« よんまい | トップページ | 古い日記 »

2006年9月10日 (日)

それ行け!奥田瑛二くん

まず、前回の補足として言っておきたいことがあります。

あらためて前回の記事を読み返してみると、なんだかそれだけ読んだ人に誤解を生ませてしまいそうな気がしたからです。

いつも僕は、自分の歌にはそれほど自信を持っていないだとか、たいしたことはないだとか言っていますが、それでもやはり、この仕事の中心は誰がなんといおうとです。

周りからみればやはり、僕は普通のストリートミュージシャン。

歌に満足していただけないと、お金うんぬんなんて話になるわけがない。

前回の話はあくまでも、歌に満足してもらった後、その後、さあいくらお金を払っていただけるかという、「歌+α」のお話ですよ。

そこの説明がどうも足りなかった気がします。

僕はいつも、お客さんに対しては、好調不調の波は激しいですが、その時自分ができる範囲で精一杯歌を歌います。

もうちょっと正確にいうと、あちらが求めているものに少しでも近づくように、最大限努力して歌を演じています

そういう意味では、今まで一度だって手を抜いたことはありません。

こんな僕の歌、もちろんお気に召さない方もたくさんおられるとは思いますが、そのかわり、逆に、すごく気に入ってくださる方も有難い事にものすごいたくさんいらっしゃるんです。

もちろん、歌に満足していただけなかった場合は、その方からお金をいただこうなんて1ミリたりとも思いません。

僕はこれが精一杯なんですいません、と言って帰っていただくしかしかたありません。

そして、その方は、二度と僕の前に立ち止まってくれることはないでしょう。

じゃあ、歌に満足していただいた場合はどうなんだろう、という話なんです。

歌に関しては最大限努力した、じゃあその他にももっと努力工夫をできるところがまだまだたくさんあるんではないだろうか、ということなんです。

仕事として。

お金を儲ける身として。

そのプラスアルファの努力の一例が、前回の話だったわけです。

そして、そのプラスアルファがまだまだあるんだよ、と。

少し理解していただけましたか?

ちょっと気になったんで、補足させてもらいました。

さあ、話はガラっと変わります。

今までの真面目な話はなんだったんだろうというほど、さっきの話とはまったく関係ありません。(笑)

あのー、2,3日前、ネットでニュースを見てたら、どうやら俳優の奥田瑛二さんが監督された映画「長い散歩」が、カナダのモントリオール世界映画祭で、見事最高賞のグランプリを受賞した、というニュースが載っていました。

Photo_2

これは素晴らしい事です。

日本の映画が、世界の大きな映画祭でグランプリを獲る、日本映画にとってこんな名誉なことはありません。

しかし、奥田瑛二さんは俳優だけじゃなくて、最近は監督業にもすごい力を入れられてるんですね。

それが、さっそく結果になって、素晴らしいですよね。

やっぱりすごいなー、奥田瑛二。

奥田瑛二、すごいなー。

奥田すごいなー瑛二。

すご奥田いなー瑛二。

最近元気してるんかなー、奥田くん。

最近会ってないなー、奥田くん。

またあの頃のように、一緒に音楽したいよね。奥田くん。

えっ?そうですよ。僕と奥田瑛二くんは昔、音楽仲間だったんですよ。

言ってませんでしたっけ?

一緒にセッションしたりしてね。

熱かったよね、あの頃の俺たち。

ん?何が言いたいんかよく分からんけど、とにかくなんかうっとおしいって?

うん、僕もちょうど、そう思ってたとこです…。(笑)

なんか寝起きの変なテンションなんです。気にしないでください。(苦笑)

とにかく、何が言いたかったのかというと、以前何年も前に、奥田瑛二さんが僕の仕事場にやってこられたということなんです。

映画のニュースで、それを思い出したんです。

その時の話をします。

何年も前のある日、奥田瑛二さんが5,6人で、「奥田瑛二御一行」という感じで僕の前を通りすぎていった。

僕は、「一曲どうですか。」と声をかける。

すると、奥田さんは他の方をほったらかすようにして、僕の真横にどしんと座られた。

少し、お酒の香りがする。

実は、僕は、奥田さんが大昔に出演されていたドラマ「男女7人夏物語」の大大ファンで(若い世代の人は知らんかなあ。)、ビデオも全巻持っている。

その事を興奮した僕が伝えると、奥田さんは

「そう。」

と、ただ一言だけ、さもそんなことには興味なさそうにポツリと答えた。

「ちょっと、マイク貸してよ。」

続けざまに、そんなビックリするお願いをしてきた奥田さんは、僕の答えを聞く間もなく、マイクスタンドを自分の方に向けられた。

そして、ズボンのポケットからブルースハープ(ハーモニカ)をひとつ取り出した。

え?自前?いつも持ち歩いてんの?

