« 悲しみの果て | トップページ | 燃え尽き症候群 »

2006年8月26日 (土)

ノーレイン ノーレインボー

続き…

(今度こそ、一気に書き上げようと思って頑張ったら、とてつもなく長い文章になってしまいました。でも、なるべく頑張って最後まで読んでほしいです。)

それから、2週間、僕は仕事を休んだ。

もちろん、お巡りさんに言われたとおり、あのおっさんに会わなくするためでもあるが、それ以上に、いろいろ考える時間が欲しかったのである。

すごく苦しくて長い2週間だった。

僕は、考え続けた

ずっと変わらないと、当たり前のように思っていたことが、こんなに簡単に崩れてしまうなんて。

長く安定してやってこれたせいで、始めたばっかりの頃のあの緊張感が、だんだん薄れてきて、傲慢になっていた部分が、少なからずあるんだろう。

忘れてはいけなかったのだ。

僕の仕事は、綱渡りのようなもので、常に危険と隣り合わせで、いつでも緊張感をもって、細心の注意を払いつづけなければいけないのだ、ということを。

ちょっと風が吹いただけで、足場は大きく揺れるのである。

おおげさに聞こえるかもしれないが、僕は、ただ街で歌っているだけではないのだ。

の歓楽街で歌を歌って、しかもそれで、1年間を通して、毎日のように安定して生活費を稼ぎつづけなければいけないのだ。

これは、やはり普通のことではない。

常に、頭を働かして、なにかしらの緊張感をもっていないと、続けれるわけがない

今回の一件は、最近この仕事に対して、甘えてた自分へのであり、起こるべくして起こった事件なのかもしれない。

そうとまで考えていた。

ただ、だからといって、もちろん、現実をすべて受け入れれるわけじゃない!

あんな、しょっーもないおっさんのせいで、仕事を失うなんて、まっぴらごめんだ!

プーじゃ、プー。

やめ時は、自分の意思で決めるんじゃ!

おっさんに決められてたまるか!

そうだ、そうだー!たかゆき行け、行けー!

それに、今やめたところで、あまりにも突然すぎて、これからの人生設計なんて、まだ何にも決まってないし、決める気もさらさらない。

うん、うん。

よし、いっちょ最後まであがいてやるか。

よく考えたら、お巡りさんも言ってくれたように、すぐに強制的にやめさせられるわけじゃないみたいだし。

うん、やれるとこまでやってみよう。

考えるのは、それからだ。

わーい、わーい。よく言ったぞ、たかゆき!

しっかし、あのおっさん、マンガみたいなおっさんやったなあ。

いや、マンガにもあんなひどいおっさん出てこーへんで。

よう、あんなんで、今まで生きてこれたなあ。

いっつも一人やし、たぶん友達もまったくおらんねんやろなあ。

あー、あいつの部下も大変なんやろなあ。

しかし、まあ、あのおっさんの執念は、どっから来てんねんやろ。

ある意味すごいよな。

何がどーなったら、人に対して、あんな汚い言葉を吐けるねんやろ。

そんで、あんだけ偉そうなことばっかり言っといて、実際行動にうつせることっていったら、交番に通報するってことしかできてないもんなあ。

俺の人生めちゃくちゃにしたるって、あんだけ意気込んでも、結局できることっていったら、お巡りさんに言いつけるだけって…。

プププ…。しょぼー。情けなー。子供か。

結局、自分ひとりの力じゃ、何にもできへんねんやんけ。

俺を、殴るわけでもなし。

口ばっかりのおっさんなんやで。

・・・・・・・・・・・・・・・。

と、その口ばっかりのおっさんに、実際俺は、こんだけ悩まされてるわけやけど…。

やっぱ俺も、殴られるより、実際、警察に通報されるほうが、よっぽど痛いし…。

俺も、仕事続ける以上、おっさん殴ることすらできへんわけやし…。

結局、俺は、そんなおっさんにすら勝たれへんわけや…。

やっぱり、すごい弱い立場やねんな、俺…。

どうなんねんやろ、これから…。

不安やなあ…。

苦しいなあ…。

と、まあ、読んでいただいたら分かる通り、この2週間、僕は、精神分裂みたいに、突然強気になったり、突然どん底に落ちたりを延々と繰り返してたわけです。

ああ、2週間長かった…。

けど、ひとつだけ決まったことがあります。

それは、さっきも言ったように、最後まであがくやれるとこまでやってみる、ということです。

そういうことになりました。

僕は、また仕事にでるようになった。

仕事をはじめて4日後くらいで、おっさん登場。

ふう、やっぱ、来やがったか。

相変わらず、一人である。

いつものように、物凄い形相で、僕をにらみつける。

てゆうか、いつも以上の形相だ。

顔がまっかっかになっている。

けど、僕に話しかけることはなく、にらみつけたまま、交番に直行

僕は、この前お巡りさんに言われた通り、急いで片づけをはじめる。

ただ、分かったことは、おっさんが通ってから、お巡りさんがくるまでのほんの3、4分じゃ、とってもじゃないけど、いっぱいある僕の弾き語り道具は、片付けれないということ。

今回は、お巡りさんだけじゃなく、おっさんがお巡りさんを引き連れて登場。

「ぐぉらーーー!!!!

警察は何をやっとんのじゃーーーーー!!!!!

この前、あんだけゆうたのに、まだこいつ、ここでやっとるやないかーーーーー!!!!!!

どーなっとるんやーーー!!!!

ええかげんにせえよ!!!!

早くやめさせんかいーーー!!!!」

お巡りさん
「けど、彼もあれからしばらく来てなかったみたいですよ。」

「そんなもん、知るかーーー!!!

