« 燃え尽き症候群 | トップページ | よんまい »

2006年9月 6日 (水)

繊細なお願い

ちょっと真面目な話をさせてもらいます。

最近、友達からの紹介でMIXI(ミクシィ)なるものを始めました。

この、ミクシィ、知っている方も大勢いらっしゃるとは思いますが、大変おもしろいサイトで、昔の友人を探せたり、同じ趣味の見知らぬ人同士が交流をもてたりします。

僕は、自分のページにこのブログのリンクを張っているんですが、わけも分からないままにミクシィ内で遊んでいると、結果いろんな方がこのブログを読んでくださるようになって、大変嬉しく思っています。

ただ、読んでくださる方が増えると同時に、ミクシィ内で、

「ブログを読んで、僕の歌に興味を持った。
見に行きたいので、場所を教えてほしい。」

というような内容のメッセージをほんとにたくさん頂くようになってしまいました。

これは、嬉しい誤算で、大変光栄なことです。

ただちょっと、僕にとって、ちょっとした悩みにもなってしまってるんです。

いろんな人に僕の生き方を知っていただきたいと思って始めたこのブログ。

それを読んで、僕の歌に興味を持っていただき、その歌を聴きにいってみたいと思ってくださるのは、ほんとに最大級のほめ言葉でもあります。

ありがとうございます。

ただ、ひとつ分かっていただきたいのが、僕はこの活動を、完全に仕事としてやっているということなんです。

他の一般的なストリートミュージシャンとは全く違って、自分の音楽をいろんな人に聴いてもらいたいとかではなくて、ただ仕事として生活費を稼ぐための演奏なんです。

こんなことを言い切ってしまうと、なんだかものすごい軽蔑されてしまいそうで怖いんですが、それが事実なんで仕方ありません。

そういう「仕事」なんです。
(もしよろしければ、右のカテゴリーから、「自己紹介」というのを選んでもらって、読んでいただければ分かりやすいと思います。)

だから、オリジナル曲や最近の曲はほとんどといっていいほど歌いませんし、場所がら、通る人に合わせて昔のフォークソングばっかり歌っています。

そんな僕の演奏を、音楽として、わざわざ足を運んでまで聴きにきていただいても、たぶんなんだか拍子抜けしてしまうと思うんです。

なんだ、こんなもんか、と。

正直、僕の歌は、「音楽」という単体の面だけでみると、ほんとそんなたいしたものではないですし、僕はその他のいろんなファクターを合わせてなんとか儲けているといった感じなんです。

40代、50代の方が、飲み屋街でお酒を飲んだ帰りに、ほろ酔い気分で昔を懐かしむ。

こういうワンセットなわけです。

おそらく、このブログを読んでくださっているような若い世代の方がシラフで楽しめるようなものではありません。

それに、せっかく来ていただいたとしても、僕も仕事を続けなければいけないので、ほとんどお相手ができないっていうのが、僕の中でネックですし。

分かってもらえるでしょうか?

けど、何人かいらっしゃったんですが、場所を教えないなら、自力で探してやる、そして見つけたら声をかけずにそっと遠くから聴いている、それなら仕事の邪魔にならないでしょ、っていうのも申し訳ないけどナシでお願いします。

こう見えて(どう見えて?)、僕はすごい繊細なんです。

ブログを見てくださっている方が、いつ見にくるかもしれないと思って仕事をしていると、変に肩に力が入ってしまって、仕事に集中できなくなってしまいますし、ましてや、どこかで聴いているかもしれないなんて考えると、緊張しすぎて、仕事にならなくなってしまいます。

僕も繊細ですが、この仕事もほんと繊細な仕事なんです。

だから、この微妙な心情もなんとか分かっていただきたい。

自分でブログを作っといて、こんなお願いをするのは、ほんと生意気でどれだけ自信過剰やねんと思われるかもしれませんが、やはり仕事にまで少しでも影響してしまうと、ブログをやっている意味が無くなってしまいます。