「何か、Eの曲弾いてよ。」

そう言われて、もう、何がなんだか分からないが、とにかくその存在というかオーラに圧倒されて、僕もよく分からないまま、とりあえず、Eのブルースを即興で弾き始めた。

ここから、僕と瑛二の、立場のまったく違う二人の、不思議な初対面セッションが始まった…。

僕が激しくギターをかき鳴らせば、瑛二のハープがそれに応え、瑛二がスイングすれば、僕もそれに応える。

僕がニューオリンズの風を感じれば、瑛二もメンフィスの風を送りかえす。(?)

と、まあ、そんな素敵なセッションが繰り広げられた、

なんてことは全くなく

奥田さんは自分の思うがまま自分のペースでハープを吹き続け、僕が必死にそれにギターを合わすといった心の通い合わない演奏が続いた…。(苦笑)

そうするうちに、どんどん人が集まりはじめた。

そりゃそうだ。

あの奥田瑛二が、道端でハーモニカを吹いているんだから。

さぞ、すごい光景だっただろう。(笑)

人ごみは、人だかりに変わる。

その時、それを見計らったかのように、奥田さんのお連れの人間が、カバンからなにやらポスターを取り出して、ハープを吹き続ける奥田さんの横でそれを人だかりに見えるように広げだした。

確か、その当時公開されていた、奥田さんの主演映画の宣伝ポスターだったと思う。

な、なんて、営業熱心なんだ…。

こんなことまでも宣伝に変えてしまうとは。

しかし、俺の立場は…?

私は、だあ~れ?

そんな時、僕はギターを弾きながらも、チラリと奥田さんの様子を眺めてみる。

隊長!だめであります!奥田大佐は完全に違う世界に行っておられます!

自分の横で、自分の映画のポスターを掲げられているにもかかわらず、奥田さんは、我関せずといったおももちで、夢中にハープを吹き続けられている。

目も不思議なところを見つめられている。

もう正直、僕の存在すらも忘れている感じだ。

んー、まあ、それはそれとして、ところで、このセッションいつまで続くんでしょう?

いっても、始まってからもう7,8分はたっている。

僕もちょっと疲れてきた。

長い…。

目で訴えようにも、奥田さんは違う世界におられるし…。

取り囲む人達も、少し飽きてきたのか、だんだん減っていく。

しかし、ようやく10分ぐらいすぎたあたりで、奥田さんのハープが突然テンポをゆるめだす。

どうやらエンディングのようだ。

ふうー、やっと終わった…。

僕のギターもテンポをゆるめ、最後、Eのコードで締めくくる。

ジャララ~ン。

残っていた人達から、一斉に拍手や歓声が巻き起こる。

パチパチパチ。ヒューヒュー。

奥田さん、ハープをポッケにしまい、おもむろに立ち上がる

そして、みんなにお礼でもするのかなあと思って見ていると、お客さんには目もくれず、さっそうとそのまま立ち去っていった…。

えっ!?

もちろん、僕にも何の一言もなしに…

それを見たお連れの方々は、慌てて奥田さんを追いかけていった。

一人マネージャーらしき人だけが、走って戻ってきて、

「すみませんでした。」

と言って、ギターケースにお金を入れていった。

取り囲んでいた人達も、なんだ拍子抜けといった感じで、ぞろぞろ帰っていく。

取り残された僕一人…。

ぽっつーん…。

ほんとにそんな音が聞こえてきそうな、見事な取り残された感だった。(笑)

いやあ、やっぱり、奥田瑛二はただ者ではない

だって、いっつもポケットにハープしのばせて、たまたまそこにいたストリートミュージシャンとセッション始めて、やるだけやりつくして、そのまま帰っていくねんで。

そんな一般人いない!

そんな人が、凡人なわけがない。(笑)

恐るべし!奥田瑛二!! 

ほんと、モントリオール世界映画祭グランプリおめでとうございました。

|

« よんまい | トップページ | 古い日記 »

コメント

んー、、まだこんにちわな時間かな??
たかゆきさん、こんにちわ☆(。・ˇ∀ˇ・)ノ
奥田エイジさんと一緒にギターとハーモニカ弾けてよかったですねーー(๑→‿ฺ←๑)
めちゃんこ羨ましいです!!
てかたかゆきさんて、、、
何気に芸能人いっぱい知り合いみたいな感じでねたましいんですけど!!!(☄ฺ◣д◢)☄ฺワシャー
私だって、そういう経験したいですーー!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

投稿: ショコラ | 2006年9月10日 (日) 18時02分

まさに恐るべし奥田瑛二!ビバ受賞!
そしてたかゆきさんも恐るべし!
まさに『絵に描いたようなオチ』
関西人の『笑い』の体現者!
「え?え?あれぇ~???なんで?」言うてそう。

投稿: 良い木 | 2006年9月10日 (日) 20時27分

恐るべし!奥田えいじ!
私はひさかに、好きでした。
・・そして、やっぱり。奥田えいじ。すばらしき!

今日は酔って帰宅し、そしてぼんやり奥田さんのお話を読んでますw

奥田さん。ばんざい。永遠にあれぃ!