今、現に、やっとるやないかーーー!!!」

僕は、まったくおっさんの顔を見ず、お巡りさんにだけ話しかける。

「あー、今片付けてますんで、すぐ帰ります。」

お巡りさん
「分かった。じゃあ、よろしくね。」

そして、お巡りさんは、渋い顔をしながらも、交番に戻っていった。

残されたおっさんと僕。

「お前、ほんま、俺をなめとるな。

なんで、まだやっとるんじゃ!!

やっぱり、この前のんは、うそ泣きやったんやないかい!

こいつー、人をばかにしやがってーーー!!

何とか言え!!!」

もう、このおっさんに何を言っても一緒なのは、前回の件で実証済みである。

僕は、まったくおっさんの顔すら見ないまま、無表情で、一言も発さず、黙々と片付けを続ける。

おっさんは、そんな僕に対して、奇声をあげつづけている。

それでも無視…。

片付けが終わり、自転車に荷物をくくりつけ、とっとと帰る

背後で、おっさんが叫んでる

また、4日後ぐらい。

おっさん出現。

なんだか、おっさんの現れるペースが明らかに早まってきている…。

行動は、いつもといっしょ

書くのもめんどくさくなってきた。

ただ、今回、いつもとちょっと違うのは、どうやら、お巡りさんが交番にいないみたいっていうこと。

おっさん、交番の中に出たり入ったり、必死に窓をのぞきこんだりしている。

ちょっと、おもしろい。

お巡りさんがいないってことは、今日は仕事を続けてもいいのかもしれないけど、なんだかまためんどくさいことになりそうなので、前回と同じくおっさんを無視して、帰る

そして、3日後ぐらい。

どうやらおっさんは、もう、僕を止めにくるためにだけ、ここに飲みに来てるようだ。

どんだけ、暇やねん。

ただ、お巡りさんも、そろそろ限界に近づいてきた感じだ。

いつもよりかなりきつめの儀式がひと通り行われ、いつものように残った、僕とおっさん。

今回、僕は、いつもとちょっと違う行動にでる。

無視は続けるけど、帰らないのだ

すべて道具は片付けた。

けど、帰らない。

座ったまま。

ちょっとした反抗期だ。

歌ってるわけじゃないから、警察に言いようもない。

おっさんはまた奇声をあげる。

「なんじゃ!!

ほんまに、こいつはなめくさりやがって!!

どうせ、俺が帰ったら、また始めようと思っとるんやろが!!!

このうそつきが!!!

俺は知ってんねんぞ!!

お前、いつも、俺が帰った後、ここに戻ってきて、また歌っとるやろ!!

俺が何も知らんと思ったら大間違いやぞ!!

○○には、俺の味方がいっぱいおんねん!!

そいつらが、言っとったんじゃ!!

おーーー!!?」

もちろん、そんな事実はまったくない。

どこまで、おおボラ吹きなんやろ。

もしかして、俺にカマかけてるつもりなんかなあ。

ああ、情けないおっさんや。

その情けないおっさんに止められている僕は、もっと情けないけど…。

「よし、そっちがその気なら、こっちもやったるぞ!!

お前が帰るまで、ずっと見張っといたるからな!」

と、おっさんからの宣戦布告を受け、結局この戦いは2時間以上続いた。

僕はその間、おっさんに背を向けたまま、ボーっとしたり、普通に友達と携帯でしゃべったりしていた。

これは、思ったよりかなりだった。

なかなか時間が進まない…。

ただ、待ってるおっさんは、もっと暇だろうということで、自分に言い聞かしてがんばっていた。

途中、常連さんが何人か通りかかり、「今日は歌ってないのか?」と聞いてくる。

僕は、小声で手短に事情を説明する。

僕は必死に止めるが、常連さんはおっさんに食って掛かる

また、おなじみのおっさんの大罵倒ショーがはじまる。

案の定、常連さんもタジタジになる。

常連さん
「もう、こんなキ○チガイほっとき。
無視して、歌ったらええねん。
警察来たって関係ないやん。
歌ったらええねん。
ほっとき、ほっとき。」

そう言ってくださるのはありがたいが、そう簡単にいかないから、困ってるのである。

この後も、同じようなことが3,4回繰り返される

そして、2時間ちょっとたったときに、おっさんの携帯が鳴る。

おっさん、急に猫なで声になる。

「あ、うん、うん、分かった。

じゃあ、今から飲みに行くな。

はい、はい。」

おっさん、バツがわるそうに、何も言わずに立ち去っていった。

ああ、勝った…。

だからなんなんだ、と言われるとちょっと困るが、これは、おっさんに対しての、ささやかな僕の悪あがきだったのだ。

別に、これで事態がどうなるわけでもないが、少しでもおっさんを困らせたかったのである。

この日は、ちょこっとだけ達成感を味わう。

と、まあ、ここまで、僕の精神的な部分については、あまりふれてこなかったのだが、実際のところは、仕事を再開させてからのこの何日間は、僕の精神状態、もうボロボロのズタズタ

ほんと、やばいぐらいだったんです。

24時間ずーっと、おっさんの罵倒が頭から離れないし、これから先のことについての不安が物凄く胸をしめつけるし、毎晩悪夢にうなされるし、って感じで。

おっさんへの憎しみもハンパなもんじゃないし。

もう、息をするのが、やっとっていうくらい。

かといって、対処法も見つからない。

正直、あれから、いろんな友達に相談したりして、みんなでいろいろ考えてたんだけど、やっぱり、これといった答えが見つからなかったんです。

中には、おっさんを袋叩きにしてやろう、なんていう過激な意見もあったんだけど、いっても、おっさんがいつ現れるのかなんて分からないし、たとえ、もし袋叩きにできたとしても、だからって通報が終わるわけじゃあない。
たぶん、余計にひどくなるだけだ。

結局、警察っていう存在がある限り、この仕事に関しては、僕は何も動きようがないのだ。

はじめに、最後まであがく、やれるだけやってみる、って言ってはみたけども、そろそろ精神的に限界が近づいてきていた…。

(もちろん、収入的にも、激減なので、その面でもやばいのだが…。)

あくる日。

よく聞いてよ。次の日やで、次の日。

なんとかかんとか仕事場に向かうと、いつも歌っている場所の100メートルくらい手前で、最近の事情を知る顔見知りの客引きのおばちゃんに引き止められた。

「ちょっと、にいちゃん、行ったらあかん!
あのおっさんが、そこのカレー屋から、にいちゃんが来るの、ずっと見張ってるよ!」

えっ!?

