« 再会 | トップページ | ヨネスケ »

2006年10月16日 (月)

太陽にほえろ!

この仕事において、最大の天敵はやはり警察です。

警察に止められてしまうと、仕事としてまったく成り立たなくなってしまうからです。

だから僕は、今まで日本一周の旅の時を含めて、全国各地でさまざまなバトルを繰り広げてきました。

みなさんの中でも、街のストリートミュージシャンがお巡りさんに演奏を止められている姿を見かけたことのある人がおられるんじゃないかと思います。

まあ周りからの騒音の苦情や通報があった場合は、道で勝手に歌っているこちらに非があるので、止められるのもまったく仕方ないんですが、苦情や通報がなくても、特に何の説明もなく当たり前のように強制的に止められる事もよくあります。

しかし、ストリートミュージシャンを見つけても、何事もないかのように通り過ぎるお巡りさんもそれ以上に存在して、止められる基準がよく分からないことが多いのです。

これは、ストリートミュージシャンに対しての明確な全国統一の取締りの法律っていうものが存在しなくて、その地域や、ましてやお巡りさん個人個人によっても解釈が全く異なることからくるようです。

確かに、路上演奏自体が直接犯罪につながるようなものではないという事はみんな分かっていても、やはり街の秩序を守るのが役目のお巡りさんにとっては、道で許可無く演奏をするなんてことが、悪い事ではないにしても見逃すわけにもいかないということがあるんでしょう。
あちら側の立場にたてば、分からない気もしないではありません。

けど逆に、悪い事をしているわけではないので、問題がおきない限りは止めることもないだろうという解釈のお巡りさんもたくさんいるわけです。

ほんと、個人個人、地域地域によってまちまちなんです。

ただ中には、同じ一人のお巡りさんでも前日には何の注意もなく、次の日には突然止めてくるなんてこともあり、明らかに気まぐれで止めているとしか思えない時もあります。

趣味や練習のために外で演奏している場合は、止められても、まあ今日のところは仕方ないかなどと思えるかもしれませんが、僕の場合は生活のためにどうしてもお金を稼がないといけないという事情があるので、そんなお巡りさんのきまぐれなんかによって止められてしまうとほんとたまったもんじゃありません

これらのことから、この10年間僕は(特に旅中)、演奏中にお巡りさんが目の前を通り過ぎると、このお巡りさんは突然止めやしないかと毎回極度の緊張をして、必要以上にドギマギしてしまうということを今現在に至るまでずっと続けています。

だから僕の頭の中では、この仕事においては「警察=天敵」という構図が出来上がってしまっていて、正直お巡りさんがすごく苦手なんです。

苦手すぎて仕事以外のプライベートな時でも、悪い事は何もしていないのに、お巡りさんを見かけるとよくベンツ君で猛スピードで逃げてしまうくらいです。(笑)

しかし、今までこれだけ長い間この仕事を続けていると、ごくごくごくごくにすごく優しいお巡りさんに出会う時もありました。

前置きが長くなりましたが、今日は僕の中で思い出に残っているそんな優しかったある2組のお巡りさんの事についてお話したいと思います。

まずは1組目。

これは4年前の日本一周1人旅の時の東京での話です。

この日の出来事が旅日記に詳しく書いてあったので、それを参考にして書いていきたいと思います。

その夜僕は、「上野」だか「御徒町(おかちまち)」だかの飲み屋街で弾き語りをすることにした。

もちろんここで弾き語りをするのは初めてなのだが、初めての場所での弾き語りっていうのはいつも本当にめちゃくちゃ緊張する。

お客さんからリクエストを受け付けて、アンプやマイクを使って歌うという、そういったスタイルのストリートミュージシャンっていうのはあまりいなくて物珍しいので、通る人通る人がみんなすごい不審な目で僕を見てくるのだ。

それにやはり、初めての場所であると同時に夜の歓楽街ということもあり、さまざまなトラブルが想定されるわけだ。

けどそんな中でも、お金を儲けないと、旅はおろか生活すら出来なくなってしまうので、僕はものすごい緊張をしながらも、いつも以上に必死に営業をする。

想像してみてほしい。

生まれて初めて訪れた土地の夜の歓楽街の道端で、まったくの1人で突然アンプやマイクの準備をして演奏を始め、酔っ払った大人達からの好奇の目や周辺のお店からの煙たい目に耐えながら、さらにその上お金をまでもをたくさん儲けなければいけないのだ。

どれだけの緊張とプレッシャーか。

けどいつも以上に必死に営業するせいか、おかげさまで、今まで全国各地いろんな所で弾き語りをやってきたが、ほとんどの場所で大阪と同じかもしくはそれ以上の儲けをださせてもらっている。

