« パンチクリスマス | トップページ | 時代 »

2006年12月27日 (水)

パンチクリスマス・2

パンチクリスマスの続き…

そして、12月24日当日。

約束としては、午後6時半にJR芦屋駅(関西一の高級住宅街)で秘書の方と待ち合わせという事になっていた。

今回、機材はいつも僕が路上で使っている物一式で演奏する事になっていて、電車で行くには荷物が多すぎるので、僕はレンタカーを借りて芦屋に向かう予定でいた。

僕の家から芦屋までは、高速道路を使えばだいたい3,40分の距離である。

まあけど今日はクリスマス・イブだから、道が混んでいて、もう少しかかるかもしれないけど。

午後4時すぎ、僕はレンタカー(マツダのデミオ)を借り終え、家でギターの弦を張り替えたりと、いろいろと準備をしていた。

そんな時、突然パンチさんからの電話が鳴る。

「おう、たかゆき!
お前、今日は分かっとるやろな!」

分かっとるも何も、あなたのおかげで、この10日間僕はどれだけ憂鬱やったことか…。(苦笑)

「もちろん、分かってますよ。」

「そんでな、お前、メシまだやろ。
ウチで食え。な。
それから歌え。な。
だから、今すぐこっちに向かえや。な。
駅に着いたら秘書に電話せえ。
分かったか。
じゃあな。」

ガチャン。プー、プー、プー…。

・・・・・・・・・・・。

あれ?僕、まだご飯食べてないも何も返事してないよ…。

まあ実際、まだご飯は食べてないし、お腹もペコペコやからいいけど…。

相変わらず豪快な人である。(笑)

けど待てよ。

そういえば、この前パンチさん、パーティーにはイタリア料理のコックさん達を呼ぶとかなんとか言ってなかったっけ?

うひょー。

それを、僕も食べれるの?

こりゃ、オイシイ話だわ。

行く行く。

すぐに行かせてもらいますよ。

そうして僕は、すぐにすべての準備を終わらせ、荷物を車に詰め込み、デミオちゃんのアクセル全開でニヤケ顔のまま急いで芦屋に向かって出発した。

車中、昨日までの憂鬱は分かりやすくどこかに吹き飛んで(笑)、頭の中はイタリア料理の事でいっぱい。

きっと、パンチさんクラスのパーティーやから、ものすごい豪華高級なイタリア料理がいっぱい出てくるんやろなあ。

ふふふ。

これは、歌の仕事の依頼を受けた僕の特権やで。

たまにはこういう仕事も受けてみるもんやなあ。

ふふふ。

イタリア料理、イタリア料理っと♪

あれ?

ところで、イタリア料理ってどんなんやったっけ?

パスタやろー。

ピザやろー。

・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・。

ピッツァやろー…。

スパゲッティーやろー…。

・・・・・・・・・。

あかん…。

ほ、ほとんど知らん…。(汗)

まあ、ええがな、ええがな。(笑)

きっと、そりゃもう、とびっきりイタリア~ンな料理が並ぶんやろう。

特製フェラーリ・ピッツァ

とか

シェフのきまぐれ、セリエA風パスタ(季節のロベルト・バッジョを添えて)

とかね。

うん。

とにかく僕は、大急ぎで車を走らせたのであった。

芦屋駅に迎えに来たのは、秘書のKさんの運転する超高級ベンツだった。

(やっぱり本物は、僕の愛車のチャリンコベンツ君とはえらい違いだ。笑)

秘書のKさんは、今までも何度かお見受けしたことのある、ちょっと小太りな30代後半ぐらいの男性。

けど、実は僕、この人、前からちょっと苦手なんです…。

パンチさんの前ではいつも僕に対してもニコニコしてるんですけど、パンチさんが歌を聴き終わって立ち去る時に、(パンチさんに分からないように)スキを見計らって、たまにすごいイヤミな事を言ってきたりするんです…。

今日は、なんだかニコニコしてますけどね…。

「あっ、たかゆきさん、お車で来られたんですね。
じゃあ、今からご案内しますので、私の車の後ろをついてきてもらえますか。」

「あ、はい。分かりました。」

そういうことで、僕のデミオちゃんは高級ベンツさんの後ろをついていくことになった。

まず、ベンツさん走り出す。

デミオちゃんも続いて走り出す。

ブーン。

あれ?