ええええええ!?

ほんまかいな!?

言われた通り、そのカレー屋をそっとのぞいてみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ほんまにおる…。

この店は、1階がガラス張りなので、中の様子が見えるのだが、1階の出口に一番近いところに、ほんとにあのおっさんが座ってるのだ…。

ありえへん…。

どこまで必死やねん!

昨日の今日やで。

完全に気が狂ってる…。

ただ、おばちゃんに引き止められたおかげで、おっさん、まだ僕の存在には気づいてない。

ん?

これは使えるかも…。

いい事を思いついた!

このままおっさんの様子を、逆にこっちが、バレないように観察しつづけて、おっさんがあきらめてカレー屋から出てきた時に、そっと尾行するのだ。

僕は、この飲み屋街で働く友達の原付バイクの合鍵を、いつも持ち歩いてる。

これを使う時が来たのだ。

おっさんは、きっとタクシーに乗るだろうから、それをその原付で尾行するのだ。

おっさんの住んでいる所さえ分かれば、これからまた、新しい対処法が見つかる可能性が大きくでてくるではないか!

すげー!

チャンスや!

アドレナリンが一気に噴き出して、心臓がこれでもかというぐらいバクバク動き出す。

まず、その友達に急いで電話する。

彼は仕事中だったが電話に出てくれ、快く原付の使用許可を出してくれた。

恩に着ます。

僕は、その原付を自分の目の前まで移動させ、ヘルメットもあらかじめ出しておいた。

メットインのなかには、ヘルメットのほかにも、濃い色のサングラスが入ってあった。

これも、役に立ちそうだ。

次に、持ってきた弾き語り道具を、顔見知りの飲み屋さんに全部預ける

よし、これで身軽だ。

さあ、準備は整った。

後は、おっさんが店から出てくるのを待つのみだ。

あー、ドキドキする…。

なんか、探偵になったみたいや。

けど、悠長なことは言ってられへん。

なんせ、僕の仕事の運命が、ここにかかってるんやからなあ。

5分後

どうやら、おっさん、カレーを頼んでたみたい。

そりゃ、カレー屋やもんな。

カレーが運ばれてくる。

食べ始める。

その間も、ちらちら後ろを振り返り、僕がいつも歌っている場所を確かめている。

15分後

カレーを食べ終わる。

もちろん、何度もうしろを振り返る。

30分後

明らかに、手持ちぶさたにしている。

しかし、後ろは振り返る。

45分後

突然、テーブルに突っ伏して、眠りだす。

待ち疲れてきたんだろう。

しかし、俺の事は、いいんだろうか。

音が聴こえたら、起きるつもりなんだろうか。

1時間後

まだ、寝てる…。

だんだん、イライラしてくる。

今すぐ店に入って、金属バットででも、思いっきりどつきまわしたい衝動にかられる。

店の店員は、おっさんが寝てることに対して、それほど気にしていない様子。

1時間半後

突然ムクっと起き出し、レジに向かう。

あっ、出てくる!

うーわ、いざこーなると、めちゃくちゃ緊張する…。

がんばれ、俺!

カレー屋を出たおっさんは、周りをきょろきょろしながらも、やはり予想通り、タクシー乗り場に向かった。

僕も、急いでヘルメットとサングラスを装着する。

エンジンをかける。

おっさんも、ちょうどタクシーに乗り込む。

さあ、出発だ!

尾行開始!

うわー、こんな本格的な尾行はじめてやー。

おっさんに、バックミラーでバレないように、適度に距離を保つ。

あかん、ほんま緊張する。

手のひら、汗でびっしょりや。

おっさんを乗せたタクシー、やたらチョコチョコ小道を曲がる。

そんな小道ばっかり行ったら、俺、バレてまうやんけ。

たぶん、運転手なりの近道を選んでるんだろう。

いらんことせんでええっちゅうねん。

それとも、このおっさん、案外家が近いのかもしれない。

ドキドキ。

とにかく、尾行をつづけること約10分

しかし、この尾行劇は、ものすごいあっけない終わりを迎えてしまう。

ほんと、読んで下さっている方には、期待だけさせてしまって、大変申し訳ないです。

タクシーは高速道路の入り口に入っていってしまったのである…。

知っている方も多いとは思いますが、原付は高速道路を走る事ができないんです…。

ええええええ!!!!!?????

うっそーーーーん!?

ほんと、すいません。

けど、

これが、現実なんです…。

実話だからしかたがない…。

志半ばでの、尾行断念

悔しすぎる…。

けど、よく考えたら、あのおっさん、高速乗らな来られへんような遠い場所から、わざわざいつも俺の邪魔をしにきとったんやなあ。

ある意味すげーな。

どんな金の無駄使いや…。

あー、けど、やっぱ悔しい。

めちゃくちゃ悔しい!

突然生まれたわずかな希望に、一気にすべての期待を注いでしまったから、その反動が大きすぎる。

あー、もーーーーー!!!

