« 極私的弾き語り論3 | トップページ | 迷路 »

2006年7月22日 (土)

「ゆず」

何年くらい前やったかなあ、少し離れた所から、僕の曲が一曲終わるたびにやたら拍手をつづける若者がいた。

彼は、深々と帽子をかぶり、一人で花壇に腰をかけていた。

顔は帽子でよく見えない。

普段僕はおじさんのみをターゲットにしてるので、若者にはほとんどといっていいほど声はかけない。

嫌とか嫌じゃないとかの問題じゃなくて、若者が集まってしまうと、商売にならないからだ。

ただ、彼は、ほんとに熱心に拍手をしてくれている。

どーしよー…。

 

声をかけた。
ちょっと遠くにいたので大きな声で。

「あのー、もしよかったら、好きな曲があったら言ってくださいね。」

その問いかけに若者は、なぜか言葉を出さずにジェスチャーで、

「いえいえ、僕はただ聴いてるだけなんでお好きな歌、歌い続けてください。」
(あくまでも、ジェスチャー。そう見えただけよ。)

と伝えてきた。

 

うーん、どーしよかなあ。
歌い終わるたびに拍手っちゅうのもなんか恥ずかしいしなー。
うーん。

 

「僕も、次に歌う歌まだ決まってないんで、ほんま何でも言ってくださいね。」

 

すると彼は、観念したかのように、のそっと立ち上がり、ゆっくりとこちらに向かってきた。

近づいてくるにつれて、帽子のツバで隠れていた彼の顔がゆっくりと露呈される…。

 

「あっ、ゆずや。」

 

つい、見たままを言葉に出してしまった。

「すぐ、ばれちゃったね。」

彼は、そう言って微笑んだ。

 

そう、彼はあの有名なアコギデュオ“ゆず”のどっちかの人だったのだ。
(のちに、岩沢厚治さんと判明。さらに同じ歳だという事も判明。)

 

なんだか顔は知ってる。

そーいやー、ゆずはストリート出身やから、やっぱりこういう路上の弾き語りには興味があるんやろか。

彼は今度は人目を気にする様子も無く、どしんと僕の目の前の地べたに座り込んだ。

 

「好きな歌あったら言ってくださいね。」

ゆず
「オリジナルとかは歌わないの?」

「いや、あのね、これは完全に商売としてやってるんで、オリジナルとかは全く歌わないんですよ。」

 

彼はあまり納得できないような様子だったが、話し合いの末、結局、斉藤和義のデビューシングル「僕の見たビートルズはTVの中」をリクエストした。
マニアックーですなー。

歌い終わる。

拍手がある。

 

ゆず
「でも、やっぱりオリジナル曲を聴きたいなあ。オリジナルを歌うべきだよ。」

まだ言うか。

「そこまでいうなら、そんな人に聴かすほど自信の無い曲ですけど、一曲だけ歌わせてもらいます。」

普段、この場所でオリジナルなぞを歌うことは皆無に等しかったけど、もうなんだかめんどくさかったので、当時たまたま一曲だけあったオリジナル曲を歌うことにした。

正直、客観的に、これが僕がデビューできない理由っていうぐらいのパッとしない曲。

歌い終わる。

ここぞとばかりにさっきの3倍ぐらいの拍手。

 

ゆず
「こんなにいいオリジナルがあるなら、ぜったいオリジナルを歌うべきだよ。人の歌は歌わないで、オリジナルだけを歌い続けるべきだよ。」

まったくもって正論だが、人にはいろいろ事情がある。

「けど、僕は完全に商売としてこの弾き語りをやっていて、生活をしていかなければならないんで、そういうわけにもいかないんですよ。」

ゆず
「いや、それでもオリジナルだけを歌うべきだ。」

 

もー、頑固ちゃんねー。

そりゃ彼はそういう信念でやってきたか知らんけど、僕にも僕なりの信念があるのだ。

オリジナル歌うんやったら、こんな飲み屋街なんかで歌わんっちゅうねん。

同じストリートでもいろいろ種類があるの。わかってね。
あなたがやってきたのだけがストリートじゃないのよ。ねっ。
(別に怒ってるわけじゃございませんよ)

 

とにもかくにも、彼は20分ぐらい地べたに座ってた。

帰り際、僕の女友達にゆずの大ファンの子がいるのを思い出し、サインをお願いしてみた。

彼は少し考えて、

「君にだったらサインぐらいいくらでも書いてあげたいけど、今日はせっかくだからそういうのにはしたくないんだ。」

と言った。

なんとなく分かる気もする。

代わりに彼は、

「仕事なんだから、ちゃんと払わないとね。」

と千円札をギターケースに入れて去っていった。

かっこいいーーー。ひゅーひゅー。

 

と、まあ以前そんな事があった。それだけのお話。

ちなみに、それからもゆずの音楽をちゃんと聴いたことはありません。ごめんちゃい。

|

« 極私的弾き語り論3 | トップページ | 迷路 »

コメント

えーゆずに?!すごい!
たかゆきさんはいろいろな有名人にあっているんですね!
羨ましい!!

僕もたかゆきさんのオリジナルの曲聴いてみたい!
会った事ないけど。。。笑

投稿: かえる | 2006年7月22日 (土) 16時26分

いや、ほんとオリジナルはひどいもんなんです。
聴かないでー。

投稿: たかゆき | 2006年7月22日 (土) 17時00分

初めまして。二ノ宮です。
コメントありがとうございました!
僕はゆず好きなんで、ブログ全部読ませて
頂きました。

なにかと大変だと思いますが、のんびりやってください。
またお邪魔します。
たかゆきさんも是非、僕のところへ覗きにきてください。

投稿: 二ノ宮晋介 | 2006年7月23日 (日) 00時33分

ありがとうございます。
のんびりいきます!

投稿: たかゆき | 2006年7月23日 (日) 00時41分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆず」:

» アウトドアギターを紹介させてください! [アウトドアギターの地球弾き語り]
アコースティックギターをアウトドアで楽しむための情報サイトを運営しています。山・海・川・公園やキャンプなどでギターを弾くのがアウトドアギター。新しいギターの楽しみ方のご提案です。http://www.hikigatari.jp [続きを読む]

受信: 2006年8月 8日 (火) 08時56分

« 極私的弾き語り論3 | トップページ | 迷路 »