« 運命の出会い | トップページ | 見るまえに跳べ »

2008年6月 3日 (火)

一万円とでっぱりと下心

運命の出会いからの続き…

 

とにかくそういうわけで、中洲で弾き語りをする場所を探している最中、ついに外山恒一さんと運命の出会いを果たした僕。

けどもちろん、この時の僕にはこれが運命の出会いだとか、この人が外山さんであるだとかは分かっているはずもない。

興味が止まらなくなっていた僕は、一曲歌い終えるのを見計らって恐る恐るその金髪の男性に話しかけた。

 

「あのー、すみません。
ちょっとお話させてもらっていいですか?」

 

「え?
あー、うん。いいですよ。」

 

彼は、手に持ったギターケースを見て、僕がストリートミュージシャンであることを認識したようだ。

 

「えっと、僕、今日大阪から来たばっかりなんですけどね、
お兄さんはいつもここで歌ってはるんですか?」

 

「あー、うんうん。
だいだいいつもこの辺で歌ってるね。」

 

思ったより気さくそうな人だ。

少し安心した僕は続ける。

 

「それでね、突然ちょっと失礼な質問かもしれないですけど、
この『生活費』っていうのは本当なんですか?」

 

「あー、これね、
本当だよ。」

 

「え!?
じゃ、じゃあ、このギターケースの中のお金もほんまに今日稼いだお金なんですか!?」

 

「そうだよ。
ほんとはもうちょっとあるけど、あんまり多いとあれだから、千円札は何枚か回収してるけどね。」

 

「え、え、え、あ、あの、い、いくらぐらい稼ぎはったんですか?」
   ↑
(明らかに興奮してきてる。笑)

 

「そうだなあ。
今日は今の時点で、1万円以上にはなってるんじゃないかな。」

 

「い、いちまんえん!!!???」

 

 

僕とノリヒサはお互いの顔を見合わせる。

もうわけがわからない…。

一万円といえば、大学生の僕が朝から晩まで必死にバイトして、それでもギリギリ稼げるか稼げないかの金額じゃないか。

そんな大金をこの金髪っつぁんは、今夜の「弾き語り」だけで稼いだというのか?

冗談じゃない!

さすがにそれは嘘にきまってる。

嘘にきまってる、さすがにそれは。(倒置法)

だって彼は、見たところそんな特別な弾き語りをしているわけでもなく、生ギターと生声で座って普通に歌っているだけだもん。

それがどうして1万円もの大金につながるのだ。

意味が全く分からない。

それにこの橋だって、狭い割にはある程度の人通りがあるけど、そんなにべらぼうな数の人が通ってるわけでもないし…。

それを証拠に、さっきから僕らが見ている範囲内では、誰一人として彼のギターケースにお金を入れた人はいないではないか。

そう思うと、彼の、金髪なのに真面目そうなメガネという独特のイデタチさえもなんだかうさん臭く見えてくる。(笑)

うーん、やっぱり嘘だよなあ…。

もうこのまま立ち去ってしまおうかなあ…。

 

 

とはいいつつ、

初対面の僕らにあまりにもあっさりとこんな事を話してくれる彼に対して、僕の興味心はとどまるどころか、もうメーターが振り切れてしまうほどの勢いだったことも事実で、この時、 

嘘だろが何だろうがもっとこの人の話を聞きたい!

と思う僕も一方で確かに存在していた。 

 

それは、若さゆえの(未知なるものへの)探究心からだけではなくて、もしかして初めから決まっていた「運命」のようなものだったのかもしれない。

だって、

これがほんとにすべての出発点になってしまったんだから…。

 

 

そしてこの後、結局僕達はしばらく彼との会話を続けた。

それによると、

彼の名前は外山さん。

27歳(当時)。学年でいうと僕の6つ上。

本人曰く、18歳の時に本を出版して、それが福岡で一時ベストセラーになったらしく、それ以来作家として活動するも、それだけでは到底食べていけないということで、今はこのストリートミュージシャンとしての儲けでほとんど生活しているらしい。

そして、そんな仕事としてのストリートミュージシャン生活をなんともう7年ほど続けているらしく、今やこういうストリート活動には心底アキアキしていると言っていた。

 

へえー、ほんとに変わった人だなあ。

こんな生活をしている人がいるなんて、世の中には僕の知らない世界がまだまだたくさんあるんだろうな。

すごいもんだなあ。

 

とにかく僕は、半信半疑ながらも、彼の言葉一つ一つにいちいち驚きや関心を隠せなかった。

(それでもまだ1万円のことだけは頑なに信じてなかったけど…。)