結局、またふりだしに戻ってしまった…。

この後、結局おっさんは、毎日のように、僕の前に現れるようになった。

もう、警察も黙ってはいない。

最後通告を出された。

次、一回でも通報があったら、即検挙

本気である。

この時点で、僕の負けが決まった…。

さあ、そうと決まったら、涙をふいて、前向きにものを考えるしかない。

もう、最善は尽くした。

できるだけのことはすべてやったのだから。

さあ、どうする!俺!

しかし、案外、答えは簡単にでてしまった。

場所を変えてやればいいのだ。

なんて、単純で、明快な答え…。

なんで、こんなことが思いつかなかったのだろう。

おそらく今までは、「仕事場=今までの場所」という図式が、頭の中に出来上がってしまってたんだろう。

ただ、場所を変えるというのは、そんなに簡単なことではない。

ここの飲み屋街、かなり広いから、スペースはいくらでもある。

けど、スペースがいくらあっても、儲かる場所っていうのは、すごく限られるのだ。

この仕事で儲けようとするには、ほんといろんなファクターがかみ合わないといけない。

その中でも、場所選びっていうのは、一番重要なポイントなのである。

さらに、やはりここは飲み屋街。

いくら儲かるからといって、内部に入っていってしまうと、そこはもう、ヤ○クザさん達が管轄する場所。

とってもじゃないけど、勝手に商売なんぞ出来るところではないのだ。

となると、残された場所は、もう飲み屋街の外堀(出口など)しかないわけである。

僕が、今までやってきた場所は、ここの一番のメインストリートの出口付近である。

ここは、いろんな道が交差しているから、この飲み屋街の中では一番人通りが多かった

もう、他にこんな一等地はない。

それに、今まで7年も8年も同じ場所でやってきて、常連さんも増えまくった状況にいた僕が、この歳になって、また新たな場所で、新しい常連さんをつくりながらいちから仕事を始めなおすっていうのは、聞いてる分には簡単そうに聞こえるかもしれないけど、実際は、物凄い気力と体力と精神力の必要なことなのである。

だから、今までは、無意識にその考えだけは避けてきたのかもしれない。

けど、今の僕は、そんな贅沢は言ってられない。

その日から、歯を食いしばって、ぐるぐると、外堀を歩いて探索してみた。

しかし、長年の経験からいって、ちゃんと儲けられそうな場所はほっとんど無かった。

ひとつだけ、まだ、ギリギリましそうな場所を見つけた。

なんだか薄暗いし、人通りも、今までの場所に比べると、そりゃあ天と地の差ぐらいあるけど、なんか、僕の仕事的第六感が反応するのである。

けど、ここは、周りにお店がならんでる。

どう考えても、マイクを使った僕の演奏じゃ、店の中まで音が聞こえてしまう。

次の日から、僕は、お茶菓子を持って、めぼしい店に挨拶にまわった。

まあ、この時や、この後の周りのお店との関係やトラブルは、機会があればまた詳しく話します。

とにかく、僕は、8年目?、9年目?にさしかかったところから、心機一転、この新しい場所でお仕事“弾き語り”を再スタートさせたのだ。
(この時期のお話も、また今度しますね。)

それが、だいたい一年前のことである。

もちろん、あれから、あのおっさんは一度も現れていない。

さあ、ここまで、こんなにも長々と4回にも分けて、思い出を振り返ってきたが、結局、何が一番言いたかったのかというと、実は、島田S助さんに初めて出会ったのは、この新しい場所でのことなのである。

もう一度言う。

島田S助さんに初めて出会ったのは、この新しい場所でのことなのである。

これが、何を意味するか。

みなさん、お分かりになるだろうか?

そう、

あのおっさんに出会ってなければ、僕は島田S助さんに出会うことはなかったのだ。

まだ、何にも詳しくは説明していないが、僕はおそらく、これから、S助さんとは長いお付き合いになっていくと信じている。

その大事な出会いのきっかけは、さかのぼれば、あのおっさんなのである。

ここで、僕のブログのタイトルを思い出してほしい。

僕は、今まで、いつもこの言葉に助けられてきました。

ノーレイン ノーレインボー

この言葉には、こんな意味がある。

雨が降るから、虹が出る。

美しい虹が出るのは、嫌な土砂降りの雨が降ったからなのだ。

つまり、つらい事や悲しい事があったからこそ、のちに素晴らしい幸せが待っているのだ。

ということ。

まさしく、今の僕が、ノーレイン ノーレインボー。

皆さんも、何か悲しいことやつらい事があった時、是非この言葉を思い出してみてください。

きっと、その悲しみは、いつか未来の幸せのための悲しみなんです。

そう思えれば、きっと、いくぶんも楽になれますよ。

さあ、合言葉は

ノーレイン ノーレインボー !

ん?なんか、宗教みたい?(笑)

おわり!

追伸

実は、新しい場所に変わってから、S助さんに出会ったこと以外にも、まだ他にも素晴らしいがあるんです。
それもまた、おいおい話していこうと思います。

ほんと、こんな長い文章を、最後まで読んでくださってありがとうございました。

これからも、よろしくお願いします。

ブログランキング

|

« 悲しみの果て | トップページ | 燃え尽き症候群 »

コメント

ノーレイン ノーレインボー!!
たかゆきさん ブラボー!!