僕としても、せっかく始めたこのブログを、長続きさせたいんです。

そりゃあ、僕だって、ブログを読むという逆の立場だったら、有名人が大勢聴いてくれただの、それだけで暮らしているだの聞いたら、どんな歌か絶対気になります。

それを、見に来ちゃダメなんていわれると、なんて傲慢でもったいぶった奴なんだろうと、腹がたつと思います。

ただ、実際の友達の中にでも、僕の仕事を教えてない人が何人もいますし、仕事を知ってたとしても、どこで歌っているのかは教えていない人も何人もいるぐらいなんです。

だから、どうかそこを理解してやってください。お願いします。

じゃあ、偶然、ほんとに偶然、そこを通りかかって、僕らしき人を見つけてしまったら、どうしたらいいのか、ということになりますが、それはもう何かの縁、その時は黙って通り過ぎるなんてことはせずに、思いっきり声をかけてやってください。
「ブログを見てる」と。
きっと、大喜びします。

もう!どっちやねん!煮え切らんやっちゃのー!
と思われる方もたくさんいると思いますが、ほんとに偶然ならそれはまったく別の話なんです。
僕も心の準備がいりませんし。

とにかく、まあ自分勝手で煮え切らない話を長々と書いてきましたが、なんとかご理解していただきたいと願っております。
まあ、ほとんどの方が、はじめからお前の歌なんてわざわざ聴きにいくつもりなんかないよ、という人ばっかりだと思うので、そういう方は、ああ、なんかバカが吠えてるな、程度に聞き流してやってください。すいません。

それだけです。

こんな僕と僕のブログですが、これからもどうか応援よろしくお願いいたします。

追伸

ああ、今回で、見てくれてる方が一気に減ってしまいそうな予感…。(涙)

けど、今回のことは、最後の最後まで書こうかどうか迷ったけど、今後のためにも早いうちに書いておこうと決めたんです。

後悔するな、たかゆき!

|

« 燃え尽き症候群 | トップページ | よんまい »

コメント

こんにちわ★
ショコラです(つ´∀`)つ
そういう考え方で良いと思いますよう(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)

てか、もし自分がたかゆきさんの立場だったら、きっとこんな気のきいた、優しい言い方なんかできないと思います・・・(。-`ω´-)

しかも逆に教えてもらっても発見できなかったときのほうが自分に腹立たしい気持ちになります。笑
もし、何かの縁で、、、そのベンツチャリンコを見かけたら、、、こっそりイタズラしてみようともくろみ中~´^ิ ౪ ^ิ)ニヒャ
覚悟しといてくらはい(。・ˇ∀ˇ・)ノ

仕事これからもずと頑張ってくださいねーー!!!
ファイッ☆:*・゚(●´∀`●):*・゚

投稿: ショコラ | 2006年9月 6日 (水) 10時06分

(*'-')ゞリョウカイ♪しました。

と言っても私は聞きに行ける距離じゃないけど
たかゆきさんの言いたい事しっかりわかりました!!

全然腹立たしくなんて思いませんよ!

読んでる人に気を使いながら、言葉を選び書いてるのが良く
分かるから!!

これを読んでますますたかゆきさんのファンになりました。

投稿: ひなた | 2006年9月 6日 (水) 14時42分

こんにちは、優希です。
よいんじゃないかな・・・
なぜなら私達は、音楽を心から愛し、時には苦しみ・・・
その中で、音楽を選び生活をしています。
ワタシもまだまだ未熟で、端くれだけど(微笑)
自分を生かせる環境を選択し、そして心の中、根底の部分では、強くあり続けなければならないと思う。
たかゆき君、「自分のペース」を保ってください。
お互いファイトでいきましょう♪

投稿: 優希 | 2006年9月 6日 (水) 15時37分

音楽は好きなんですねっ
それが大事ですもん

私は楽器弾けるってだけで羨ましいですよ。ほんと。

新橋とかは、そうやって歌ってくれる
ストリートミュージシャンもいっぱいいて、
私はそれ聴くの楽しみにしてるし、

たかゆきさんも多分気付かぬうちに
人に楽しみを与えちゃってると思いますよ。

あらら〜

投稿: フリスク | 2006年9月 6日 (水) 21時10分

ショコラさん

こんなひとりよがりの記事にまで、コメントくださって、ほんとにありがとうございます。

あっ、どうりで昨日仕事向かうとき、やけに今日のベンツ君は高く空を飛ぶなあと思ってたら、あの羽つけたん、ショコラさんやったんですね。
まあ、速くなったからいいんですけどね。

これからも、大空を羽ばたき続けます!

投稿: たかゆき | 2006年9月 6日 (水) 22時24分

ひなたさん

わけわからんひとりよがりのお願いを、理解してくださって、ほんとうにありがとうございます!