 

そんな中、ふと時計を見ると、いつのまにかもう10時すぎ。

話をもう少し聞いていたい気もするが、これ以上彼の言う「商売」の邪魔をしてもいけないし、このままじゃ僕もせっかく持ってきたギターの意味がなくなってしまう。
(今日は電車で来たから、終電で帰らないといけないのだ。)

かといって、これ以上場所を探している時間もなさそうだし…。

前回も言ったように、他のストリートミュージシャンや、なにより今この外山さんを見て、とにかく早くここ中洲でギターケースを開けて弾き語りをしてみたいと強く思い始めていた僕は、ここで外山さんにある提案をしてみた。

 

「えっとね、僕もどこかで弾き語りをしようと思ってるんですけど、もし迷惑じゃなかったら、僕もそこのスペースで歌ってみていいですかね。」

 

そして、僕はあるスペースを指差す。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

はい!

突然、ここでその「スペース」についての詳しい解説をします!

ちなみにこれ、完全に今思いついただけです!(笑)

 

えっと、

とりあえず地図で説明しますね。

 

まずこれが、西日本最大の歓楽街、「中洲」。

Photo_2

 

分かります?

ほら、ほんとに川に浮かぶ「中州状」になってるでしょ。

これね。

2

 

この中洲の右下らへんにね、ちょっと見えにくいけど「春吉橋(はるよしばし)」っていう橋があるのが分かりますか。
(分かりにくい人は地図をクリックしてみてください。)

ここね。

3

 

ああ、やっぱりまだちょっと分かりにくいから拡大しますね。

ドン。

Photo_3

 

え?

まだ分かりにくいって?

じゃあ、もっと拡大。

ドンドン。

Photo_4

 

これで分かりました?

このオレンジ色の大きい橋が「春吉橋」です。

それでね、その春吉橋の上にもうひとつ白くて狭い橋があるでしょ。

そう、

この橋で外山さんは歌ってたんです。

そしてこの橋って、2つほどなんか「でっぱり」みたいなのがあるの分かりません?

これです、これ。

Photo_5

 

あのね、この時外山さんはこの右側のほうの「でっぱり」で歌ってたんです。

そして、僕が指差したスペースっていうのが、その左側のほうの「でっぱり」だったわけです。

 

さあ、これで大体イメージつかめましたか。

え?

地図だけじゃまだいまいちイメージつかめてないって?

もう!世話が焼けるなー。

じゃあ最後にこれならどうだ!

ドドドーン!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2_2

 

ね、

分かったでしょ?(笑)

 

はい!

これにて、「場所&スペース」の解説終わり!!

本編に戻ります♡

(なお、「ほんとにどうでもいい解説だった…。」とかいう苦情は一切受け付けません。
僕が楽しかったからいいんです。笑)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

というわけで、よく見てもらったら分かると思うけど、僕が指差したスペースっていうのは外山さんが歌ってる場所からせいぜい2,30メートルぐらいしか離れていない場所だった。

このぐらいの距離だと、お互いの演奏がある程度聞こえてしまって「商売」に影響がでるだろうから、多分嫌がられるだろうなと思い半分ダメモトで提案したんだけど、

外山さんの答えは意外にあっけないものだった。

 

「うん、全然いいよ。」

 

「…え?いいんですか?
ありがとうございます!!
じゃああのー、
僕も外山さんに習って、初めてギターケースを開けて歌おうと思うんですけど、それでも大丈夫ですかね?」

 

「うん、うん。やってみれば。
それで後でどのくらい儲かったか教えてね。」

 

うわー!

なんて気さくでいい人や!!

ある意味この人はほんとに大物なのかもしれないなあ、

・・・・・・・・・・・・・・、

1万円は嘘だろうけど。(←しつこい!)

(ちなみに、もし今の僕が逆の立場なら、初対面の旅人ミュージシャンに対してこんなにフランクに接することなんて到底出来っこない。
すごくめんどくさいし、「商売のジャマだ」と迷惑がっているはずだ。)

 

 

さて、実は僕がその場所で歌おうと思ったのにはある理由があった。

それは、

お金をたくさん儲けているというそのノウハウを盗み見てやろうという単純な下心。(笑)

 

いかにも分かりやすい理由かもしれないけど、この当時いつも「お金」の事でもんもんとしていた僕にとっては、どうしてもその

[ 道で歌を歌う = お金になる ]

という図式が頭の中でうまく理解できなかったのである。

それを、本人のこんなに近くで歌えれば、その様子もうかがい見ることができるだろうし、それと同時に、自分だってもしかして少しはお金を儲けることができるかもしれないと思ったわけだ。

もちろん何度も言うように、まだ信じきれてない部分もたくさんあったんだけど…。

とにかく、1つだけ言えるのは、

 

僕はもう「お金」の事だけで頭の中がいっぱいだったんだ!