投稿: yunn | 2006年8月26日 (土) 23時26分

ノーレイン ノーレインボー!
すごく良い言葉ですね。

今仕事で嫌なことの連続で人間不信になりそうな
勢いだった私にはすごい勇気づけられる言葉です。

たかゆきさんありがとうございます。

投稿: ひなた | 2006年8月26日 (土) 23時55分

初めまして!
素晴らしいストーリーに大感動です!!
私もノーレインノーレインボーを合言葉にします☆

投稿: マイ | 2006年8月27日 (日) 00時23分

はらはらどきどきしながら読みました!
もし、たかゆきさんの弾き語り人生ドラマを作るとしたら
どの俳優さんにしようか、おっさんはだれがいいかとかw
勝手に想像してました^^;
また思い出し笑いが増えそうですw

ノーレイン ノーレインボー 素敵な言葉をありがとう♪

投稿: かすみん | 2006年8月27日 (日) 01時34分

合言葉は?ノーレイン ノーレインボー!
こんばんわ、優希です♪

たかゆきさん、そうだよね!
諦めない・・・根性!だから、生活、人生かかっているから、本気にたかがおっちゃん、されどおっちゃん・・・
頭使って、根気強く頑張ったんだと思うよ。
私も似たような「感覚」の人生送っているよ(笑)
不思議とね・・・辛い経験や苦しんだ分、不思議と後になって、良い出来事が入ってくるの。
そういう宿命なのかも?しれないですね。
大阪に行った時、ブログの画像のお姉さんが「合言葉は?ノーレイン ノーレインボー」と言う、ファンキーなお姉ちゃんが現れた時は紛れも無く私ですので(笑)その時は、お見知りおきを♪
お互いファイトで行きましょう!

投稿: 優希 | 2006年8月27日 (日) 01時35分

ノーレインノーレインボー☆
場所を変えても悪いことばかりではなかったのですね。
これからもがんばってくださ~い。
あっ!コメントどうもでした。

投稿: しょうた | 2006年8月27日 (日) 01時42分

おー!!
はじめまして
足跡をたどってきたのですが
ついついつい最後まで読んでしまいました!

ノーレインノーレインボー☆
お気に入りに登録させてもらいます。
また遊びにきますね♪

投稿: ぐみるく | 2006年8月27日 (日) 01時48分

ノーレインノーレインボー!
おっさんとの闘いに決着がつかないところが
またリアルですねっ!!
ザ・ノンフィクションな話がすごく良かったですw
これからも応援していきますねっ☆

投稿: show | 2006年8月27日 (日) 01時51分

ノーレイン ノーレインボー
ノーレイン ノーレインボー
ノーレイン ノーレインボーー!!!!涙

ええはなしや・・・。。。グスッ

たかゆきさんは、強くたくましく生きてますね!!
僕がたかゆきさんだったら、迷わずそのオッサンに殴りかかっているでしょう。。。

全ての物事には意味があるんですね。
僕も生きているのには何か意味があるんでしょうね。
気づかせてくれてありがとうございます!

ところで、ノーレイン ノーレインボーと、
いくつになっても甘えん坊♪って似てますよね。。。涙

投稿: かえる | 2006年8月27日 (日) 02時35分

はじめまして、足跡からです。
小説のようなストーリー、
一気に読んでしまいました。
あんな罵倒を受けながらも、
困難を乗り越えた たかゆきさん尊敬します!
元気をいただきました。
ありがとうございました♪
また、遊びに来ます。

投稿: bananan | 2006年8月27日 (日) 02時38分

ノーレイン ノーレインボー!!!
感動です!(涙)きゅ~ん☆
きっとこの事件で1回りも2回りも大きく成長されたんでしょうね。。。
訳分からないおっさんへの対処も、やれるところまでやろうという気持ちも、今までの仕事場をあきらめないといけないときの引き際にも、惚れました!!
私も頑張らないと・・・ネ♪

投稿: さくら*  | 2006年8月27日 (日) 10時15分

すごい表現力にぐいぐい引きつけられてしまいました。励まされるよ・・・

投稿: maco | 2006年8月27日 (日) 13時11分

ノーレイン・ノーレインボー。
とても良い言葉ですね。

人生において無駄な時間なんてない。
自分が信じている限り何歳になっても成長期。

このシリーズの日記を読ませて頂いて
僕自身気持ちを新たにする事が出来ました。
ありがとうございました。

しっかしもの凄いオッサンでしたね。
執着心だけはちょっと見習いたいぐらい。

投稿: 良い木 | 2006年8月27日 (日) 16時31分

島田S助さんに会った事や新しい虹があった事も、やっぱりこの一件がチャンスに変わったんですよ。というか、たかゆきさん自身がチャンスに変えたんですね。
この一件があったからこそ、偶然このブログを読んで、こうやって頑張ってる見ず知らずのたかゆきさんという存在を知れただけでも、私としたら嬉しいです。
いろいろ辛いことはあっでしょうが、私はたかゆきさんはあのおっさんから負けたとは思いませんよ。

これからますます、たかゆきさんが素晴らしい虹をつかめますように☆

これからも、ちょこちょこ遊びに来させてもらいます。

投稿: 太陽の塔 | 2006年8月27日 (日) 17時03分

なんだか、けっきょくは良いお話で終われてとても良かったです(人・㉨・)♡
始めはもっとムゴイ話かと思ってたのです!!
あのおっさんむかつくけど、まあ許してやろうと思ってやりました(。+・`ω・´)笑
でも、あのおっさんもあれからきっとしばらくはタカユキさんのことを探し続けていたのかなあ?笑
めちゃ暇人ですなー・・・
HAPPYENDで良かったよう(´♡ω♡`)

投稿: ショコラ | 2006年8月27日 (日) 20時46分

ミクシーのあしあとからきました。
すてきなことばですね。

投稿: ねん | 2006年8月27日 (日) 23時54分

はじめまして、実は先週くらいに足跡から来て見てました。
すごく臨場感のある文章で状況が滾々と伝わってきます。
締めが「ノーレイン ノーレインボー」素晴らしすぎます。
おっさんは確かにおかしい人ですがこういうときは食い付かないでこっちが身を引いて行動すればあっけないものですよね。

