« ハーツクライ | トップページ | 仁義なき戦い 第二章 »

2007年1月29日 (月)

仁義なき戦い 第一章

今日は、5年前の日本一周一人旅の時の岩手県でのお話です。

以前にも少しだけ説明したことがあるが、この日本一周の旅というのは、各地の飲み屋街や繁華街で弾き語りをしてお金を稼ぎ、そのお金で大阪に残してきた部屋の家賃旅の資金などをやりくりしながら移動していくという旅だった。

しかし、この旅の目的は半分以上「観光&心の洗濯」にあったので、別に毎日のように弾き語りをしていたわけではない。

一週間ぐらいまとめて弾き語りをして、次の一週間を観光にあてる、というようなサイクルを大抵は繰り返していたのである。

2002年6月の初め頃、僕は日本の太平洋側北上していた。

先日までに2週間以上宮城県を堪能していた僕は、次に岩手県に突入した。

通常なら、さっそく盛岡市(岩手県)の大きい繁華街や飲み屋街を探して一週間ほど弾き語りをするところなのだが、実はこの前の仙台(宮城県)の巨大飲み屋街「国分町」での弾き語りが予想以上大盛況で、今のところ僕にはまだ大分お金に余裕があった。

何度も言うが、旅の目的は「観光&心の洗濯」なので、こんな風にお金に余裕がある時まで、お仕事弾き語りなど、したくはな~い。

まっぴらゴメンだ。

だから今回は、まず岩手県を好きなだけ観光&堪能して、お金が無くなってきたところでやっと弾き語りをはじめようという、変則サイクルを採用することにした。

お金がなくなってから弾き語りをするなんて、

「初めての土地なので儲けることができる保証などどこにもないのに、ほんとに大丈夫かいな?」

と、今冷静になって考えると思うけども、その時の僕は仙台での成功が頭に残っていて妙に楽観的になっていたのである。

とにかくそういうわけで、さっそく僕は4000円近くも出して盛岡名物「わんこそば」を食べたり、

_025 _026 _027 
(当時の写真そのものをデジカメで撮ったので、画質は少し粗いです。大きく見るためには各写真をクリックしてみてください。)

「小岩井農場」をまわったり、

_028 _068_1 _029

「げいび渓」と呼ばれる渓流をで下ったり、

_030 _031 _083

「厳美渓」と呼ばれる不思議な渓谷の遊歩道を馬車に揺られて渡ったり、

_067 _032 _033

日本三大鍾乳洞のひとつ「龍泉洞」を探検したり、

_057 _036 _037

宮沢賢治の故郷「花巻市」で彼のことを勉強したり、

_038 _040 _069

「浄土ヶ浜」と呼ばれる美しい海岸に行ったり、

_041 _042 _066

「巨釜・半造」と呼ばれる断崖にある景勝地に行ったり、

_043 _084 _044

釜石市の「大観音」を拝んだり、

_058 _085 _059

大昔、が残していったと言われるなんともうさんくさい「手形」を見たり、

_079 _080 _081

前沢市で「前沢牛博物館」に入って牛のう○この標本を見たり、

_053_1 _054 _056

「炭鉱」をテーマにした古びたテーマパークでひとり失笑したり、

_045 _046 _076
_074 _075 _073
_047 _077 _078
_050 _048_1 _071
_051 _049 _072

などなど他にも、

_063 _061 _060

とにかく一週間くらいにわたって岩手県をゆっくりと満喫したのであった。
(その間もちろん、ずーっとひとり…。泣)

そういう贅沢を一週間も続けることによって、余裕のあったはずのお金も当然底をついてくる。

もちろん(?)、当時貯蓄などほぼ無い状態で旅を始めていたので、その時点でわずかに残っていたお金が、僕の全財産である。

さあ、そろそろ本格的にお仕事弾き語りを始めないことにはどうしようもなくなってきた。

お金がまったく無くなれば、僕は、大阪から遥か遠く離れたここ岩手県で本当に路頭に迷ってしまうことになるのだから…。

しかしまあ、若気のいたりというかなんというか、実につな渡り状態の旅である…。(苦笑)

そうして次の日の夜、僕は盛岡市内の「大通り商店街」という岩手県随一の繁華街で弾き語りをすることにした。

本来ならいつもは「飲み屋街」の路上で仕事をするんだけど、ここ盛岡の飲み屋街は、その大通りに並行した通りにあって、その道は少し狭くスペースが確保できそうもなかったので、横の大通りを選んだのである。