 

わー!言っちゃったー!(笑)

 

 

 

さあ、そんなわけで、

20歳、ある夏の夜。

ただ観光に来ただけのはずだったここ福岡で、

僕の今後の人生を大きく左右することになる、初のお金儲け弾き語りが静かに幕を開ける…。

 

 

つづく…。

 

 

P.S.

いやー、また無駄に長くなってしまいましたね。

ここまで頑張って読んでくださった方、どうもありがとうございました。

まだ書いてみないと分からないんですが、この調子でいけば続きもまだまだ長くなる予感がプンプンします。(苦笑)

けどね、もうこれは僕のブログの宿命みたいなものなので、みなさんどうかあきらめてしまってください。(笑)

  

というわけで、

(また無駄に長ーい予定の)次回お会いしましょう。

 

ブログランキング ←ランキングに参加しています。
             応援クリックしてもらえるとすごく嬉しいです

 

「見るまえに跳べ」

|

« 運命の出会い | トップページ | 見るまえに跳べ »

コメント

こんばんは☆いつもありがとうございます。
たかゆきさんの文章を読むのとっても楽しいです☆
なんだか、その場所に行ってみたくなります。
お話の続き、楽しみにしてます。
(^-^)

投稿: cocoa | 2008年6月 3日 (火) 22時58分

させていただきました。
させていただきましたとも、地図のクリック!

倒置法まで駆使しての思い出日記、、
今年一杯かかってもいいから続きを読みたい。

そんな気持ちで一杯です
↓に抱き合って泣いているイラストがありますが
一読者として、まさにそんな気持ちですわ。

投稿: サン・ミケーレ宮 | 2008年6月 4日 (水) 01時05分

『ここで終わりかょッ!!!』
と、せっかちな私は一応ツッコミ入れときます♪
(*´ー`)

1万円は、そりゃ惹かれますよね!魅力的ですよね!!
さて、実際は・・・
続きが楽しみです( ̄ー ̄)

じらし上手な、たかゆきさんから目ぇ離せませんなぁ~~~(ΦωΦ)フフフ!

また覗きますね♪
壁|ω・`)ノ”

投稿: ゆーみん | 2008年6月 4日 (水) 10時33分

(^w^) ぶぶぶ・・・
今日は私、たかゆきさんの文章に
思い切り返事しながら読んでしまいましたよ。
マジですよ。パソコンに向かって、ひとり喋ってました(^^;;

>橋があるのが分かりますか。
うんうん。わかるよ~(*^。^*)

>クリックしてみてください。
いやいや、クリックしなくても見えたから(笑)

>拡大しますね。
いや、もう見えたからええて・・・(; ̄ー ̄A

ってな調子で(笑)
いやぁ、楽しませて頂きました。

「お金」の事だけで頭の中がいっぱいだった
たかゆきさんのお話で、
こんなにも癒され、心が洗われる気分になるのは何故だろう^^;

投稿: 碧-ao- | 2008年6月 4日 (水) 11時11分

地図の解説、堪能しましたsmile
僕もよくグー○ルとかの地図を無意味に
拡大したりして遊んでますが
何であんなに楽しいんでしょうかね?
話の続きを地図を拡大しつつ待ってます。

投稿: 良い木 | 2008年6月 5日 (木) 03時31分

もしかして僕の薄汚いブログにわざわざコメントを書いて頂いたのはたかゆきさんでしょうか?(違ってたらほんとすいません。)
前々からたかゆきさんのブログを見させて頂いてました。むしろ全て読破しました。
その劇的なストーリーに何度も感動させられてしまいました。その度にコメントを残そうとしましたが、僕はとても恥ずかしがり屋なので残せませんでした。むしろこのまま消えてなくなりたいとまで思ったものでした。(?)
様々な体験をされていて、しっかりと中身のあるたかゆきさんのブログが中身のないブログを意味もなく書いてる僕にとってはとても羨ましいのです。嫉妬すらしているのです。このまま消えたいです。
リンクまでして頂いてありがとうございます。とても嬉しかったです。
僕も、リンクさせて頂きます。
僕の夢は、たかゆきさんの生歌で松山千春の「恋」を聴くことです。厚かましいですが、本当に夢なんです。もし、その夢が叶った暁には、このまま消えてなくなりたいとまで思うこと必至でしょう。
これからも、ブログの更新を楽しみにしています!よろしくお願いします!