いきなり車間距離がすごい空いちゃうぞ…。

あっ、そうか。

デミオちゃんとベンツさんでは車の性能が全然違うから、加速力に大分差が出るわけやね。

こりゃ俺も、頑張って運転しなあかんな。

けどKさんも、少しは気を使ってくれてもいいものを…。

しかたないので、とにかく僕はベンツさんに置いていかれまいと、普段より集中してアクセルを多めに踏んで何とか対応した。

ただ今の時間、午後5時半すぎ。

ベンツさんは夕方の芦屋の街をスイスイ軽快に飛ばす。

僕は逃げる獲物を追いかけるように、必死にデミオちゃんでついていく。

しかし、すごいスピードだ。

しまいに警察に捕まるで…。

黄色信号でもお構いなしである。

おいおい、後ろのデミオちゃんの事も少しは考えてくれよ…。

普通、先導車は黄色信号は止まりませんか?(苦笑)

それとももしかして、わ・ざ・と?♡

しばらく走ると、車は山道に入った。

なるほど、芦屋のすぐ横の六甲山地の上にお家はあるわけやね。

あの辺りは高級住宅が多いって聞くもんなあ。

うん。

しかし、今はそんなことよりも何よりも、山道に入ると、ますます車の性能の差が如実に表れてきたことを何とかしなければ…。(笑)

ベンツさんは急な上り坂の細いクネクネ道を、ここぞとばかりに楽チンに飛ばしまくる。

デミオちゃんは、ギアをローに入れて、アクセルを全開に踏み切っても、何とか追いつくかつかないかなのだ。

さらに、Kさんは何を考えているのか、山道特有のかなりきつい急カーブを、さっきからすごく、

「攻める」!

この意味分かるかなあ。

つまり、F1とかのモーターレーシングのコーナリングでの基本である、「アウト・イン・アウト」をこんなところで実践しちゃってるわけですよ。

カーブの初めではアウトコース寄りを、中ほどではインコース寄りに、そして最後はまたアウトコース寄りを走る、っていう具合に…。

それも、すごいスピードで…。

一体、何のため?(笑)

僕から逃げてるの?

道案内してくれてるわけじゃないの?

それともこれ、頭文字Dごっこ? (分からない人、すみません。)

リアルマリオカート

あ、そういえば、Kさん小太りやから、なんか「ドンキーコング」に思えてきた。

待てー、ドンキーコング!!

これ、俺がマリオやったら、絶対に投げつけて、こかしたるのに…。

チキショー!!(笑)

とにもかくにも、この後15分くらいこの理不尽なマリオカートカーチェイスは続いて、ようやく道が穏やかになったある場所で、ベンツさんはハザードを出して、止まった。

続いて僕も止まる。

ふう~。

あたりは、もう真っ暗である。

やっと着いたのかなあ。

しかし、目をこらして見ても、そこには何やら大きなホテルのような施設があるだけだ。

どうやら、違うっぽいな。

その時、ベンツからドンキーコングが降りてきて、僕にこう告げた。

「着きましたんで、中の駐車場にお車を止めてください。」

え?

え~~!!

こ、ここが、お家!?

こんなん、どう見てもホテルやん!

お城やん!!

アミューズメントパークやん!!!

侮るなかれ、

恐るべし、パンチマネー!!!!

また、つづく…。(ごめんなさい。涙)

|

« パンチクリスマス | トップページ | 時代 »

コメント

つ・・つぐくのかいぃ!

俺の前は、なんびとたりともはしらせねーーっ・・でしたっけ?

マリオカートごっこ。私はバナナ役ででたかったなー。

投稿: よしこ | 2006年12月27日 (水) 23時28分

続くんですか!!!???Σ( ̄Д ̄;)

クリスマス熱が冷める前にって書かれてたのに(笑)

頭文字D並みって・・・・かなり凄いんですけど!!!!!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

続き楽しみにしてますwww

投稿: こまっちゃん | 2006年12月28日 (木) 00時11分

よしこさん

つ、つづくのです!
毎度ながらすみません。(笑)

そして、僕、「頭文字D」の名前を使っといてなんですが、この漫画一回も読んだこと無いのであります!(笑)
これまた、すみませぬ。

マリオカートごっこ。
やっぱり、よしこさんは「ヨッシー」でしょ!
そのままですけど…。
これまたもひとつ、すみません…。(笑)

投稿: たかゆき | 2006年12月28日 (木) 07時42分

こまっちゃんさん

そう、続くんです!(笑)
僕、ほんとに書くのが遅いもんで…。
さらに困った事に、書き始めると、いろいろと細かく細かく書きたくなっちゃうんですよねー。
だから、とってもじゃないけど、いつも一回では書き切れなくなっちゃうんでございます。

やっぱり、もうクリスマス熱冷めちゃいましたかねえ…。
(笑)

しかし、あのカーチェイスほんとにすごかったですよ。
もう、二度と体験したくはありません…。(苦笑)

こまっちゃんさん、続き、もうちょっと待っていてくださいね。

投稿: たかゆき | 2006年12月28日 (木) 07時48分

前回の内容といい、面白すぎます!
(たかゆきさんにとったら大変だったのでしょうが・・)

それにしても、本当にいろんな経験されてますね。
ストリ-トミュージシャンって、いろんなお客にからまれて大変な事も多いんですね・・ 

私も競馬をかじる程度にしますが、パンチさん誰だろう??
気になる・・ 完全にヤ○ザですね・・
もし今度、六甲で暴走ベンツ見かけたら、ついて行ってみようかな(笑)

投稿: 太陽の塔 | 2006年12月28日 (木) 12時04分

mixiの足跡から来ました。
めっちゃおもしろいですね!
いや、たかゆきさんは必死だったのかもしれないけど。
早く続きが読みたいです。
またのぞきにきます!