けど、飲み屋街に入るためには、みんな一度この大通りを通ることになるから特に問題はなさそうだ。

とにかく僕は、早めの時間から大通りをすみからすみまで探索して、弾き語りの第六感を働かした結果、どうにかこうにか一番儲けることができそうな一角を見つけた。

午後8時30分頃、僕はその場所で弾き語りの準備を始める。

ああ、しかしいつもの事とはいえ、初めての場所での弾き語りはほんとにほんとに緊張する。

こうして準備している間にも、行き交う人々の不審そうな目好奇の目が、痛いほど僕に突き刺さるのだ。

そんな中でも、確実に、お金は儲けなければいけない。

そこに、この旅の存続生活がかかってるんだから…。

しかし、それがどれだけの緊張とプレッシャーになることか…。

うえ~ん。(涙)

けどそれは、全部自分で決めた事なんだから、もうウジウジ言ってても始まらない。

よしっ、いっちょ本腰入れてやったるか!

午後9時、ドキドキの弾き語りスタート。

さっきまでウジウジ言ってた僕も、なんだかんだいって仕事が始まればもう別人

その時に出来る100%の力で歌を歌い、100%の笑顔で道行く人に声をかけ、100%の演技(笑)で愛想をふりまく。

そしてそのおかげで、お金を入れてくださるお客さんを次々とゲット

・・・・・・・・・・。

と、

ほんとは言いたいところだが、

なんだかちょっと様子がおかしい…。

実は僕は旅中はいつも、ギターケースの内ぶたに大きく

「大阪を出発して、日本縦断中です。」

みたいなことを書いた紙を客寄せのために貼っていて、

盛岡のみなさん、僕みたいな存在が珍しいのか、それをこぞって食い入るように見るには見るんだけど、いざこちらが声をかけると、「いや、私はいいです。」っていう感じにみんな照れるようにしてその場からすぐに立ち去っていってしまうのだ…。

うーん。

もしかして、岩手県というのは、みなさんものすごく内向的お国柄なのだろうか。

これは、仕事としては、ちょっとやりにくいかも…。

まあそれでも、ここで少しでもお金を稼がないことには全く身動きがとれなくなるわけだから、今から一週間くらいの間にだんだんと、岩手県特有のお客さんに対するコツみたいなものをつかんでいって、頑張るしかない。

いい意味でも悪い意味でも、お客さんの質が地域によって全然違うことなんて、旅を始めた当初からすぐに気付いていたことなのだから。

そう心の帯をもう一度締めなおした僕。

そして、わずか1時間後の午後10時頃。

そんな僕の決意を鼻であざ笑うかのような出来事が起きる…。

それはまるで、漫画安い「Vシネマ」を見ているかのような光景だった。

若い二人の男が血相を変えて、すごい勢いで僕が歌っている所に向かって走ってきたのだ!

彼らはどこからどう見ても、本物

ヤ ・ ○ ・ ザ ♡

つづく…。

 

「仁義なき戦い 第二章」

|

« ハーツクライ | トップページ | 仁義なき戦い 第二章 »

コメント

(。☉益☉)
(。☉益☉)
や、ヤク●!!!??
こわーーーー(;☉ฺд☉ฺ)
だ、大丈夫だったんですか???
でも、ここで生きてるってことは大丈夫なんですよね・・・汗
ああでも、ヤクザの格好をしている劇団の人かもしれないし。。。笑
うぬぬぬーー・・・
謎が深まるばかりですなーーー(。-`ω´-)

投稿: ショコラ | 2007年1月29日 (月) 10時40分

えぇ!!!Σ( ̄Д ̄;)
また、めちゃくちゃ気になるところで終わってるし・・・。
ヤク○屋さんが血相変えてって、かなりやばいのでは!!??
でも、現在無事やから日記書いてるんですよねwww
でも、当時はさぞ・・・((;OДO)))ガタガタ

ちゅうか、観光が凄い羨ましいです♥(。→v←。)♥
うち、気ままに一人旅とかしてみたいですwww

投稿: こまっちゃん | 2007年1月29日 (月) 14時50分

はじめまして。
少し前mixiの足跡から来ちゃいました(つω`*)テヘ
一気に全記事読んでしまいましたw
僕は競馬が好きなのでパンチクリスマスはツボでしたww
楽しみに更新待ってます^^

投稿: ゆすけ | 2007年1月29日 (月) 22時44分

つっ・・、続くのかいっww!!