(ちなみに旅中っていうのは、いつ旅が終わるか分からないので、大阪のマンションの家賃や健康保険などのお金をちゃんと払いつつさらに旅の資金も稼いでいたのである。すごいでしょ。)

とにかく、そういったわけで初めての場所はすごく緊張するのだが、実はその他にもまだやっかいな存在がいる。

それは各地の飲み屋街に大抵いる、うさんくさい「客引き」のおっさん達である。
(地域によっては、客引き行為は条例違反の所もたくさんある。)

このおっさん達は僕みたいにお金を儲ける為の弾き語りをしていると、なんだか自分達のテリトリーが侵されたような気分になって、文句を言ってきたり変な嫌がらせをしてきたりすることがあるのだ。

今回ここ上野でも例にもれず、周りの客引き達はみんないい顔をしておらず、1人の客引きが「ここでやるな。他のところでやれ。」というようなことを言ってきた。

ただこんなことはよくあることで、僕も商売なのでうさんくさい客引きなんかにいちいち気を使ってられないので、そんな言葉は無視して仕事を続けていた。

そうすると、客引きの反応とは反比例して道行く人達の反応は上々で、なかなか順調な弾き語りだったのだが、途中お巡りさんが2人僕の前に現れてしまった…。

あ~あ、周りの店から苦情でも入ったんかなあ。

絶対、止められるわ。しゅん…。(涙)

お巡り
「あのー、ちょっとごめんね。
今、ここでトラブルか何か起きた?」

ん?トラブル?

「いや、何にも起こってませんけど。
なんかありまありましたん?」

「いやー、あれー、おかしいなあ。
まあ、何にも起こってないならいいんだけどね。」

「通報かなんかがあったんですか?」

「そう、さっき110番があってね。
ここで何かトラブルが起きてるって言うから、来てみたんだけどね。
ホントに何もなかったの?」

「はい、何にもトラブルなんて起こってませんねえ。」

「ほんとお。
じゃあ、まあ、いいや。
とりあえず、免許証か何かだけ見せてもらえるかなあ。」

え?じゃあ、まあ、いいや?

なんかよう訳の分からん話やけど、とりあえずここは素直に免許証渡しとこうっと。

けど、通報ってなんやろう?
誰の通報や?
そして、トラブルってなんや?

あっ!

ハッハ~ン、分かったぞ。

さっきの周りの客引き達が、俺を止めさすために匿名で警察に電話して、ここでトラブルが起きてるってウソの通報して、お巡りさんを呼びよったんやわ。

それしか考えられへん。

うわー、25歳(当時)の若者1人に対して、何てこそくな手をつかうおっさんんどもや。

人間小っちゃすぎる。

まあけど、今はとりあえず目の前のお巡りさん2人との対決が先である。

どうせ、通報があったからには、とにかくここではやったらあかんって言われるに決まってるんだから…。

お巡りさんが免許証の住所を控えている途中、さっきまで歌を聴いてくれて僕と喋っていた1人の酔っ払ったサラリーマンがそのお巡りさんに詰め寄った。

よくある風景だ。

「おいっ!
大阪からわざわざやって来た若者がこんなに頑張ってるのに、お前達は止めさせる気かっ!」

僕も一応、苦笑いで止めに入る。

「おとうさん、ありがとう。
けど、大丈夫やから。
俺一人で何とかするから。
ほんま、気使ってくれてありがとう。」

しかし、それを聞いた2人のうちの年配の方のお巡りさんがビックリ発言

「何言ってるの。
こんなに素晴らしい若者を、僕たちが止めるわけないじゃないの。
ただ、決まりで住所を控えてるだけ。
ほんとに、こんなに歌のうまい子に苦情を出す人の気が知れないねえ。」

ホワット?

な、なにを言ってるのかな、このお巡りさん、いやお巡り様は…。

自分の立場、分かっていらっしゃる?

お巡り様
「君も大阪から来たんでしょ。
大変だねえ。
まだ寒いから、風邪なんかひいちゃだめだよ。
ハイ、これ免許証。」

「あ、ありがとうございます。」

うわー、なんてカッコいいお巡り様や。

人間大っきすぎる。

ぼく、おおきくなったらおまわりさんみたいなおまわりさんになる!

とまあ、無事このようなことで、弾き語りを再開することができたんだけど、仕切りなおしに一曲「なごり雪」を歌い始めた時、帰ろうとしていたお巡りさんが発した言葉に、僕はもう涙を流さずにはいられなかった…。

(年配の方のお巡りさんが、若いお巡りさんに向かって)

「なあ、

せっかくだから

俺たちも

一曲

聴いていくか。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

え?

嘘でしょ?

キャーーーーーー!

抱いて…。

こわれるくらい…。

もっと強く…。

想像してみてほしい。

街の弾き語りを、立ち止まって聴いている制服警官2人。

一曲終わると、笑顔で拍手している制服警官2人。

ありえる?