投稿: やま | 2008年7月 9日 (水) 02時06分

元気かなぁ~~?
長いこと姿がみえないので
寂しいです(・・、)
夏バテしないで頑張ってね。

投稿: 碧-ao- | 2008年8月 8日 (金) 08時47分

続きはまだか!

まだなのかあ~?!?!

投稿: サンミケーレ宮(任意) | 2008年8月13日 (水) 01時50分

cocoaさん

お返事遅くなりすぎちゃってすみません。

cocoaさんの文章こそ、いつも僕は癒されてるんですよ。いや、ほんと。

そして、ようやく続きが書けたので、またお暇な時にでも読んでみてくださいね。

投稿: たかゆき | 2008年9月10日 (水) 07時44分

サン・ミケーレ宮さん


サン・ミケーレ宮さん、ありがたいお言葉、いつもほんとにありがとうございます。

サン・ミケーレ宮さんが今年一杯かかってもいいからとおっしゃってくれたんで、僕それに甘えて、ほんとに続きがこんなに遅くなっちゃいました。(笑)

せっかく楽しみに待っていただいてたのに、一作者として、ほんとに申し訳ない気持ちで一杯です。

投稿: たかゆき | 2008年9月10日 (水) 07時50分

ゆーみんさん


ね!1万円惹かれるでしょ!

僕も初め、腰抜かすほどビックリしたんですから。

そして、せっかちなゆーみんさんをじらしてしまってすみませんでした。(笑)

ようやく続きを書き終えたので、また読んでやってくださいな。

投稿: たかゆき | 2008年9月10日 (水) 08時33分

碧-ao-さん 改め kaoru*さん

どうもご無沙汰しちゃってすみませんでした、碧-ao-さん、じゃなくてkaoru*さん。(笑)

そっか、僕、kaoru*さんに、パソコンに向かってそんなツッコミをさせてしまってたんですね。
その姿、誰かに見られてなかったらいいですけど…。(笑)

僕の話なんかで、kaoru*さんが癒されたり、心が洗われたりするだなんてなんだか恐縮です。
だって、僕、心の中はいつも悪魔がいっぱいうごめいてますよ。(笑)

投稿: たかゆき | 2008年9月10日 (水) 08時46分

良い木さん


おお!やっぱり良い木さんも、ああいう地図で遊んじゃうんですね。
なんか嬉しいです。

僕はこの時、初めてこういう機能に気付いて、あまりにも楽しくなっちゃって、こんな結果になりました…。(笑)

ほんと、地図で遊ぶって、なんて楽しいんでしょう。
(何の話?笑)

投稿: たかゆき | 2008年9月10日 (水) 08時56分

やまさん


わお!やまさん!!

やまさんが僕のブログを全部読んでくれてたなんて、まるで夢のようです。

嫉妬だなんて、むしろこっちのセリフです。
なんせ、僕はやまさんのブログが日本で一番面白いと思ってるんですから。
いや、まじで。

リンクは、その名の通り、極一方的なものだったから、そんな気を使ってもらわなくていいのに…。


「恋」かあ…。
S助さんのとこ読んでくれたんですね。
どうしよっかなあ…。
やまさんが大阪まで来てくれたら考えます。(笑)

ブログ、こちらこそこれからも楽しみにしてます。
いつかほんと会いましょう。

投稿: たかゆき | 2008年9月10日 (水) 10時26分

碧-ao-さん 改め kaoru*さん


kaoru*さん、その節は、せっかくメール頂いてたのに、返事も出来なくてすみませんでした。
ちょっと、病んでたもので…。(苦笑)

けどね、コメントは出来なくても、kaoru*さんのブログはいつもこっそり見てたんですよ。
kaoru*さんがどんどん斉藤和義好きになっていくのを見て、一人ほくそ笑んでました。(笑)

kaoru*さん、寂しがってくれてほんとありがとうございました。
これからもどうぞ仲良くしてやってくださいね。

投稿: たかゆき | 2008年9月10日 (水) 10時34分

サン・ミケーレ宮さん


やっと続き書けましたよ~!!!(笑)

投稿: たかゆき | 2008年9月10日 (水) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/131602/21237203

この記事へのトラックバック一覧です: 一万円とでっぱりと下心:

« 運命の出会い | トップページ | 見るまえに跳べ »