あー。私も炭鉱のテーマパークいきたい。
恐ろしくこわい人形のおっさんに会いたい。
営業中なのに、やってないスライダーにどーーしても乗りたい。
振り向いた友達の顔が宇宙人だという表札を訳もなく愛おしく思いたい。

いいなー。いいなー。炭鉱テーマパーク。いいなー。

投稿: よしこ | 2007年1月30日 (火) 00時12分

…うぅ〜ん…
たかゆきさん、こんばんは…

こんな時間に、炭鉱テーマパークの写真見なければ良かった!!
(しかもクリックしなければ良かった…怖いヨーーー!!
顔色悪いよ…)

たかゆきさん、かなりのボウケンジャーですね。
一人で椀子そばとか、渓流くだりとか…なかなか出来ないですよ!!
そして、ヤクザ…

続き、楽しみにしています…

投稿: チュン | 2007年1月30日 (火) 02時09分

くっそう!
わかっていながらまた
「つづく・・・。」の文字に
激しくショボリーンです。
もうじらされないぞぅ。

投稿: じゅんち | 2007年1月30日 (火) 20時07分

鬼の手形、うさんくせぇー!
誰の手でもいいんじゃないか?
と思ってしまいました☆

やだ!
やっちゃんに遭遇??
それが、うちのお父だったらごめんね♪
(うちのパピーは見た目がめちゃくちゃ怖い。
24のパーマー大統領にそっくり)

とにかく次が気になりますぅ★

投稿: 小町 | 2007年1月30日 (火) 21時39分

え~!いつもいいところで終わる~ρ(。 。、 )
それでも、とても行ってみたいと思っていた岩手に
行った気分になりました♪

投稿: さりな | 2007年1月30日 (火) 22時53分

はじめまして。うらやましいなあ、なんて思いながら呼んでいたら・・・ヤ○ザ登場ですか!

投稿: エピクロス | 2007年1月31日 (水) 11時18分

たかゆきさん、こんばんわ☆
そうですよね~お国柄に合わせるのって、結構大変かも。
しかし、先行きを気にせず、お金を使いまくるなんて、
本当に、とっても若かったんでしょうね・・お頭が(笑
でもそれが、たかゆきさんのいいところですよw
またまたヤ○ザ登場?!負けるな、たかゆきー!!

投稿: やいちゃん | 2007年2月 2日 (金) 23時29分

ショコラさん

こわいでしょー。(笑)

もう、ほんとにあの時は震え上がりましたよ。
一体、何が起きたんや、って感じで。

しかし、ほんとこんな仕事を長く続けてると、いろんな事が起こりすぎて、体がもちません…。(苦笑)
今生きている事が不思議なくらいです。←大げさ!

そしてもちろん、この2人は正真正銘「本物」の

ヤ・○・ザ で・す ♡ (笑)

投稿: たかゆき | 2007年2月 5日 (月) 02時32分

こまっちゃんさん

いつもいつも途中で終わらせちゃって、どうもすみません…。
相変わらず、書くのが遅いもので…。(汗)

そう、おっしゃるとおり、ヤ○ザ屋さんが血相を変えてるっていうのは、かなりやばいと僕も思います。(笑)

今はなんとか無事ですが、その時はあまりにも突然のことで、ほんとに生きた心地がしませんでした。

観光、羨ましいですか?

けど、想像してみてください。
半年間、ずっと「ひとり」ですよ…。(涙)

投稿: たかゆき | 2007年2月 5日 (月) 02時44分

ゆすけさん

はじめまして、ゆすけさん!!!

なんと、一気に全記事ですと!?

それはそれは、ほんとにお疲れ様でした。
僕の事を少しでも分かっていただけたと思うと、すごく嬉しいです。
ありがとうございました。

なるほど、ゆすけさんは競馬がお好きなわけですね。
気が合いそうです。(笑)

ゆすけさん、これを機に、これからも是非仲良くしてやってくださいね。

投稿: たかゆき | 2007年2月 5日 (月) 02時51分

よしこさん

よしこさん、毎度毎度同じツッコミをさせてしまって、どうもすみませぬ。(笑)

ふふふ、炭鉱テーマパークいいでしょー。

けど想像してみてください。
あのテーマパーク、土地があり余ってるのか、思ってるよりめちゃくちゃ広いんです。
そんな広いテーマパークの中で、あの日は、お客が僕ひとりだったんですよ。
僕ひとり…。