今までいくどとなく繰り返されてきたお巡りさんとの戦いの中で、こんなことがいまだかつてあっただろうか?

いや、ない。

いや、今あった。

バンザーイ。

さらに、若い方のお巡りさんまでもが、帰り際にギターケースのお金を指さして、

「これ、せっかく頑張って稼いだお金なんだから、とられないように気をつけなきゃいけないよ。」

と、言ってくださった。

ああ、ただただ感激。

とにかく、東京にはそんな素敵すぎるお巡りさんがいました。

東京大好き!

ちなみに、それからも東京のいろんな場所で弾き語りをしましたが、この後出会うお巡りさん達はみんなそろってろくでもない理不尽なお巡りさんばっかりでした。(苦笑)

東京大嫌い!(笑)

さあ、2組目のお巡りさんの話も書こうと思っていましたが、ここまででいつものように(笑)また長くなってしまったので、今日はこの辺でやめておきます。

2組目の話はまた別の機会に書きますね。

前回みなさんが言ってくださったように、自分のペース、自分のペース。

ほんとに温かいお言葉たくさんありがとうございました。

みんな大好き!

|

« 再会 | トップページ | ヨネスケ »

コメント

こんばんぷ(。→ˇ艸←)
私もおまわりさん嫌いです。
いっぱい昔悪さやったから怖いのです(。-`ω´-)
でもでも良いおまわりさんもいてよかったですね!!!
私もまだおまわりさん信じることができそうです (о ^ิз^ิо)
あ、それと!!!
たかゆきさん、バトン、渡したからちゃんといつか、また時間があるときに書いてくださいね゚+.(♡∀♡)゚+.
信じてますから!!!(。+・`ω・´)シャキーーン

たかゆきさんに幸あれ☆(人・㉨・)♡

投稿: ショコラ | 2006年10月17日 (火) 00時53分

ショコラさん

ショコラさん、昔悪さしたって何やったんですか?
もしかして、昔は女番長?
巨大暴走族の女総長?
極道の妻?
そして、実は今でも背中には昇り龍の刺青が…。
きゃー、怖いよー。(笑)

頂いたバトン、ちゃんと家の冷凍庫で凍らせたまま保存してるんで、いつの日にか解凍できる日が来ることを僕自身も願っています。

ありがとう、ショコラさん。
もちろんショコラさんにも大きな大きな幸あれ!

投稿: たかゆき | 2006年10月17日 (火) 08時28分

私もたかゆきさん大好き!( ̄ε ̄@)ぶっちゅ~

(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪

楽しい&警察いい奴じゃん話・・・じ~~~んときました。

もう一組の話楽しみにしてます!^^

投稿: ひなた | 2006年10月17日 (火) 08時30分

ひなたさん

きゃーーー、はずかちいーーーー!!!(大照れ)

さて、もう一組(一人)の話はいつ書きましょうか。

次かもしれないし、もっと先になるかもしれません。

のんびり待っていてください。( ̄ε ̄@)ぶっちゅ~

投稿: たかゆき | 2006年10月17日 (火) 09時21分

私はお巡りさんを見るとなぜか
堂々とした態度になってしまいます。
なめられたらいかん!っと思っちゃうんですよね…
十人十色とはよく言ったもので
いろんなお巡りさんがいるものですね。
だから、人生飽きないのかもしれません。うん。

もう一組の素敵なお巡りさんの話、
また聞かせてくださいねぇ!

投稿: yyozzy | 2006年10月17日 (火) 09時45分

yyozzyさん

なめられたらいかん!、かあ。(笑)
そうですよね。
なんとなく分かる気がします。

けど、ほんとお巡りさんって必要以上に偉そうな人が多いですよね。
制服脱いだら、ただのおっちゃんやのにねえ。
家に帰ったら、普通のお父さんやのにねえ。
娘からは、洗濯物一緒に洗いたくないって言われてるのにねえ。

勝手な決めつけ(笑)

投稿: たかゆき | 2006年10月17日 (火) 10時34分

ひさしぶりで~す。

おれもお巡りさんを見るとなにもしてないのに変に緊張しちゃったりします;;
自分の自転車に乗ってて停められて盗難出てないか調べるわ。とかゆわれても緊張しちゃいます。絶対自分のなのに。ww

二組目はどんな人かなぁ~?

投稿: しょうた | 2006年10月18日 (水) 21時37分

そうですか。
警察官ってのは、そんなに腐ったヤツらが多いのですか。
分かりました。
その腐った組織に、僕が新しい風を吹き込みます。
必ず変えてみせます。
警視総監まで登りつめ、昼夜を問わず日本全国でギターが弾けるようにします。

じゃあとりあえず、たかゆきさん。
僕にコネを!ぶっといパイプを!