ぜひこれからもがんばって下さい

投稿: ぶるー | 2006年8月28日 (月) 13時59分

ノーレイン ノーレインボーこの言葉をさいごに読み終えたとき、わたしもおっちゃんへの単純な怒りみたいなものが、すぅーと消え、じーんと感動につつまれました。

日頃、いっぱい、いっぱいな時とかこの言葉を胸に頑張りたいな。感動×100。・゚(゜´Д`゜)゚・。のブログに感謝です。

投稿: ソニー・トウシバ | 2006年8月28日 (月) 21時24分

はぁ〜…
前回のものと一気に読みました。
随分、悔しい思いをされたんですね…

けど、おっさんへの観察眼もなかなか…
交番におまわりさんがいなかった時の描写、ちょっとおっさんに愛嬌すら感じますね。

私も全然、たかゆきさんとは違う症状だと思いますが、半年前くらいに通勤電車にパニックを起こすようになってから一人暮らしを始めたんです。
会社を辞めて全てを苦手にしてしまうよりは、引っ越して頑張ろうと思って。その時はかなり何に対しても緊張したり、怯えていましたが、逃げたら全部無しにすることになるんですもんね〜…
たかゆきさんの底力を感じますよ。

全部無くすよりも、苦肉の策で一つを選ぶ、悪い状況の中で最前を尽くす…とか、状況は違えど色々考えちゃいました。

面白かったです。有り難う。

投稿: チュン | 2006年8月29日 (火) 00時52分

yunnさん

ノーレイン ノーレインボー!
こんな長い文、最後まで読んでくれたyunnさんこそ、ブラボー!

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 07時08分

ひなたさん

そうかあ、ひなたさん、今、おつらい時期なんですね。
でも、きっと、ひなたさんにも、素晴らしい虹が待ってますよ!

ノーレイン ノーレインボー!

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 07時11分

マイさん

はじめまして!マイさん!
大感動だなんて、恐縮です。梨元です。

是非、「ノーレイン ノーレインボー」を合言葉にしてやってください。

また、来てくださいね。

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 07時15分

かすみんさん

そうですねー、配役は…、
僕はよく、ヤクルトスワローズの石井一久投手に似てると言われるので、僕役は、石井一久で。
そして、おっさん役は、関西の人しか分からないかもしれませんが、やしきたかじんにそっくりだったので、やしきたかじんで。

って、こんな配役のドラマ、誰が見るんでしょう…。(笑)

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 07時22分

優希さん

ねえ!この「感覚」ってありますよね!
やっぱ、宿命なんかなあ。

よし、やっぱ、ファイトでいこうっと。

いつも、ありがとうございます。

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 07時29分

しょうたさん

そう、悪いことばかりじゃなかったんです。
むしろ、場所を変えたのは、運命だったんだと、今では思っています。

ありがとう!これからもがんばりますね。

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 07時32分

ぐみるくさん

はじめまして、ぐみるくさん!
ついついとはいえ、よく最後まで読んでいただけましたね。

是非、また遊びに来てください!

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 07時36分

showさん

いつも、ありがとうございます!

ほんと、この他にも、ザ・ノンフィクションの話がまだまだあるんです。
この仕事は大変です…。

応援ありがとうございます!

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 07時46分

かえるくん

ええはなしか?。。。ありがとう

もちろん、かえるくんが生きてるのにも、意味がありまくるねんで。
かえるくんを必要としてる人だって、たくさんおるはずやし。

ただ、かえるくんが、このコメントを、24時間テレビの間寛平を見ながら書いてたことが分かって。。。涙

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 07時54分

banananさん

はじめまして、banananさん!

尊敬だなんて、そんな…。(照)
こちらこそ、このコメントに元気をもらいました!ありがとうございます。

是非、またお待ちしています。

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 07時59分

さくら*さん

さくら*さんには、今回の4回分の話を書くにあたり、ほんとに励まされてきました。
心から感謝しています。

このブログにたどり着いてくれて、ほんとにありがとうございました。

これからも、お互い頑張りましょうね!

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 08時10分

macoちゃん

ほめてくれてありがとう。
macoちゃんにほめられると、なんか照れるわ。

また、メールするな。

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 08時12分

良い木さん

はじめまして、良い木さん!

こんな、やたらと長い日記をすべて読んでいただいたなんて、こちらこそありがとうございます。

ほんと、凄いおっさんでした。
たぶん、一生忘れられません。

良い木さん、また来てくださいね。

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 19時40分

太陽の塔さん

ありがとうございます!
そうですね。僕としても、この一件があったからこそ、こうしてみなさんからの温かいお言葉をいただけたんですもんね。
これも、虹のひとつなのかもしれませんね。

太陽の塔さんも、すばらしい虹をたくさんつかんでくださいね。
これからも、よろしくお願いします。

あっ、そうそう、先週の日曜、太陽の塔見にいきましたよ!

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 19時50分

ショコラさん

そう、僕にとっては、すごいハッピーエンドやったんです。
そういう結末があったからこそ、あんなつらいことでも、必死に思い出しながら書けたんです。

ほんまですねー。おっさん、あれからどないしててんやろう?
探し続けたんでしょうか。
ちょっと、寂しがってたかもしれませんね。(笑)

ハッピーエンドで、喜んでもらえて、良かったです。

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 19時57分

ねんさん

はじめまして、ねんさん!

そうですよね、いい言葉ですよね。
僕も昔、友達に教えてもらったんですけど、その友達には感謝してます。

是非、また来てくださいね。

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 20時01分

ぶるーさん

はじめまして、ぶるーさん!
ありゃ、少し前から来てくださってたんですね。
ありがとうございます。

臨場感ありました?
そこは、注意してたところなんで、すごい嬉しいです!

そう、押してだめなら、引いてみな、ですね。(笑)

はい、これからも頑張るんで、よろしくお願いします。

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 20時08分

ソニー・トウシバさん

いつも、ありがとうございます!

