毎度ながら返事がこんなにも遅くなってしまってすみません。

さらに、せっかく楽しみにしてくださってるのに、新しい更新にも半年以上もかかってしまいました…。
ほんと情けない。

色々とお祝いありがとうございました。
今年こそもう少し更新増やします。(たぶん)

投稿: たかゆき | 2009年7月10日 (金) 03時11分

小町さん


こちらこそ遅くなりすぎましておめでとうございます。

ほー、こまちんも斉藤さん好きやったんやねー、

って、正直その和田アキ子の歌も次の歌も俺知らん…。
ああ、ジェネレーションギャップ…。(涙)

そう、ほんと悪いことばかりじゃないよ、人生は。
浪花節だよ、人生は。
(ああ、またジェネレーションギャップ…。涙)

それと、確かにあれはびびったね。
だってあれだけ本人が食べたがったカレーうどんなのに、すぐに飽きて俺に渡してきたからね。
しかもお互いまだほとんど初対面だったのにね…。(笑)
いやー、あれはネットでは言えないわ。
うん、言えない。
(言っちゃったけど。)

とにかくこまちん、今年もおにいのことよろしくね。
またオフ会したいね。

投稿: たかゆき | 2009年7月10日 (金) 03時50分

もう一度碧-ao-さん


はい、冬眠中だったけど、ゆっくりと起き上がり始めたところです。

またゆっくり見守ってくれたら嬉しいです。

投稿: たかゆき | 2009年7月10日 (金) 03時54分

良い木さん


良い木さん、こちらこそ大変ご無沙汰してしまってました。

ね、凄いでしょ!

わー、僕も『FIRE DOG』大大好きです!!
なんか、めっちゃ嬉しいなあ。

もう大分たっちゃいましたが、公認宣教師、今年一杯ぐらいまでは出来る限り頑張ります!

投稿: たかゆき | 2009年7月10日 (金) 04時08分

大江健人さん


はじめまして、大江健人さん!!
せっかくコメント頂いてたのに、お返事がこんなにも遅くなってしまって申し訳ありません。

そうですか、楽しく読んでいただいたならこちらも嬉しい限りです。

ただ、僕の歌ってる場所探すのだけは、どうご勘弁を。(笑)

是非またブログの方に遊びに来てやってください。

投稿: たかゆき | 2009年7月10日 (金) 04時12分

のんのんさん


はじめまして、のんのんさん。
お返事が遅くなってしまってどうもすみません。

わー!いつも読んでくださってたんですね!
そんな、コメントなんて気を遣ってもらわなくても、読んでくださるだけで十分に嬉しいです。
こちらこそ、ほんとにありがとうございます。

偶然じゃなくて、必然かあ。
僕は決して誠実ではないですけど、そういう風に考えてもらえると少し自信になります。

ほんと、色々と優しいお言葉ありがとうございます。
はい、これからもできるだけマイペースでこのブログを続けていきたいと思いますので

のんのんさんも、これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: たかゆき | 2009年7月10日 (金) 04時19分

かえるくん


わー、久しぶり、かえるくん!
こっちこそ返事が遅くなってごめんね。

へー、かえるくんも斉藤さんのアルバム借りたんやね。

な!な!いいやろ、斉藤さん。
ほめてもらえると、なんか俺まで嬉しくなるわ。

今度一緒にギターで「彼女」弾こうな。

かえるくん、これからもよろしく!

投稿: たかゆき | 2009年7月10日 (金) 04時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/131602/25860118

この記事へのトラックバック一覧です: おつかれさまの国:

» かえるですがヨロシク。。。 [たそがれ男の頭ン中 森]
皆さんこんにちは。 かえるです。。。 はじめまして、  そしてお久しぶりです。。 [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金) 06時12分

« サンジュウニ | トップページ | Like a Rolling Stone »