投稿: miki | 2006年12月28日 (木) 19時04分

mixi足跡よりきました。久々におもしろーいブログに出会った気がします。またきますね~

投稿: さりな | 2006年12月30日 (土) 00時20分

たかゆきさん、お帰りなさい。
足跡残してくれてありがとうございました!
こちらから覗きまくると、なんとなくブログを催促
している様で、しばらく見ないようにしていたんです。
そうしたら、話がどんどん更新されてて・・(笑
ビックリしたのと同時に、とても嬉しかったです。

たかゆきさん、彼女いらっしゃらないんですね。
まずそれがとても意外!!
そしてヤ☆ザさんとどんなクリスマスを過ごしたのか、とても
気になりますヾ(o◕ฺω◕ฺ)ノ
早く続きが読みたいな~♡

投稿: やいちゃん | 2006年12月30日 (土) 23時44分

頭文字Dごっことマリオカート・・・・
かなり笑っちゃったじゃないですかっ!!

パソコンの画面見てニヤニヤしてたじゃないっすか!
たかゆき兄おもろすぎ~♪


ママのこと、残念です・・・
人間は1人で生きてるんじゃないと
改めて思いました。
何も知らない私が言うことじゃないかもしれないけど・・・
ご冥福をお祈りいたします。

ママは天国でいつまでもたかゆき兄の事
温かく見守ってくれるんじゃないかな。

投稿: 小町 | 2006年12月31日 (日) 01時39分

太陽の塔さん

面白かったですか?
それは、良かった、良かった。

そうですね、やっぱりこれだけ長年やっていると、本当にいろんな経験をしてきましたね。
楽しい事もつらい事も…。
そういう意味では、このブログのネタには、まだまだ困りません。(笑)

へえ、太陽の塔さんも、競馬されるんですねえ。
何だか、嬉しい。
けど、だからって、パンチさんの正体探っちゃイヤーー!!(笑)
怖いよーー!!
そして、ついて行ってもダメーーー!!(笑)

投稿: たかゆき | 2007年1月 1日 (月) 03時29分

mikiさん

はじめまして、mikiさん!!

めっちゃおもしろかったですか?
それはそれは、よかった。
どうもありがとうございまする。
けど、その時の本人は必死だったのよ…。(笑)

是非、また覗きにきてください!
けど、読んでくださったら分かると思うけど、続きはひどいデキなんですよ…。(笑)

投稿: たかゆき | 2007年1月 1日 (月) 03時41分

さりなさん

はじめまして、さりなさん!!

なんだか、すごくすごく嬉しいお言葉です。
ありがとうございます!

是非、これからも遊びにきてやってください。
お待ちしています!

投稿: たかゆき | 2007年1月 1日 (月) 03時43分

やいちゃん

ただいまです!やいちゃん!!!

何だか、変に気を使わせちゃったみたいで、ごめんなさいね。
そして、いつもありがとう!
もう、何も気にせず、どんどん覗きまくっちゃってくださいね。
いつでも、ビックウェルカムです、やいちゃん。
そして、急にいっぱい更新してて、ビックリしたでしょ?
ちょっと、頑張ったんです。ふふふ。

あと僕、今、彼女いませんが、何か問題でも?(笑)
やいちゃんの中で、俺は、一体どんなイメージなんやろ。
知りたい。
何度も言いますが、僕は「ただの」オッチャンですよ。(笑)

投稿: たかゆき | 2007年1月 1日 (月) 03時59分

小町さん

いえーい!
小町っちが笑ってくれたー!

俺こそ、いつも小町さんのブログ読んで、ニヤニヤしてるのに。
だから、なんか嬉しい。

そしてママのこと、なんだか、ありがとう。
うーん、今の僕にはうまく言えんけど…、
とにかく、ありがとう、小町っち。
小町っちも、一人じゃないからね。

投稿: たかゆき | 2007年1月 1日 (月) 04時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/131602/4686789

この記事へのトラックバック一覧です: パンチクリスマス・2:

« パンチクリスマス | トップページ | 時代 »