投稿: 藤井 | 2006年10月19日 (木) 21時40分

たかゆゆきさんの天敵はお巡りさんですか。。。

ぼくも自転車でお巡りさんの前を通り過ぎようとすると、たいてい止められてしまいます。。。

僕はそんなに悪いやつにみえるんでしょうか??

でも、たかゆきさんが出会ったお巡りさんのように優しい人もいるんですね!!
東京だいすき!!たかゆき兄さん大好き!!自分大好き!!

投稿: かえる | 2006年10月21日 (土) 14時51分

どーやら「東京」ってゆー地域性ではなく、その「人」がとっても素敵な人だったようですね(幸)
そーゆー人との出会いって、そこらにたくさん落ちてるわけではナイから、たかゆきサンはとっても幸せな経験をされたんだなぁって思います♡
たかゆきサンにとっての私もその警察官みたいな存在であればうれしいなぁ♪とも思ったり(←ずーずーしいかしら?汗)

投稿: さくら* | 2006年10月22日 (日) 01時23分

しょうたくん

久しぶり、しょうたくん!

そうそう、分かるわー。(笑)
俺も自転車で止められると、自分のんやのにやたらと緊張してしまうよ。
あれは、なんでやろうね。

2組目は、ある1人のお巡りさんの話やねんけど、いつ書くかはまだ決めてません。
期待せずに気長に待っててね。

投稿: たかゆき | 2006年10月22日 (日) 06時41分

藤井さん

そっか、藤井さんにコネをまわせば、警視総監まで登りつめて、日本を変えてくれるわけですね。

藤井さん風の日本…。

街では、裏笑いがはびこり、夫婦そろって覆面、赤ちゃんにはちまき、お菓子大好き、早口言葉が流行…。

今回は、ご縁の無いものとさせて頂きます。(笑)

投稿: たかゆき | 2006年10月22日 (日) 07時03分

かえるくん

そっか、かえるくんもよく自転車でお巡りさんに止められるんかあ。

俺もかえるくんもしょうたくんも、よっぽど怪しい顔してるんやろうなあ。(笑)

3人で強く生きよう。な。

投稿: たかゆき | 2006年10月22日 (日) 07時08分

婦人警官さくら*さん

そうですね。
その「人」が特別優しかったんです。

確かに、こんな変わった仕事を長く続けていると、普通では体験できないような素敵な出会いをたくさんさせてきてもらいました。

もちろん、この仕事をしてるからこそこのブログを始めたわけで、そんな中ここで出会えたさくら*さんやみなさんもその素敵な出会いの1つですよ。うふ。

投稿: たかゆき | 2006年10月22日 (日) 07時21分

早く大きくなっておまわりさんみたいなおまわりさんになってください☆(笑)

このフレーズ好き♪笑った!噴出した!ぐふふ~!!

投稿: なしえどん☆ | 2006年10月23日 (月) 00時35分

なしえどん☆さん

なしえどんさんも早く大きくなって、知らないおっさんから「チンチンチクリン」などと呼ばれないようにしましょう。(笑)

投稿: たかゆき | 2006年10月23日 (月) 06時47分

なんて「出来た」お巡りさんなんでしょう(✪ฺД✪ฺ)
でも、けっこう素敵なお巡りさん多いのでは?というのも、
福岡で有名な久留米ラーメンを食べにドライブへ出掛けた時のこと。
ナビではすごく近くまで来ているのに、お店が見当たらない・・困った末に、近くの交番へ♡「お忙しいところすいません・・○○ラーメンを探しているんですけど、場所が分からなくて・・教えてもらえませんか??」
お巡りさんたちは、仕事中にも拘わらず地図を広げ、2・3人がかりで、丁寧に道を教えてくれました♪感激ヾ(♥ó㉨ò)ノ♡
そうです、お巡りさんはみんなの為に存在するのです!
たかゆきさんにとっては天敵かもしれませんが(笑
これからもたくさんの素敵なお巡りさんに出会えるといいですねヾ(o◕ฺω◕ฺ)ノ

投稿: やいちゃん | 2006年10月23日 (月) 23時27分

やいちゃん

ほんとその人達は「出来た」お巡りさんだったんです。
やいちゃんが久留米で出会ったお巡りさんも素敵なおまわりさんだったんでしょうね。

けどね、僕の場合ほんと死活問題なんですよねえ。
何の理由もなく止められちゃ、生活ができません。
言わば、突然のリストラと一緒です。
だから僕は、毎日お巡りさんが通るたびにリストラの危機におびえながら歌を歌ってます。(笑)

というわけで、素敵であろうとなかろうと、この仕事を続ける限りは、できることならもうお巡りさんにはあまり出会いたくないです。(笑)

投稿: たかゆき | 2006年10月24日 (火) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/131602/3598728

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽にほえろ!:

« 再会 | トップページ | ヨネスケ »