ほんと、いっぱいいっぱいのときは、是非この言葉を思い出してみてください。

こちらこそ、いつもこのブログを読んでくださって、大感謝です!!
これからも、よろしくお願いします。

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 20時19分

チュンさん

えー?前回のものと一緒に?
さぞかし、疲れたでしょ。
おつかれさまです、そしていつもありがとうございます。

はは、あそこの描写、確かに少し愛嬌感じますね。(笑)

そっか、チュンさんも、いろいろあられたんですね…。
また今度、詳しく説明しようと思ってるんですけど、僕のはおそらく、パニック障害ってやつです。
一緒かな?

時間はかかるかもしれないけど、とにかくお互いがんばりましょ!
ノーレイン ノーレインボー!

投稿: たかゆき | 2006年8月29日 (火) 20時31分

はじめましてこんばんは。
足跡からきました。やまんです^^

ブログ拝見させていただきました!
ワタシも大阪なんですが、なんていうか
街の音とか情景が浮かんで"あ~分かるわぁ~~"と、
何度もうなづいては納得していました(笑)

何よりたかゆきさんのミュージシャン魂に
とてもとても感動しました!素晴らしいです!!
これからも頑張ってください。
ワタシもたかゆきさんの歌を聴けたらなって思います^^

投稿: やまん | 2006年8月29日 (火) 23時26分

すごくいい言葉ですね(´-`)
出会いには何かしら必ず意味があると聞きます。
辛い事や悲しい事は長く続かない、
必ず笑える日が来る、
あたしもそう信じて毎日頑張ってます(>▽<)
またあの歌聴きに行きます♪

投稿: ☆まゆみ☆ | 2006年8月30日 (水) 01時42分

やまんさん

はじめまして、やまんさん!
大阪なんですね。
情景浮かびました?
まあ、あのおっさんも、大阪特有のおっさんですしね。(笑)

これからも頑張るので、よろしくお願いします!
また、来てください。

投稿: たかゆき | 2006年8月30日 (水) 06時50分

☆まゆみ☆ちゃん

2つもコメント残してくれてありがとう!

なあ、ええ言葉やんなあ。
新しい仕事、まゆみちゃんも頑張ってな。

また、あの場所で待ってます。

投稿: たかゆき | 2006年8月30日 (水) 06時54分

そろそろコメント落ち着いたみたいですね。
たかゆきさん、来ましたよ。僕が。
嫌がらせコメンテーターの僕が。

いい言葉ですね。

 ノーコイン、ノーうまい棒

お金がないとうまい棒ですら買えない、ってことですね。

投稿: 藤井 | 2006年8月30日 (水) 20時08分

足跡から来ました(*´Д`*)

昔無くした何かを拾った気がしました。
いい言葉ですね、しばらく私のマイフェイバリットワードにしたいと思います(笑)

お仕事頑張っていつか大輪の花を咲かせてください♪

投稿: しゃむ | 2006年8月30日 (水) 22時56分

初めまして。
mixiの足跡を辿って来たら・・・
最初はすごいトラブル?な内容にドキドキでしたが、
なんだかとてもいい話ですね。

辛いことの後だからこそ、いつも以上に虹が輝いて見える。
しかも、たかゆきさんの虹はみんな素敵なものばかりのよう
ですね。
私もここ1年くらい、自分の生き方についてかなり悩んで
いますが、この話を読み、なんとなく心が軽くなったよう
な気がします。
その後の素晴らしい虹の話も聞かせてください。
楽しみにしています。

投稿: マルコ | 2006年8月31日 (木) 11時53分

はじめまして、です。足跡ありがとうございます。
雨が降るから虹が出る。
当たり前のことですよね、でも、雨に打たれて視界がさえぎられてるときは、ついつい負けそうになってしまいます。
でも、たかゆきさんの素晴らしい虹の話に巡りあえて、背筋が伸びた気がします。
雨が振ってないところを探してふらふらしても、雨が降らないところはないのだと。
そして、雨が降るから虹が出るのだと。

頑張ってくださいね。

また読みにこさせて頂きます。
ありがとうございました!

投稿: のびこ | 2006年8月31日 (木) 21時42分

はじめまして。
足跡から、やってまいりました。
とても引き込まれる内容のブログですね!

僕の地元でも、ストリートでやってる方がたくさん居て。
今までは、なんだか爽やかなイメージで捉えていたのが
少し見方が変わりました!

ノーレイン・ノーレインボー!最高です。

投稿: COVA | 2006年9月 1日 (金) 10時39分

藤井さん

キャー、来たー!
噂のあの人が来たよー!

怖いから、さっそく近くの交番に毎日通報させてもらいます。

ああ、言っててむなしい…。(笑)

投稿: たかゆき | 2006年9月 2日 (土) 18時27分

しゃむさん

はじめまして、しゃむさん!
わざわざ、ブログにまで足を運んでいただいてありがとうございます。

フェイバリットワードとは、なんとも光栄です。

大輪の花とまではいかなくても、小さな花だけでも咲かせれるように頑張りたいと思います。
ありがとうございました。
また遊びにきてください。

投稿: たかゆき | 2006年9月 2日 (土) 18時37分

マルコさん

はじめまして、マルコさん!
いい話でしたか?
それは良かった。

なんとなく心が軽くなられたというのは、ほんとに、最大級に嬉しいです。
ブログ冥利につきます。

僕も、自分の生き方について、ここ何年もずっと悩んでますよ。
いや、この仕事始めた時からかな。(笑)

お互い、あせらずいきましょう。
是非、また来てください。

投稿: たかゆき | 2006年9月 2日 (土) 18時46分

のびこさん

はじめまして、のびこさん!