けど、これを読んで、気を悪くされる方もたくさんいるんでしょうね。
まあ、それでも、これは僕のブログ。
自分の思ったようにやらないとね!

ファンだなんて、照れちゃいます。恐縮です。

投稿: たかゆき | 2006年9月 6日 (水) 22時36分

優希さん

先日は、なんだか温かいアドバイスありがとうございました。
少し、楽になりました。

そうですよね、「自分のペース」。

ファイトでいきます!

投稿: たかゆき | 2006年9月 6日 (水) 22時39分

はじめまして。私もミクシィから足跡たどって、最近愛読者になっている1人です。

たかゆきさんは、人を惹きつける文才と人生経験が本当に豊かですね。私も正直、音楽聴いてみたいなぁって思いました。でも、確かにそれはちょっとしたミーハー心なのかもしれません。

仕事とプライベートをしっかりと区切りたいという気持ち。プロ意識ですね。尊敬しますし、尊重します!

これからも、頑張ってください。

そして、プログも♪♪最近では更新されているのが楽しみになってきました!
日々の出来事や心境。皆にもワケワケしてくださいね。

投稿: よしこ | 2006年9月 6日 (水) 22時51分

フリスクさん

はじめまして、フリスクさん!

そうですね、音楽自体は大大大好きですよ!

へえ、新橋には、最近、そういうストリートミュージシャンの人がたくさんおられるんですね。
僕も、何年も前には、新橋で、何回か歌ってました。
警察とモメまくりましたけど…。(笑)

おかげさまで、今現在でも、喜んでくださる常連さんが、たくさんいてくださります。
僕の仕事は、その方達に支えられている状態です。
ほんとに感謝してるんです。

フリスクさん、こんな記事に、わざわざコメントありがとうございました。
また、お待ちしています。

投稿: たかゆき | 2006年9月 6日 (水) 22時55分

よしこさん

はじめまして、よしこさん!

僕は、今、放心状態でこのコメントを、何度も何度も読み返させていただきました。

ほんとに、ほんとに、ほんとに、うれしいお言葉です。

こんなにも、理解していただけるなんて…。
涙が出そうです…。

よーし、こんなブログですが、これからも頑張るので、末永く仲良くしてやってください。
ほんと、ありがとうございました。
元気がでました。

投稿: たかゆき | 2006年9月 6日 (水) 23時09分

仕事(音楽)とプライベート(ブログ)を区別するのは当たり前!
仕事をしてるたかゆきサンを目の当たりにして、話をして、歌を聴いて、で、ファンになったのではなくて、ブログから伝わる人柄・考え方のファンになったんだから、そーゆー考え方全然OKだと思うデスヨ☆
ってゆか。
自分がホンマに困ってることを、あんなにソフトに言えるたかゆきサン。
益々惚れました!!きゅーん♡
陰ながら応援してます!

投稿: さくら* | 2006年9月 6日 (水) 23時53分

mixiの足あとから来ました。
このようなことを書くのには、相当の勇気と決断などがあったのではないかと思います。
このように正直に自分の胸の内を明かすこと、自分の仕事にある種の誠意やプライドを持ってやっていらっしゃることを、ココを読んでいた感じました。
これからも頑張ってください゜*(pq+'v`●)*゜
陰ながら応援してます☆
もちろんこっそり見に行ったりはしませんから。ワラ
凛は千葉から、ココを通してたかゆきサンを応援したいと思っています。
もし良かったら、凛の日記へも遊びにいらして下さい!!!!!!!!!

投稿: 凛 | 2006年9月 7日 (木) 00時13分

さくら*さん

さくら*さんは、いっつもいっつも優しいなー。
嬉しいなー。

そんなさくら*さんからだったら、陰からじゃなくて、真正面から応援してほしいなと思う今日この頃。(笑)

投稿: たかゆき | 2006年9月 7日 (木) 07時54分

凛さん

凛さん、mixiの方にもメッセージありがとうございました!

そうですね、今回の記事、正直ちょっと決断は、いりましたね。

凛さん、千葉の方なんですね。
遠く千葉からの応援なんて、なんか嬉しいです。

これからも、よろしくお願いします。

投稿: たかゆき | 2006年9月 7日 (木) 07時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/131602/3330272

この記事へのトラックバック一覧です: 繊細なお願い:

« 燃え尽き症候群 | トップページ | よんまい »