投稿: よしこ | 2006年9月10日 (日) 23時13分

たかさん全部見ましたよ 全部見るつもりなかつたけどおもしろかつたからみちやいました 今度小さい つ の打ち方教えてくださいね  ゆうちやんの後輩でした

投稿: たかさんの友達の後輩 | 2006年9月11日 (月) 03時38分

やっぱり
たかゆきさんの日記は面白い!
奥田さんも面白い!あの独特な雰囲気好きだったな~!

最後はやはり、奥田!を見せてくれましたよね!
笑っちゃいました!(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪

たかゆきさんの日記って目の前にその時の絵が浮かんでくるんです!だから面白さ倍増!です。

奥田さんの映画も見てみたいな~!

投稿: ひなた | 2006年9月11日 (月) 08時46分

初めてコメントします。ちゃんと入ってるかな??
奥田さんもたかゆきさんもすごい!!
そのセッション見てみたかった(✪ฺД✪ฺ)

たかゆきさんて、タレントをも引き付ける魅力があるので
しょうね?!

目指せメジャーデビューヾ(o◕ฺω◕ฺ)ノ

投稿: やいちゃん | 2006年9月11日 (月) 19時47分

たかゆきさんは有名人のお知り合いがほんとに多いですね!
急にハーモニカを吹き出す奥田瑛二さんを想像して笑ってしまいました。ww

投稿: しょうた | 2006年9月11日 (月) 23時41分

ショコラさん

ショコラさん、こんにちにちわ。

そんなに羨ましいですか?
僕としては、もうあんな見事な「取り残された感」を味わいたくないです。(笑)

そして、奥田瑛二さんとは、知り合いなんてよべるもんじゃないですよ。
きっと、あちらも、こんな出来事ですら覚えてられないと思いますし…。(笑)


投稿: たかゆき | 2006年9月13日 (水) 03時07分

良い木さん

ほんと、恐るべし奥田瑛二、ですよね。(笑)
グランプリ受賞っていうのもマジですごいし。

ほんと、あの日の出来事は、なんだったんでしょう?
いまだに、よく分かりません。(笑)

投稿: たかゆき | 2006年9月13日 (水) 03時14分

よしこさん

よしこさん、このコメント入れてくださった時、酔ってはったんですね。
文章からも、伝わってきます。
なんか、楽しい。(笑)

そして、そんなぼんやりな時でも、コメントを残してくれるよしこさんが、僕はひさかに、好きです。すばらしき!
よしこさん。ばんざい。永遠にあれぃ!(笑)

投稿: たかゆき | 2006年9月13日 (水) 03時21分

たかさんの友達の後輩

こら!たかさんの友達の後輩!
ここではたかさんって呼ぶな!
なんか、恥ずかしいやろ!(笑)

お詫びとして、こんど店行った時、「白焼きピッツァ」たかさんの友達の後輩のオゴリでサービスしなさい。

後、ちっちゃい「つ」の入れ方は、ゆっく~り軽~く、そろ~っとキーボードをさわるねん。
それで、「つ」って入れてみ。
たぶん、ちっちゃくなるわ。

投稿: たかゆき | 2006年9月13日 (水) 03時30分

ひなたさん

ねえひなたさん、やっぱ最後の行動はTHE奥田ですよね!
イメージどおりで、逆にちょっと嬉しくなっちゃうくらい。(笑)

最近めっきりTVで見かけなくなったなあと思ってたら、映画を作っておられたんですね。
しかしこの映画は、今回の出来事うんぬんを抜きにして、僕もほんとに見てみたいです。

投稿: たかゆき | 2006年9月13日 (水) 04時11分

やいちゃんさん

わーい、やいちゃんさん!
コメントありがとうございます。

あのセッション見てみたかったですか?
たぶん、はたから見たら、かなり異様な光景だったと思いますよ。(笑)

それと、お言葉は嬉しいんですけど、僕はメジャーデビューとかは目指していないし、そこまでの実力ではないんですよ。
ほんと、今は、生きるための手段として、この仕事をしている感じなんで。
けど、そういうお言葉を聞くと、やっぱり嬉しいもんです!
ありがとうございます。

投稿: たかゆき | 2006年9月13日 (水) 16時23分

しょうたさん

知り合いだなんて、そんないいもんじゃないよ。
ただ、歌を聴いてもらったりするだけ。
場所がら、そういう人がいっぱい通られるっていうだけやから。(笑)

確かに、急にハーモニカを吹き出す奥田瑛二さんっていうのは、想像しただけでおもろいね。(笑)

投稿: たかゆき | 2006年9月13日 (水) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/131602/3384039

この記事へのトラックバック一覧です: それ行け!奥田瑛二くん:

»  速報。 快挙、三冠!  [“Mind Resolve”とぎれたものをつなぎあわせたい]
     世間様は、3000グラム以下で産まれた男子出産の話題に渦巻かれてるかも知れないけど  こっちも、スゲェぞ!    http://eijidokudan.blogzine.jp/dokudan/2006/09/post_860b.html    モントリオール映画祭、グランプリ獲得!        何を世話にな... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 05時15分

« よんまい | トップページ | 古い日記 »