僕の体験談なんかで、背筋が伸びた気がするだなんて、すごい恐縮です。
こちらこそありがとうございます。

頑張りますので、これからもよろしくお願いします。

投稿: たかゆき | 2006年9月 2日 (土) 18時51分

COVAさん

はじめまして、COVAさん!
訪問、ありがとうございます。

ただ、僕は、ストリートミュージシャンとはいっても、ものすごい特殊なパターンなので、地元のストリートミュージシャンの方々は、そのまま爽やかなイメージのままでいいと思いますよ。(笑)

最高だなんて、ほんとにありがとうございます。
また、遊びにきてください。

投稿: たかゆき | 2006年9月 2日 (土) 18時57分

たかゆきさん、おはようございます!
埼玉の遥です。
ノーレイン ノーレインボーって素敵な言葉ですね。んふふ
たかゆきさんの歌、また聴きたいです。
東京の街でも歌ってほしいです。
またのぞきに来ますね。

投稿: 埼玉の遥です | 2006年9月 4日 (月) 09時15分

足跡辿って、こんにちは。
一気に読んじゃいました。
とんでもないオッサンがいるものですね。。
その1000万で性格治せたらいいですね(笑)
ノーレインノーレインボー☆途中で諦めたら虹は見れ
なかった。いい出会いができたのは、たかゆきサンが
引き寄せたんだと思いました。
素敵なお話ありがとうございました!

投稿: あー | 2006年9月 5日 (火) 16時25分

はじめまして!!
足跡から遊びにきてみました~。
私もつい、いっきに読んでしまいましたよ…。
読みながら、タイトルにどう関係あるのかとわくわくしていましたが、そういうことだったんですね!!
私も『ノーレイン、ノーレインボー』、忘れずに行ってみます♪また、遊びにきますねー。
しかし、本当にお疲れ様でした。。。

投稿: K子 | 2006年9月 5日 (火) 20時28分

埼玉の遥ちゃん

あっ、遥ちゃん!
恥ずかちい…。

いさむには内緒ねっ、
ってもうバレてるか。(笑)

また覗きにきてね。

投稿: たかゆき | 2006年9月 6日 (水) 07時36分

あーさん

はじめまして、あーさん!

ほんと、とんでもないオッサンがいるもんでしょ。
やっぱり、夜の街はこわい…。

こちらこそ、一気に読んでくださったなんて、ほんとにありがとうございます。

これからも、よろしくお願いします。

投稿: たかゆき | 2006年9月 6日 (水) 07時41分

K子さん

はじめまして、K子さん!

わくわくしてくれたんですか?
嬉しいです。

「ノーレイン ノーレインボー」覚えておいてください。

しかし、先週はほんと疲れました…。(笑)
また、待ってます。

投稿: たかゆき | 2006年9月 6日 (水) 07時46分

貴方の歌をいつか聞きに行きます
札幌在住ですが。

貴重な体験でしたね
ノーレイン、ノーレインボー。

投稿: マナブ | 2006年9月15日 (金) 06時09分

マナブさん

はじめまして、マナブさん!

僕、北海道には、何べんも行ってるんですよ。
合計すると、2ヶ月くらい滞在してます。
いつも、ススキノで歌ってました。
ススキノにもストリートミュージシャンの方がなまらたくさんおられますよね。
何度も、彼らとモメたのを覚えています。(笑)

また、ブログにも遊びにきてください。
待ってます。

投稿: たかゆき | 2006年9月16日 (土) 07時06分

足跡からきました。

一気に読んで、泣いてしまいました。

ブログに歌に頑張ってください。

投稿: T | 2006年10月20日 (金) 10時12分

Tさん

はじめまして、Tさん!

今こんなところにコメントを残してくださったということは、ほんとに一気に読んでくださったんですね。
お疲れ様でした。そしてありがとうございます。光栄です。

頑張りますので、これからも是非このブログに遊びに来てください。
待ってます。

投稿: たかゆき | 2006年10月22日 (日) 07時26分

あまりの事件に瀕死の気持ちでしたが、
最終話を読んで、気持ちがあたたかくなりました。
追跡したなんて、なんて危険で勇気ある…
冒険心もあって、よくも悪くもドキドキですね。
たかゆきさんに対する、おじさんの執着心…
驚きや恐ろしさを通り越して、呆れますね。

ノーレイン ノーレインボー…素敵ですね。
ほんと、雨が降らなきゃ美しい虹は見えませんものね。
私は、やまない雨はない、とか、
明けない夜はない、とか考えてたのですが、
もっともっと素敵な考えですね☆
心に刻みました。

ご存知かどうか…桜って、
冬の寒さが厳しければ厳しいほど、
美しい花を咲かせるんですってね!

投稿: まい | 2006年11月 7日 (火) 07時26分

まいさん

ほんと、こんな長い文章最後まで読んでくださってありがとうございました。

気持ちがあたたかくなったというのは、最高のほめ言葉です。

そう、ノーレインノーレインボー。
僕の座右の銘です。
まいさんも是非、つらい時に思い出してください。

そっか、桜の話、知りませんでした。
いい事を聞きました。
ノーウィンターズコールド ノービューティフルチェリーブロッサム。
さっそく友達に自慢します。(笑)

まいさん、これからもほんとまた遊びにきてくださいね。

投稿: たかゆき | 2006年11月 7日 (火) 22時50分

言葉に上手く出来ません…。
凄ぃの一言です、、、
ノーレイン、ノーレインボー!!!

万歳っっ☆

たかゆきさんの歌を、聞いてみたいです。マジで思いました。

投稿: miho☆ | 2009年11月21日 (土) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/131602/3208867

この記事へのトラックバック一覧です: ノーレイン ノーレインボー:

« 悲しみの果て | トップページ | 燃え尽き症候群 »