そんな状況で、ひとり真っ暗な炭鉱の中を探検してると、笑えるはずのものも笑えなくなってきます。
さらに、あの炭鉱、ご覧の通り、もうハチャメチャ。

途中までは、ちゃんと昔の「炭鉱」の説明をしてるんだけど、途中からは突然意味不明の「宇宙論」について語りだしたり、変なジオラマをバックにレーザー光線が飛び交ったり、写真には載ってないけど、突然石器時代の恐竜が動きだしたりと、もうお祭り騒ぎ…。

とってもじゃないけど、ひとりじゃ全部抱えきれません!(笑)

営業中なのに全くやってる気配のない数々のサブイベントたちにも、僕ももう一度リベンジしたいので、よしこさん、いつか一緒に岩手行きましょ。(笑)

投稿: たかゆき | 2007年2月 5日 (月) 03時15分

チュンさん

ああ、チュンさん。
深夜に、あんな恐ろしくリアルな写真クリックさせてしまって、猛烈にすいませんでした!(笑)

けどあそこのテーマパーク、真っ暗な炭鉱の中に、他にもうじゃうじゃリアルなロウ人形達が乱立してるんです…。
それはそれは、すごい光景ですよ…。(笑)

そう、僕は子供達のヒーロー、ボウケンジャーブルーとして、当時はいろいろと精力的に冒険していたんです。
もちろん、わんこそばもひとり、渓流くだりもひとり、しゃべる発言も全部独り言…。

そして、この旅の写真はほんとに大量にあるんですが、いかんせんこのボウケンジャーブルー、写真を撮るのもほぼひとりだったので、自分が写っている写真がほとんどありません…。

つまり、当時ボウケンジャーブルーが戦っていたのは、「孤独」という名の敵だったんです…。

そして、次回、「ボウケンジャーブルーVSヤ○ザ型ショッカー」も、こうご期待。(笑)

投稿: たかゆき | 2007年2月 5日 (月) 03時41分

じゅんちさん

じゅんちさん、すみません、そんなに激しくショボリーンさせちゃって。(笑)

今回も、どう考えても一回じゃ書き切れそうもなかったもので…。

これからもこういうパターンは多々あるとは思いますが、どうかこれからも、こんな僕を許してやってくださいませ。お代官さま。

投稿: たかゆき | 2007年2月 5日 (月) 04時05分

小町さん

そうやろ。
この鬼の手形、ものすごくうさんくさいやろ。(笑)
けどね、ほんまに誰の手でもいいんじゃないのと思ってしまうけど、真夜中に、ひとり神社でこの手形見たら、けっこう怖いものがあるのよ…。(笑)

あれま!
あのやっちゃん、もしかして、こまちんのパピーだったの!?
そりゃ、えらいこっちゃ。
ちゃんと挨拶しとけばよかった。
「どうも、小町の兄です。」って。(笑)

投稿: たかゆき | 2007年2月 5日 (月) 04時51分

さりなさん

ほんと、毎度毎度すみません。(笑)

いつも自分なりに頑張ってはいるんですが、なかなか一回では全部書き切れなくて…。

けど、これを見て、岩手に行った気分になったっていうのは、すごくすごく嬉しいな♪

投稿: たかゆき | 2007年2月 5日 (月) 04時55分

エビクロスさん

はじめまして、エビクロスさん!!

そう、楽しい事はなかなか長くは続かないものなんですね。

それにしても、よりによって、ヤ○ザ登場ってねえ…。(苦笑)

投稿: たかゆき | 2007年2月 5日 (月) 04時58分

やいちゃん

ほんと同じ日本なのに、ちょっと地域が変わるだけで、お国柄ってガラッと変わっちゃうんですよねえ。
まあ、それを味わうのが、旅の醍醐味のひとつでもあるんでしょうけどね。

そう、とっても若かったんですよ。…頭が

って、コラー!(笑)

それがいいところって、フォローにもなってません…。(涙)

とは言いつつ、今でも、先行きを考えずにすぐにお金を使いまくっちゃうんですけどね。
ああ、情けない…。(苦笑)

やいちゃん、どうか僕のお金の管理をしてください!(笑)

投稿: たかゆき | 2007年2月 5日 (月) 05時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/131602/5079867

この記事へのトラックバック一覧です: 仁義なき戦い 第一章:

« ハーツクライ | トップページ | 仁義なき戦い 第二章 »