« 極私的弾き語り論2 | トップページ | 「ゆず」 »

2006年7月21日 (金)

極私的弾き語り論3

続き・・・

 

あと、こんな珍しい仕事は、世間に認められないのが少しつらい。

国からみれば、僕は所詮無職だ。

人に職業を聞かれた時も、説明のしようがないのだ。

おそらく、言っても分かってもらえないだろうし…。

 

そして、やはり僕にもこの弾き語りに対するプライドが少なからず、というか、かなりあり、たまに同年代でちゃんと定職についてる奴に「しょせん弾き語り」なんて目でさげすんで見られると、ものすごく哀しい気持ちになる。

だから、この仕事はどんどん自分を孤独に、そして不安にする。

こんな仕事をやってる人が周りに絶対いないので、今日は儲けることができるのか、そして止められやしないかという不安や(これは未だに毎日感じている。なんの保障もないからだ。儲けることができなければ、それでジ・エンドなのである。)、愚痴や楽しさや辛さや、その他日常生活では絶対に味わうことのない全ての感情を、誰にも完全にはぶちまけることができず(聞くことはきいてくれても、絶対に共感はできないはずなので)、全て自分の中に閉じ込めなければならないのだ。

他の仕事にはおそらくいるであろう、一緒に共感し、相談しあえる仲間や同僚がいないのである。

一部の友達からは、なまじっか儲けてるだけに、僕の愚痴は嫌みにしか聞こえんとまで言われたこともある。

 

と、まあ他にも色々と辛いことや悲しいことがあるのである。

それでも弾き語りを続けているのは「惰性」という以外に言い方がない。

やはり、現時点で出来る他の仕事より儲かるので、辞めるに辞められないのだ。

 

それに、飲み屋街の大抵いつも同じ場所でやっていて、10年もやってるとちょっとした名物みたいになってしまい、常連さんが増えまくり、「やりやすまくり」の環境になってしまったのも辞められない理由の一つだった。

けど、こういう仕事を一生家庭を持ってまで続けられるわけがないし、続けるわけにもいかないので、いつかはケリをつけて辞めなければならないとは思っている。

 

と、まあ、長々と3回にもわったって好き放題書いてきたが、とにかく今の僕の仕事はこういう仕事なのである。

自己紹介終わりっ!

ご静聴ありがとうございました。

 

(ここ数日、雨ばっかりで、ほとんど仕事できてません。ずっとパソコンの前にいます。人生こんなんでいいのかしら?)

|

« 極私的弾き語り論2 | トップページ | 「ゆず」 »

コメント

この記事を見ると本当にスタイルやカッコつけとか関係無く
真剣に生きてるんだなあ
と感じました

投稿: ぽんた | 2011年12月 9日 (金) 00時50分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極私的弾き語り論3:

« 極私的弾き語り論2 | トップページ | 「ゆず」 »